認知症の質問を受けつけます。

 横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。


ご質問と回答


想い出は風の彼方に


霜月の夕暮れ


認知症詩集


美しい老後を迎えるには

想い出は風の彼方に(70)

抗精神病薬クロルプロマジン(商品名コントミン、ウインタミン)でコントロールしにくい患者さんに、この電気ショック療法が利用されるらしい。
気分症状と運動症状の両方にしばしば効果が認められると云う。薬物抵抗性がある場合などの疾患の末期に用いられるのが典型的であるらしい。
1961年当時の厚生省保険局通知「精神科の治療指針」による適応症として『精神分裂病、躁うつ病、心因反応、反応性精神病、神経症、神経衰弱、麻薬中毒、覚せい剤中毒、酒精中毒性精神病等』があげられていた。
ECTは1930年代から実施されているが、その作用機序については充分に解明されていないらしい。それでいて年間使用頻度は1000万人を超える年もあるから驚きだ。
しかも、以下のような副作用が数多く報告されている。
(1)心血管系の障害:徐脈や心拍停止、血圧の低下を生じることがある。また、カテコールアミン放出を伴う交感神経系の興奮が惹起され、頻脈や血圧上昇、不整脈などが起こることもある。
現に浩司は目の前で心停止に陥った患者さんを見ていて、この様な治療法が許されるのかと、限りない疑問を抱き始めていた。
2)認知障害:通電直後に生じ、見当識障害、前向性健忘(以前の記憶はあるが、ECT後の出来事などが覚えられなくなる)や逆行性健忘(新しいことは覚えられるが、以前の記憶、特にECT施行直前の記憶がなくなっている)が見られることがある。老人に頻度が高く、多くは時間とともに回復する。失見当識・前向性健忘は比較的短時間に回復し、逆行性健忘は回復が緩徐である。また、そのまま認知機能の低下が遷延するという例も少数だが報告されている。
3)躁転:時に多幸的・脱抑制・易刺激性を伴う。双極性障害患者において特に躁転する頻度が高い。*うつ病の患者が躁状態(テンションが上がる)となる現象を躁転と言う*
4)頭痛:45%程度の患者が自覚するとされている。拍動を伴う前頭部痛を示す事が多い。
これが現実の精神医学なのか、浩司は自分が思い描いていたフロイトの世界とは、余りに掛け離れていたので失望感に打ちのめされた。
自分が追い求めていた精神科医像とは、とても相容れないものを感じた。それは拒絶反応に近いものがあった。
今日の病院見学で、副院長の時間を半日も使ってしまい申し訳ないと思ったが、彼の心は精神科医志望を断念していた。
後は虚ろな心で病棟見学を、ただ付き合いで熟(こな)していた。もう何も彼の心には映らなかった。5時近くになって、人の良い副院長に深々と礼を述べ友人の病院を去った。7時過ぎ家に戻ったが、食欲もなく一人部屋に閉じこもり天井を見ていた。自分の生きる目標を失った、取り留めのない思いで空白の時間を過ごしていた。
次回に続く

はなさんへの回答

私のブログ「霜月の夕暮れ」は100話からスタートして99、98、97話となって、その最後に(次へ)と書かれた所をクリックしますと、また96、95、94、93話と逆に繋がっています。改めて見ますと、かなり読みにくいと思いますので、ご希望であれば、緑協和病院にご連絡(045-962-6666)下さい。既に100話までの雑誌になっているものを無料でお送りします。
【ご質問】
>連載小説「霜月の夕暮れ」全100話にその治療過程の家族の悩みが書かれています。それらを全てお読み頂いて、再度のご質問を頂ければ幸いです。
是非読ませていただきたいのですが 1話は どこにあるのでしょうか?

想い出は風の彼方に(69)

「しかし1952年に発見された、フェノチアジン系の抗精神病薬クロルプロマジン(商品名コントミン、ウインタミン)の発見で、ロボトミー手術は一気に減少して行ったんだよ。クロルプロマジンは、フランスの海軍外科医、生化学者アンリ・ラボリ (1914-1995) によって発見されたメジャートランキライザーだが、トランキライザーって分かる?」
浩司は少し考えて
「精神安定剤の事ですか」
と、答えた。
「そうだね、その通りだが…もう少し詳しく説明するとトランキライザーには、マイナートランキライザーとメジャートランキライザーがあって、マイナーは抗不安薬と言われ、メジャーは抗精神病薬とも言われているんだ。
この辺りは医師の国家試験にも出る可能性があるから、よく覚えておくんだね」
「はい、しっかり頭に入れておきます」
そう素直に、浩司は答えた。
「次に精神分裂病(現在の統合失調症)の治療薬を抗精神病薬と呼び、この抗精神病薬の1つとしてクロルプロマジンがあるのだ。
クロルプロマジンは精神分裂病(統合失調症)の中でも、幻聴や妄想などが表れる陽性症状に対して著明な効果を現し、ドパミン遮断効果(その作用機序は、脳内の中枢神経系で、興奮や妄想を抑制)が有意に認められているんだ。
そして、この様に神経外科、抗精神病薬発見と、治療法が次から次へと変わって行く過程で、フロイトを中心とする心理分析の治療は徐々に廃(すた)れて来たんだよ」
副院長は学生に講義する様に懇切丁寧な説明をしてくれた。しかし、未だ精神科の授業も完全には終えていない浩司には半分ぐらいしか理解が出来なかった。
医局で1時間以上の話を聞いて、実際の病棟に案内してもらう。先ず20畳ぐらいの処置室で「電気ショック」の現場を見せてもらった。
電気ショック療法は、電気痙攣療法(でんきけいれんりょうほう)ETCの事で、電撃療法(electroshock theraphy: EST)とも言うのだが、頭部(両前頭葉上の皮膚に電極をあてる)に通電することで人為的にけいれん発作を誘発する治療法の事を言うんだ。
ECTはインフォームド・コンセントを得たうえで、大うつ病、躁病、緊張病の治療手段として用いられているのだよ。
1938年、イタリア・ローマのウーゴ・チェルレッティとルシオ・ビニ(Lucio Bini)によって創始され、元々精神分裂病(統合失調症)に対する特殊療法として考案されたものなのだ。
日本では1939年に九州大学の安河内五郎と向笠広次によって創始され、その後は他の疾患にも広く応用されて急速に普及し、精神科領域における特殊療法中、最も一般化した治療法となっているのだよ」
との説明を受けたが、浩司には理解の出来ない治療法であった。
人間の身体に電気ショックを与える事自体が、何か治療と云う名の暴力に思えてならなかった。現実に電気ショックを受けていた患者さんの一人が心停止を起こした。治療に当たっていた精神科医は慣れた手つきで、即座に心マッサージを行い患者さんは直ぐに救命された。
次回に続く

想い出は風の彼方に(68)

「ロボトミーって言うのは、情動緊張や興奮などの精神障害を除去する目的で前頭葉白質を切除する手術の事なのだよ。人間の前頭葉は感情のコントロールをする重要な部分で、この分野を切開切除してしまうと精神障害で興奮しやすい患者さんは、信じられない程に大人しくなるのだ。
1935年、ジョン・フルトン(John Fulton)とカーライル・ヤコブセン(Carlyle Jacobsen)が、チンパンジーに前頭葉切断を行ったところ、性格が穏やかになったと、ロンドンで行われた国際神経学会で発表されたのだよ。
それを受けたポルトガルの神経科医エガス・モニスが、リスボンのサンタマルタ病院で外科医のペドロ・アルメイダ・リマ(Pedro Almeida Lima)と組んで、初めてヒトに前頭葉切截術(前頭葉を脳のその他の部分から切り離す手術)を行ったと言われているんだ。
その後1936年9月14日、ワシントンD.C.のジョージ・ワシントン大学でも、ウォルター・フリーマン (Walter Jackson Freeman II) 博士の手によって、アメリカ合衆国で初めてのロボトミー手術が、激越型うつ病患者(63歳の女性)に行なわれたのだが、篠木君は『激越型うつ病』って分かるかい?」
「いえ、分かりません」
「うつ病と云うのは4つのタイプに分かれているんだよ。もっとも多いのが『定型うつ病』で、その次は『抑制型うつ病』そして『激越型うつ病」と『仮面うつ病』の4つだ。詳しい事は大学の授業で習うとして、今回は『激越型うつ病』についてだけ少し説明するね」
「はい、宜しくお願いします」
「うん、このタイプは一般の人が考えている様な、うつ病と違って激越型うつ病は、うつ病の4つの症状、
1)抑うつ症状
2)抑制症状
3)不安・焦燥
4)身体症状
の内、3)の不安・焦燥 が強くあらわれるタイプなんだよ。だから、うつ病とは言っても、思考力や判断力の低下(抑制症状)や、身体症状もほとんど無いため、会社に遅刻したり、欠勤したりする様な事はなく、焦燥感のせいで早足で歩いたり、饒舌によく話したりするため、周囲の人からは病人に見えず、むしろエネルギッシュで仕事も一生懸命やっているように見えてしまうのだよ。
本人は外見とは裏腹に内面では不安感や焦燥感を強く感じており、活動的な言動はどうしようもない焦りから来る無意味な動作であったり、早口の話には内容的なまとまりを欠く場合が多いのだ」
「一口に、うつ病と言っても色々と難しいんですね」
「そうだね、特に激越型うつ病の場合は症状が過激なため即座に入院の措置がとられる場合もあるんだ」
「よく分かりました。ご説明ありがとうございます」
「話をロボトミーに戻すと、これから30年以上もロボトミー手術が世界的な大流行となり、ロボトミーの流行は1949年ピークに達するんだよ。この年に、モニスはこの技術の生みの親としての功績が認められ、ノーベル医学賞を受賞しているんだ。
しかし現実には、この手術の副作用は多く、術中の死亡例は数パーセント以上と報告され、廃人(人格破壊)になった患者数は数え切れなかったらしい。
さらに第二次世界大戦が終わると、心的外傷後ストレス障害を持つ兵士が何千人も帰国した為に年間のロボトミーの手術件数は100から5,000にまで激増したんだ。
次回に続く

想い出は風の彼方に(67)

だから浩司が見学に行った精神病院だけが、特別に見すぼらしかった訳ではない。ただ彼の期待や想像と大きく掛け離れていたに過ぎない。友人の案内で先ずは医局の先生方の何人かに浩司は紹介された。
「同じ大学の篠木です。彼は精神科医を目指して医学部に入って来たのです。
どうしても、うちの病院を一度見学したいと頼むので連れて来ました」
副院長である友人の叔父が、先ず浩司に質問をした。
「篠木君とか言ったね、君は何故精神科医に成りたいと思ったの?」
「はい、それは高校時代にフロイトの精神分析入門を読んで、彼に憧れたからです」
「成る程、多感な高校時代だ。そう云う憧れは、よく理解出来るな。それで、フロイトのどんな所に感銘を受けたの?」
「『錯誤行為』、『夢分析』、「神経症総論」などに高校時代の僕はある種のカルチャーショックを受けたのです」
「成る程ね、しかしフロイトと同時代のユングについては、どう考えているの?」
副院長は浩司を試すかの様な質問をした。
「同時代と言っても、ユングはフロイトより19才も若いですよね。それに始めのうちは師弟関係に近かったですね。さらに『青(あお)は藍(あい)より出(い)でて藍より青し』の故事にもあります様に、フロイト理論をさらに進化させた感じがするのですが…」
副院長は少し驚いた顔をして、
「篠木君は、よく勉強しているね。私と見解の相違は多少あるものの、学生の君がそこまでの知識を持っているのには感心したよ。全部独学なの?」
「はい、ただ書物の受け売りですが…」
浩司は、やや謙遜気味に答えた。
「いや、書物の受け売りにしても精神科医に成りたいと云うだけの事はあるね!」
「いえ、実際の事は何も分かっていませんから…」
「まあそれは、これから学んで行く所だから…今から何でも知っているんでは大学に来た意味はないじゃあないの?」
「仰る通りです。その為に今日は色々と見学をさせて下さい」
「しかし、現実の医療現場では保険診療の範囲内で行なわれるものだから、精神分析とか夢分析とかの多大な時間を要する診療行為を実施する事は極めて稀だし、今は世界的にも流行(はや)らなくなっているんだ…」
「それでは、どんな事をなさるのですか?」
「何と言っても治療法の根本は、薬物療法で次に作業療法なんだが…精神科の治療法もフロイト以降、かなり変転を繰り返しているんだよ」
「そうなんですか?」
「フロイトやユングの時代は心理分析を中心に治療法を模索していたと言えるが、一時は神経外科が流行した時代もあったんだ」
浩司は首を傾(かし)げて、
「神経外科、脳外科ではなく?」
と、尋ねた。
「そう、脳外科ではなく神経外科なんだ…」
「どう云う意味ですか、済みませんが不勉強で僕には理解出来ないのですが!」
「君はロボトミーを知っているかい」
「ロボトミーって何ですか?」
次回に続く

想い出は風の彼方に(66)

「初めての時は、そんな物は付けたくないと言ったじゃあないか?」
と、やや不満気に浩司が尋ねた。
綾子は愛(あや)す様に言った。
「それはね、浩ちゃんも私も未だ純潔だったでしょう。だから赤ちゃんが生まれる危険性があっても、あの時は何も付けない素肌で向かい合いたかったの。私の中では純粋なセレモニーだったのよ。でも日常的な生活の中では、お帽子くんは必要でしょう」
そんなものかと思ってみたが、彼女の言葉には従った。確かに学生の分際で、赤ん坊など育てられる訳がない。部活は愚か、医師の国家試験だって合格出来なくなるかもしれない。
そんな事を曖昧に考えながらも、強い欲望は抑え難かった。綾子も、その行為自体を否定している訳ではなかった。ともかく思考より行為が優先した。こんな所まで来て唇を合わせるぐらいで帰れる訳がない。そして本能の赴くままに二人は抱き合った。一度、肌を許し合った若い男女と云うものは、それ以降は会う度に欲望に任せたまま身を燃やし続けるしかない。
特に男はその傾向が強い。数度その様な行為が続くと、後は自分の所有物の様に錯覚する事が多かった。少なくても1970年代前半までは、その様な思考形態が許された。つまり男尊女卑の残り火が微かに存在していたのである。処女性や貞操観念と云う言葉も未だ生きていた。
新学期が始まり、浩司は大学4年に、綾子は入学式を迎えた。医学部も専門課程2年となると解剖学や生化学は終了し、薬理学や内科診断学などが入って来る。医学部の専門課程は何もかも暗記して行くばかりだ。通常の大学と比べ、思考形態を育成して行くと云うよりは、ともかく暗記から始まって暗記に終わる。だから記憶力の弱い者は医学部では脱落して行くケースが多い。
5年生の夏休み、浩司は部活の友人の父親が経営する精神病院に案内された。初めて訪れる精神病院に彼は前日から興奮しきっていた。夏合宿が終わった8月下旬の事である。
期待に胸を弾ませながら、精神分析や催眠療法が実際にはどの様に行なわれるのかを夢見ていた。当日の午後2時、福生駅の改札口で友人と待ち合わせをする。駅からバスで15分程の所に、その病院はあった。木造2階建の安普請であったが、ドアだけは鉄格子だった。
妙に違和感のある建物の外見だけで、浩司は早くも尻込みをした。何か収容所を想像させる様な建物だ。
「これが病院か?」
浩司は胸の中で思わず叫んだ。
この当時、日本全体が未だ貧しかった。産院なども掘建て小屋に毛の生えたような施設が多かった。エアコンが置いである家庭も少なかった。大学病院でも特室以外はエアコンがなく、夏場には暑さの中で亡くなる患者さんも数多くいた。看護勤務室も扇風機が一般的だった。そんな時代の話である。
次回に続く