認知症の質問を受けつけます。

 横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。


ご質問と回答


診察室からコンニチハ


断章(日々の思い)に続く


哀しみの果てに


想い出は風の彼方に


認知症詩集


美しい老後を迎えるには

診察室からコンニチハ(56)

次は嗅覚障害についてのお話です。昨今ではアルツハイマー型認知症発症の3年ぐらい前から、嗅覚障害が発生している可能性があると指摘する医学者が多くなっています。
日本の認知症患者に最も多いアルツハイマー型認知症の症状は記憶障害から始まるといわれてきました。脳の中の記憶をつかさどる海馬という部位が萎縮することにより記憶障害が起きるのですが、それより前に、鼻の奥にある嗅神経(きゅうしんけい)の細胞がダメージを受けることがわかってきたのです。
嗅神経は鼻から吸い込んだにおいの粒子を電気信号に変えて脳に送る働きをしているため、嗅神経がダメージを受けると、においが感じられなくなります。このことから、においに鈍感になったら、アルツハイマー型認知症の初期症状が疑われるのです。最近では、においの認識により認知症を早期発見する検査方法などの開発も進められています。
アルツハイマー型認知症では、嗅神経の障害を起こしたあと徐々に記憶障害を起こすようになっていきます。しかし、早い段階で対策をすれば、嗅神経を回復させ、認知機能も改善させることも可能です。
私の外来では、小さな薬壷に醤油、ソース、コーヒー、ニンニク、ワサビなどを少量ずつ分け入れて、患者さん方には目を閉じて頂き、私の手で薬壷の一つ一つをその鼻先に運んで行きます。通常の会話は成り立っても認知症の方は、5種類の薬壷に入った匂いの素の一つも当てる事が出来ません。匂いの種類を当てられないと云うより、匂いそのものに感覚が極めて鈍感です。一方若く健康的な方ですと、匂い刺激に極度の反応を示す人が多いのです。
「気持ちが悪い」
「吐き気を催す」
などの発言をする人さえいます。
つまり嗅覚障害も、年齢と共に少しずつ障害が始まっている、と考えた方が良いのかもしれません。
次回に続く

診察室からコンニチハ(55)

これから数回は、このブログで認知症予防のリハビリについて考察してみます。先ずは「運動療法」からです。
加齢により、少しずつ身の回りの動作が行えなくなって来ますと、筋力低下、心肺機能の低下、持久性・耐久性の低下、関節可動域の低下などが起こります。身体機能が低下すると、日常生活動作がますます困難となり、やがては寝たきりへと進行します。転倒のリスクが高くなり、骨折や怪我の原因となったり、関節拘縮を起こす危険性さえ生じます。
運動療法を行い、身体機能を維持することで、生活の質を向上させ脳の活性化が促されます。10 分間の軽運動でも「実行機能課題成績が向上すること」や、「音楽体操群で、視空間認知が有意に改善」するなど、認知症で障害される認知機能の改善にも効果があるとの報告も多くなされています。
特に朝の規則正しい散歩は、認知症予防に良いと言われています。事実愛犬に死なれて、犬と散歩する習慣が途絶えてしまったお年寄りが認知症になる話はよく聞きます。
さらに認知症の方は、他動的に身体を動かされることに不安を感じる方が多く、散歩する、ボールを転がすなどのレクリエーション要素を取り入れた活動の中で、自動的に身体を動かせるプログラムを行うことが有効であると言われています。風船バレーでは、自発性の低い方でも反射的に手を出すことが見られますし、音楽を流したり、リズムをとったりして、身体を動かすきっかけを作ることも効果的です。コミュニケーションがとりづらい、指示が入りにくいといった症状が見られる場合には、対象者の身体を直接的に誘導して運動を促すこともあります。寝たきりの方では、他動的に関節を動かして関節拘縮の予防を図ることや、ベッドから起き上がる、座るなどできるだけ抗重力姿勢をとることが重要です。
次回に続く

青田さんへの回答(再々)

新薬の治験の意味が分かりません。
もし、レミニールに関して新薬と考えていらっしゃるならば大きな誤解です。それ以外の新薬についてのお話しならば、その使用には私も賛同しかねます。レミニールはアリセプトで嫌な副作用経験をお持ちの患者さんや医師には、同一製剤として偏見されがちですが作用は緩和で、覚醒作用と精神安定作用さらに認知機能がバランス良く向上させるみたいです。私自身も何年間はレミニールに強い偏見を持っていた時期がありました。しかし、この数年はアリセプトとは異なった作用を示す薬であるとの認識から外来ではかなり使用しています。いずれにしましても薬の効き方は患者さん各自で、かなり効果の出方が異なりますので一般論は控えさせて頂きます。
どちらにしても、かかりつけ医の方は少し極端な見解をお持ちではないでしょうか。その医師の意見が間違っていると言っている訳ではないのですが、私には近寄りがたい雰囲気を感じます。もっと謙虚に色々な意見を取り入れて行きたいと思っていますのが、私の基本的な医療スタンスですので。現在の医療の常識が時代と共にどんどん変化して行く現状を考えるなら、自信を持った一方的な発言など出来る訳がないと思ってしまいます。
【ご質問】
成川様お世話になっております。
貴重なご意見ありがとうございます。
本当に涙がでそうになりました。
母親の情報について、追加事項としては
『抑肝散』は、既に服用中です。
服用して、2年になります。
嗅覚障害にならたいために、各部屋には、芳香剤(ローズマリー)を置くようにしています。
デイサービスでは、脳トレを中心に取り組んでもらっています。
母親自身も自分が認知症なのを気づいていて、必死で、戦っているのがわかります。
せっかく、落ち着いてたのに、この時期に転倒して、骨折した父親に怒りを感じます。
病院に母親が行くたびに母親が、精神的にもの凄く、疲れているのがわかります。
かかりつけ医に、『新薬の治験』について、相談すると大反対されました。理由は
① あくまでも、人体実験であること。
② プラセボと新薬と混ぜるので、実際に新薬を飲ましてもらえるかどうかは、50%であること。
③ 『治験』のたびに、何度も検査されるので、81歳には、かなり、負担になり、悪化するかもしれないこと。
成川様は、『治験参加』について、どういう意見をお持ちでしょうか?
もしよろしければ、ご意見を頂ければ幸いであります。

診察室からコンニチハ(54)

認知症の公開質問をスタートさせて3年半、これらの質問を通じて私は随分と勉強させて頂きました。また、それ以上に「認知症専門誌」の記述もかなり変わりました。治療方針も多くの専門医から様々の意見が出され混沌さが増している感じが強くなっています。
認知症と言えば、アルツハイマー型認知症と言われた時代が長く続いていましたが、時代の流れと伴にレビー小体型認知症にも多くの関心が集まり始めました。認知症+パーキンソン症候群とつけらていた病名の多くはレビー小体型認知症であったと現在では言われています。
また、それ以上に単独のアルツハイマー型認知症というよりは、レビー小体型認知症や脳血管性認知症などが微妙に混在していると云う認識も多くなっています。認知症治療薬にしてもドネペジルなどの全面肯定から、全面否定そして一部肯定(使い方によっては効果が認められる事もある)と変わっています。それ以外にも「脳トレ」の効用や「生活習慣病」改善が認知症になりにくいとか、食生活の改善とか、実に多くの意見が出されています。
また認知症と遺伝的要因に関しても、アルツハイマー型認知症(AD)のAPP,PSEN1/2がその原因遺伝子として同定されています。一方,ADの大半を占める孤発性ADに対する最大の遺伝的リスクはAPOE多型であると言われています。さらにレビー小体型認知症とパーキンソン病は同一機序との認識が一般的になりつつあります。その危険因子としてグルコセレブロシダーゼ遺伝子や(GBA)α-シヌクレイン遺伝子(SNCA)などが報告されています。
それ以外の前頭側頭葉変性症にしても、遺伝的な要因が研究されつつあります。さらに軽度認知障害(MCI)とアルツハイマー型認知症への移行形態も、より深い研究報告が数多くなっています。
今回は少し難解な話になってしまいましたが、まだ認知症と云う学問には未知の領域が多すぎるのです。
次回からは認知症予防のリハビリについて色々な観点から考察してみます。今回のブログの内容は多くの読者にとって、あまり有意義なものではなかったかと少し反省していますので…
次回に続く

青田さんへの回答(再)

アリセプトの市場占有率に圧され、また販売時期が遅れた事もあってレミニールの知名度は幾らか低いかもしれません。ちなみにアリセプトの国内販売承認は1999年11月、レミニールは2011年3月です。ともにコリンエステラーゼ阻害剤ですが、実際的な薬理作用は微妙に違います。つまり、承認時期が遅れた分だけ、アリセプトの副作用が改善されたのかもしれません。アリセプトに比べて易興奮性や消化器症状も少ないです。さらにアリセプトより効果は持続性にも優れています。これに抑肝散を加える事により、精神を安定させ私の外来でも良い結果を上げています。もちろん青田さんが疑問視している脳トレや*嗅覚トレ(私の診察室からコンニチハ「56」をお読み頂ければ幸いです)など幾つもの補助トレーニングも取り入れています。レミニールの服用の仕方は前回の回答でご説明してあるはずですが。詳細は担当医にご相談して下さい。これ以上の回答は実際の患者さんを診る事なく、ご意見を求められるのは厳しいです。
<追記>診察室からコンニチハ(56)
次は嗅覚障害についてのお話です。昨今ではアルツハイマー型認知症発症の3年ぐらい前から、嗅覚障害が発生している可能性があると指摘する医学者が多くなっています。
日本の認知症患者に最も多いアルツハイマー型認知症の症状は記憶障害から始まるといわれてきました。脳の中の記憶をつかさどる海馬という部位が萎縮することにより記憶障害が起きるのですが、それより前に、鼻の奥にある嗅神経(きゅうしんけい)の細胞がダメージを受けることがわかってきたのです。
嗅神経は鼻から吸い込んだにおいの粒子を電気信号に変えて脳に送る働きをしているため、嗅神経がダメージを受けると、においが感じられなくなります。このことから、においに鈍感になったら、アルツハイマー型認知症の初期症状が疑われるのです。最近では、においの認識により認知症を早期発見する検査方法などの開発も進められています。
アルツハイマー型認知症では、嗅神経の障害を起こしたあと徐々に記憶障害を起こすようになっていきます。しかし、早い段階で対策をすれば、嗅神経を回復させ、認知機能も改善させることも可能です。
私の外来では、小さな薬壷に醤油、ソース、コーヒー、ニンニク、ワサビなどを少量ずつ分け入れて、患者さん方には目を閉じて頂き、私の手で薬壷の一つ一つをその鼻先に運んで行きます。通常の会話は成り立っても認知症の方は、5種類の薬壷に入った匂いの素の一つも当てる事が出来ません。匂いの種類を当てられないと云うより、匂いそのものに感覚が極めて鈍感です。一方若く健康的な方ですと、匂い刺激に極度の反応を示す人が多いのです。
「気持ちが悪い」
「吐き気を催す」
などの発言をする人さえいます。
つまり嗅覚障害も、年齢と共に少しずつ障害が始まっている、と考えた方が良いのかもしれません。「認知障害」が始まった方には、アロマテラピーなども参考になるかもしれません。
【ご質問】
成川様お世話になっております。
レミニールは、かかりつけ医から、全く、聞かなかった抗認知薬です。
医師からは、『アリセプト=副作用があり、気が荒れる。しかも、3か月~10か月くらいしか効果がない。』と言われ、
以前、成川先生にお伝えした
『ANM176、プロズマローゲン、アルファベスト、ココナッツオイル』を母親に飲ましています。
感じる効果としては
① 非常に穏やかで、いつも、笑顔になる。
(時々、気が荒れても対処できる程度。)
近所、デイサービスでは、人気者です。かなり、社交的になりました。
② 以前は、睡眠導入剤を服用しないと寝れなかったのですが、今は、ぐっすり寝れるようになりました。
但し、短期記憶は、忘れていくのと
亡くなった叔父(母の兄)、亡くなった祖母(母の母)が帰ってくるとか、先ほどまで、誰か来ていたと言います。
レミニールを飲むと、それらの症状は、改善されるのでしょうか、どのくらいの期間、効果があるとされているのでしょうか?副作用などあるのでしょうか?(以前、母親は、食欲不振だったのですが、最近は、食事をしっかりと摂ってくれているので、胃腸などの副作用が気になります。)
お忙しいところ、申し訳ありませんが、よろしく、お願いいたします。

青田さんへの回答

お母様の場合に薬物服用を考えるならば、アリセプトよりレミニール4mg×2(朝、夕)×1ヵ月、次の1ヵ月はレミニール8mg×2(朝、夕)計16mgこれに抑肝散2.5g×3(朝、昼、夕)の併用使用を私なら考えます。
アリセプト単独使用より副作用報告が少ないからです。これ以上のレミニールの増量は、後の症状次第です。
レミニール4mg×2と抑肝散7.5gの併用服用でも初回から2週間ほどの使用で十分な効果が得られる事も多いので、その後の経過を教えて下さい。
前回の青田さんのご質問には、何か私が試されている様な感じが強くしましたので敢えて、お答えしませんでした。お許し下さい。
【ご質問】
成川様お世話になっております。
実は、父親が、リハビリ病院で、リハビリが原因(おそらく)金属プレートが折れて、再手術になり、また、ゼロから、リハビリになりそうです。(歩行器で歩けるまでになっていたのにショックです。)
心配なのは、母親です。
父親の病院通いを母親としていますが、母親は、かなり、疲れて、夜になると、不安感からか、誰か帰ってくる(亡くなった祖母、お兄さん)ようなことを言います。
父親が帰ってくるまでと、私も頑張っていたのですが、正直、私自身、心が折れました。
母親が、月曜日、水曜日、金曜日とデイサービスに通っています。
現在、アリセプトを服用していませんが、父親が退院するまでの間だけでもアリセプトを服用してもらい、これ以上、悪化しないことを検討しています。
成川先生が何かイイ考えなどありましたら、ご助言頂ければ、幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。