認知症の質問を受けつけます。

 横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。


ご質問はこちらのコメントフォームからお願いします。
※スマホからのご質問は、このページ下部、左にあります[コメントを書く]ボタンをクリックして下さい。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。


霜月の夕暮れ


認知症詩集


美しい老後を迎えるには

霜月の夕暮れ(85)

さらに和幸は続けた。
「ともかく、ここで姉妹ゲンカをしていても始まらないでしょう。『現場の事は現場に聞け』と云う格言もあるくらいだから、お姉さんが病院の医師から色々な説明を受けて判断した結論を、静子が今更あれこれ言っても仕方がないだろう。こういう時こそ姉妹が仲良くして、お母さんの1日も早い病気回復を待つしかないんじゃないか。静子、それより夕食にしようよ。腹が空いていると、気持ちも余計にイラ立って来るから…」
そう言われ静子は渋々と夕食の支度にかかった。夕食は御節料理の残りと湯豆腐だった。空腹感は強かったが、何を食べているのか味わう余裕もなく、ただ口に入れているだけだ。食卓には気まずい雰囲気が漂っていた。そんな中で和幸だけが少しでも和(なご)やかな空気を作り出そうと努力していた。
「俺も以前、誰かに聞いた事もあるが気管切開といっても体調が回復して来ると、切開部は自然に閉鎖するみたいだ。もちろん傷口は残るだろうが…静子の心配も分かるが色々な事をあれこれ考えても無意味なストレスが溜まるばかりだろう。こうなったら後は運を天に任せるしかないだろう。そうでしょう、お姉さん…!」
そう言って彼は伸枝に同意を求めた。伸枝もこれ以上の諍(いさか)いを妹と続ける気力もなく、和幸の話に頷いた。
入院して5日目に吉子はICUから一般病室に移動となった。そして8日目に食事が再開された。静子が心配した様に、吉子が何かを語ろうとしても声が言葉にならない。
本人は「伸枝」と呼びかけているのだが、「ホ フ エ」としか聞こえない。酸素も外され肺炎も治ったが、吉子の元気はない。まともな言葉が出せない事にショックを受けているのだろう。伸枝は毎日の様に病院へ出かけては、数時間以上は吉子のベッド脇で休み休み発声練習をさせていた。
その悪戦苦闘ぶりを見ていたナースの一人が、
「そんなに気張らなくても、こうすれば良いんですよ」
と言って、ガーゼで被われた吉子の気管切開部に人差し指をそっと当てた。
「さあこれで、娘さんのお名前を言ってみて下さい」
と、呼びかけた。すると…
「のぶえ」
と、かなり明確な発語が聞かれた。吉子は嬉しそうな顔だった。
「お母さん!」
と言って、伸枝の頬からは熱い涙がこぼれた。その涙を見ながらナースが慰めるかの様に説明した。
「大丈夫ですよ、この気管切開部の跡は徐々に塞がって来ますから。傷の瘢痕としては残りますが、言葉の響きは少しづつ良くなって来ますから焦らずに頑張って下さい」
と言いながら、優しく伸枝の肩に手を置いた。伸枝は思わずナースの手を握り返して
「有難うございます。とても勇気づけられました」
と、素直に感謝の言葉を述べた。
「病は気からと言いますから、何事も諦めない事ですよ。生意気な事を申し上げましたが、私の母も60才代でクモ膜下出血で倒れましたが言語機能は徐々に改善しました。半年以上はかかりましたがね。ともかく何事も諦めない事だと思います」
と言いながら、30才前半と思われるナースは軽い笑顔を残しながら病室を後にした。
次回に続く

霜月の夕暮れ(84)

夕方7時、伸枝は疲れた足取りで田端の実家に戻った。静子と和幸が同時に、
「お帰りなさい。それでお母さんの具合はどうだった」
と、幾らか忙(せわ)しなく彼等は尋ねて来た。この間、伸枝は電話一本も入れてはいなかった。どうせ吉子の世話は何時だって自分一人の肩に重くのしかかっているのだから、今更妹夫婦に相談する事もないと考えていたのだ。
それでも心配顔で待っていた彼等に何の説明をしない訳にはいかない。重い口を開けて一通りの説明はした。気管切開と云う言葉で静子は、「まあ!」と驚きの声をわずかに上げた。そして伸枝を問い詰めるかの様に、
「お姉さん、気管切開ってどんな事か知っているの。どうして、そんな大切な事を誰にも相談しないで勝手に決めたのよ」
静子としては珍しく、かなり攻撃的な言い回しだった。全身が鉛の様になっていた伸枝であったが、妹の予想外の詰問には神経を逆なでにされる様な怒りを覚えた。
「気管切開がどうだって言うの、あんなに切羽詰まった状況で電話であんたなんかに、のんびり説明している暇なんかある訳ないでしょう」
その、「あんたなんかに」と云う言葉に今度は静子がカチンと来た。
「そりゃ今までお母さんのお世話は全部お姉さんに任せ切りだから、私には何の発言権はないかもしれない。それでも気管切開はあんまりでしょう。お母さんは未だ70才代なのよ、そんなお母さんの認知症がどんどん悪化してしまう気管切開の選択は私には理解が出来ないわ。お姉さん、そこまで考えていたの。その上の決断だったら私は何も言いませんが….」
伸枝には、この時点で静子が何をそんなに怒っているのか理解出来なかった。
「気管切開と認知症の悪化が、どう関係するって言うのよ」
伸枝は冷静に聞き返した。静子は幾らか勝ち誇ったかの様な調子で
「やっぱり理解していないんだ。私はね、近所で気管切開をして寝た切りになっているお年寄りを一人知っているのよ。その人は何か話す度に喉から息が漏れて『フーガ、フーガ』と声がちゃんとした言葉にならないのよ。そんな調子だから話す事が段々と嫌になって、その内に何も話しをしなくなってしまったわ。それでも良いってお姉さんは言うの…」
確かに咄嗟(とっさ)の事で、伸枝はそこまで考えが回らなかった。だからと言って、あの場合にどんな選択肢があったと言うのだ。そんな伸枝の置かれた苦境も知らずに、妹は自分勝手に言いたい事だけを言っている。妹の言い分はその通りかもしれないが、だからと言って、そこまで責め立てる事はないだろう。
「そんなに言うなら、あんたが救急車に乗り込んでお母さんの世話をすれば良かったじゃあない。あの時にあんたは何をしていたのよ。ただ案山子(かかし)の様に突っ立っていただけじゃあないの。人に何もかも押し付けておいて文句だけは一人前に言うのね」
そんな言い方をされて静子も黙ってはいなかった。
「いくら姉だからと言って、案山子の様に突っ立っていたと言うのは、あんまりじゃない!」
「じゃあ、どう言えば静子は満足なのよ」
二人とも興奮していた。そこに和幸が割って入った。
「静子、お前も言い過ぎだ。お姉さんも少し落ち着いて下さい」
次回に続く

霜月の夕暮れ(83)

病院に着くや、救急専用口から直ぐに吉子は医師と看護師の手に委ねられた。酸素マスクを付けたまま胸部レントゲンとCTが撮られ、血液のガス分析も行われた。胸部レントゲンでは左肺野に炎症所見が認められ、CTでは左上葉に無気肺像と胸水の貯留が確認された。
当直医師に伸枝は呼ばれた。
「左気管支に餅の残片が詰まっている危険性があります。気管支鏡で除去するしかないのですが、現在の呼吸状態だと気管支鏡の使用そのものが困難です。だからと云って放置すると、さらなる呼吸不全の悪化が心配されます」
「他に打つ手はないのですか?」
伸枝は悲痛な思いで医師に尋ねた。医師は淡々と答えた。
「気管切開と云う方法もあります。これですと喉仏の下部に穴を開けますので、気管支の餅は取り易いですし気管支鏡を直接に使用するよりは危険度は少ないかもしれません」
「気管切開って、喉から穴を開けるのですか!…そんな事以外に良い方法はないのですか?」
伸枝は追いすがる様な声で医師に迫った。
「申し訳ありませんが、そんなに考えている余裕はないのです」
医師は幾らかイラ立った返事をした。
「たかだか餅ぐらいの事で、そんな大変な事になってしまうのですか?」
「餅と言っても、ご高齢の方は唾液分泌量が大幅に減少していますから、この様な事故はかなり多いのです。それはともかくとして気管切開の方はどうなさいますか、何とか許可を頂けませんか?」
伸枝は医師に追いつめられた感じで、
「分かりました。後は先生のご判断にお任せします」
と、仕方なく答えた。
「それでは承諾書にご署名を頂ければ直ぐに気管切開にかかります」
そう言うなり医師は即刻、気管切開の準備を看護師に指示した。伸枝から承諾書を受け取ると、医師は処置室へと去って行った。伸枝は病院の廊下で待ち続けるしかなかった。
「何と言う正月だ!…未だこれから先も多くのトラブルが母の身には起こるのだろうか?」
廊下の椅子に座りながら、伸枝は一人焦点の定まらない不安に駆られていた。母の認知症問題が出て2年2ヶ月、幾らか疲れを覚えて来たのかもしれない。
1時間半ぐらいして、先程の医師が現れた。
「無事に気管切開は終了しました。左気管支に残っていた餅の断片も綺麗に除去出来ました。後は餅に原因すると思われます誤嚥性肺炎と心不全の治療に専念するだけです。3~4日間はICU(集中治療室)で経過を診させて頂きます。ここまでで何かご質問はありますか?」
「先生、これで母の命に別状はないのでしょうか」
「明確には未だお答えしにくいのですが、恐らく大丈夫だと思います。ICUから一般病室に移れた時には、病状が好転した時だとお考え下さい」
「分かりました。色々と有難うございます。今日これから私はどうしたら良いのでしょうか?」
「今日の所はお帰り下さって構いません。何かあればご自宅に直ぐお電話いたします。ケータイか自宅の電話かのどちらかは必ず通じる様にして下さい」
次回に続く

霜月の夕暮れ(82)

伸枝が押入れの中から急ぎ掃除機を運んで来た。和幸は掃除機先端のノズルを取り替え、口腔内の奥にこびり付いている餅の残片を吸い取る努力を幾度ともなく繰り返した。わずか10分ぐらいの出来事であったが静子は、一人茫然(ぼうぜん)と立ち竦んでいた。
「こんな事が起こるのだ…!」
目の前の事態に、静子は限りないショックを受けていた。
ともかく代用品の掃除機で喉に詰まった餅の大半は取り除けたが、所詮(しょせん)は素人の荒療治なので吉子の口腔内は傷だらけになってしまった。それに喉の奥に詰まった餅の残片が完全には除去されたとも思えない。
元旦ではあるが、このまま自宅で様子を見る訳には行かないと、子供たちの意見は一致した。だからと言って今から何処の病院に連れて行ったら良いのか見当もつかない。静子が、
「救急車を呼んだら…」
と言い出した。確かに吉子はグッタリしていて、血の気も失せた様な顔つきである。ここは素直に救急車を呼ぶべきだろうと云う事で3人は一様に頷き、伸枝が受話器を手にした。救急車は15分程でやって来た。救急隊員は慣れた手つきでバイタルサインをチェックした。
血圧158/96、脈拍数112とやや多い。SpO2(経皮的動脈血酸素飽和度)は88%と低い。救急隊員の一人が仲間に向かって呟いた。
「未だ餅が幾らか気管支にでも詰まっているのか、誤嚥性の肺炎を起こしているかのどちらかだろう」と言いつつ、
「元旦ですから、これから至急に受け入れ先の病院を探してみますが少し手間取るかもしれません」
と説明し、それから救急隊員は幾つもの病院に電話をかけたが、なかなか受け入れ先の病院は見つからない。その間にも吉子の呼吸状態は悪化し、SpO2は80%を割り込んだ。救急隊員は酸素マスクを吉子に取り付け酸素流量を2Lから4Lまで上げ、何とかSpO2を92%に保った。
10数ヶ所の病院に診察依頼をして台東区上野で、呼吸器内科の医師が当直している病院が見つかった。正月のこの時期に呼吸器内科の専門医を探し当てるのは、かなりの苦労であった。隊員達の間に安堵の色が見えた。
「それでは、これから上野まで患者さんを搬送します。家族の方も誰か同乗して下さい」
と言われ、伸枝が同乗する事にした。これまでにも吉子の事では救急車の世話になった事があったので、伸枝の仕度は手慣れていた。
救急隊員が電話で病院を探し回っている間に、入院を覚悟して必要な準備はすっかり整えておいた。
田端の実家を出たのは2時半であった。吉子が餅を詰まらせてから1時間以上も経っていた。正月の街を救急車はサイレン音も喧(けた)ましく疾走する。車は急げば急ぐ程に揺れ、伸枝の気持ちを不安にさせた。吉子は殆んど意識を失いかけていた。伸枝の胸の内では不吉な予感が拡がって来た。
たかだか餅を詰まらせただけなのに、これ程の事態に発展するとは予想外だった。
「お母さん、頑張って。お願い、こんな事で負けないで…」
伸枝は自分自身を励ます思いで、吉子に声をかけた。しかし、母は無言であった。
次回に続く