認知症の質問を受けつけます。

 横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。


ご質問と回答


想い出は風の彼方に


霜月の夕暮れ


認知症詩集


美しい老後を迎えるには

想い出は風の彼方に(96)

夜間の救急患者が当直の脳外科医から内科の浩司に回されたのは2月の寒い朝だった。26才の男性で不明熱による入院だった。何故、当直の時間帯に脳外科での入院となったかは分からないが、39°Cの高熱が3日前から続いていた。熱型は弛張熱(日内変動が1°C以上)で、日中は37.5°Cぐらいまで下がり食欲も旺盛で意識も明瞭だった。呼吸状態も安定していた。
高熱の原因としての検査は一通り行ったが原因となる病巣は発見出来なかった。胸部レントゲン、尿所見、生化学所見などでも異常は見つけられず浩司は日々焦燥感で、悶々たる無為な時間を費やしていた。先輩の医師にも相談するが、誰も首を傾げるばかりであった。
入院7日目からは先輩医師のアドバイスもあって、それまでの抗生剤の多剤併用に加えてステロイド剤の使用に踏み切った。正確な病名も確定出来ない段階でのステロイド剤使用は、一種の賭けであった。しかし、浩司には他の治療手段が思い付かなかった。それに何名かの他の内科医師も賛同してくれたのだ。ステロイド剤使用後2日目には36.5°Cまで熱は下がり回復傾向が見えて来た。しかし、その2日後には再び40°Cの高熱で患者の意識は朦朧としていた。浩司は脳脊髄液を採取して、脳脊髄膜炎の有無を確認したが髄液所見も正常であった。浩司は、いよいよ窮地に追い込まれた。患者の父親は県会議員でもあったので、彼の精神的なプレッシャーは限界に達していた。自宅にもほとんど帰れず、ガンマーグロブリン製剤の併用療法その他、考え付く事の全てを実行してみた。
家に帰っても 、病院にいても不明熱の患者の事ばかりが頭を占めて綾子とも余り口を利かなかった。
そんな浩司を見かねて、綾子が妻としての助言をし…
「浩ちゃん、ここは一歩引いたら」
「一歩引くって?」
「浩ちゃんも医者としてのプライドがあるでしょうけど、患者さんの為にも大学病院に移って頂いたら…」
「なる程、そんな手があったのか…!」 
浩司はプライドより今の自分の境遇から抜け出したいとばかり考えていたので、彼女の意見に何の異論も感じなかった。翌日直ぐに先輩医師と相談して、患者家族に大学への転院を了解してもらった。
母校の大学では、気持ち良く受け入れを承諾してくれた。敗北感はあったものの、精神的には開放された。大学に転院して5日後に大学から連絡を受けた。不明熱の患者が昨晩に亡くなったと。浩司は驚きで言葉を失い、しばらく受話器を手にしながら立ち竦んでいた。
「もし、もし、篠木…どうした?」
「あー、はい。何でもありません。それで、あの…病名は何だったのですか?」
「それが今解剖が終わって、やっと病態が判明した所だ。篠木は何だと思う?」
「恥ずかしながら、検討も付きません」
「まあ、篠木が分からないのも無理はないよ。我々だって解剖するまでは全く診断が付かなかったのだから」
「そうなんですか?」
「そうなんだよ。ともかく大学に転院して正解だったよ。あそこの親父さんは県会議員だったのだろう。そのまま篠木が診ていたら、医療訴訟にまで発展したかもしれないぞ」
「そうかもしれませんね」
浩司は、それだけの言葉がやっとだった。
次回に続く

想い出は風の彼方に(95)

こうして綾子の専業主婦としての生活が始まった。主婦業も始めてみると、それなりに忙しい。先ずは家のカーテンを変えてみた。柄物の布地を買って来てミシンで縫って行く。ヒマワリが咲き乱れる絵模様をデザインしたカーテンに心が引かれた。少し眩し過ぎるとも思えたが、家の中を出来る限り明るく輝かせたかった。家具の配置も変えてみた。ベビーベッドの周囲は、リボンと幾枚かの布地を組み合わせ巧妙なオブジェに見せた。全く別のマンションに住んでいる様な雰囲気になってしまった。浩司が、どんな顔をするか楽しみである。夕食は、好き焼きにして肉もたっぷりと入れた。
夜10時になって、やっと浩司が帰って来た。
入口まで迎えに出て綾子はにこやかに、彼の首に手を回した。
「お帰りなさい。ご飯とお風呂、どっちが先?」
浩司は綾子を軽く抱き寄せ、
「ともかく、何か食べさせてくれ」
と、言って来た。彼女は軽い冗談で、
「綾子と好き焼きと、どっちを先に食べたい?」
「どっちも食べたいが、今は好き焼きかな…」
彼も調子を合わせ、軽く口づけをして愛し気に綾子を抱きしめた。
「綾子、家に帰ってお前がいると疲れが取れるよ」
「浩ちゃんに、そう言われると家事にも精が出るわ。でもね、お願いが一つあるの」
「何だい?」浩司はにこやかに尋ねた。
「出来たら、月に1、2度は外で食事をしたり、銀ブラをしたいの。ハイヒールもたまには履かないと、レディではなくなっちゃうでしょう。もうすぐ25才になるけど、今しばらくはレディでいたいの…」
「分かった、何時迄も綾子が美しくなる為に俺も努力する」
「有りがとう、分かってくれて。これまでの日本の男性は、
『釣った魚に餌はいらない』
とばかりに、奥さんをただ家庭に縛りつけていたでしょう。それだと生活窶(やつ)れして女性は瑞々(みずみず)しさをどんどん失って行くのよ。その結果はどうなると思う?」
「どうなるって…!」
浩司は綾子の発言の意味が分かりかねて、尋ねた。
「その結果はね、古女房に飽きて浮気をするのよ。でも、そんな古女房にしたのは男の責任だって事を全く理解していない訳…」
「そんな知識を綾子は、何処で仕入れたのだ?」
「それは2年余りの会社勤めで学んだのかもしれない。社内では不倫問題が、あっちこっちで見られたわ」
「そうなんだ!」
浩司は溜め息混じりに答えた。
「病院では、どうなの。医師と看護婦の不倫問題ってかなりあるんじゃない?」
「どうなんだろうね、毎日が余りにも忙しいから俺には理解出来ないな。それに綾子に夢中だから、他の女性に目を向ける気にもなれないよ」
「本当に信じて良いの!」
「もちろんだよ、今の俺に浮気する様な心の余裕もないし…」
「それって、余裕の問題なの?」
「そうじゃあないよ。俺の心に綾子以外の女性が入り込む余裕がないと云う意味だよ」
「本当かな、浩ちゃんも最近口が上手くなって来たから油断が出来ない…」
次回に続く

想い出は風の彼方に(94)

その数日後には、綾子が二人のマンションに戻った。使われなかったベビーベッドが、寂しく彼女の目には写った。誰も吸わない母乳が、まだ沁み出て来る。そんな女の生理を綾子はしばらくの間、持て余していた。洋服箪笥の中には、赤ん坊の下着やオムツが丁寧に仕舞われていた。全身の力が抜けて行く様だった。スーパーで買って来た食材を冷蔵庫に片付けた後は、立ち上がる気力もなく一人缶コーヒーを飲んでいた。喪った赤ん坊の事を考えると、寂しさで胸が一杯になって来る。午後4時過ぎ、浩司の病院に電話を入れてしまう。仕事中の夫の元に電話をかけるのが、どんなに非常識な事であるかは分かっていた。それでも手は受話器に伸びていた。
「あなた、ご免なさい。病院にまで電話をして…我儘(わがまま)を言って申し訳ないんですけど、今日はどうしても早く帰って来て欲しいの。こんな我儘は二度と言いませんから、今日だけはお願い…ね!」
「分かった、何とか理由を言って抜け出して来る」
浩司は、嫌がらずに綾子を慰める様に答えてくれた。電話を切った後から、綾子の頬を幾筋もの涙が溢れ落ちた。
何か、緊張の糸が切れた感じであったかもしれない。
事実、浩司は6時前には帰って来た。
こんな早い時間に帰るなんて事は結婚して幾度しかないだろう。晩秋の夜は早い。真っ暗な部屋の中で綾子は一人佇(たたず)んでいた。
「綾子、どうした。こんなに部屋を暗くして、驚くじゃあないか?」
「あら、本当に早く帰って来てくれたんだ。ご免ね、一人でいると赤ちゃんの声が聞こえて来る様で…寂しさで自分が自分でないみたいなの」
そう言って、綾子は浩司に擦り寄って来た。そんな彼女を浩司は暖かく迎え入れ唇を重ねた。そしてベッドの上でもつれる様にして抱き合った。今、夫として何をすべきか浩司は十分に理解していた。それは傷ついた幼な子を慈しむかの様な心境だった。それは夫と言うよりは父性的な感覚に近いものだった。そんな浩司の胸の中で綾子の心に雪解けの様な温もりが伝わって来た。30分近く抱き合ってから浩司が綾子に語りかけた。
「駅前にイタリアンの新しいお店が出来たんだよ。評判は良さそうだが、未だ一度も行ってないんだ。今夜はそこで夕食にしないか?」
「うん、美味しそうだわね。でも、私が食事を作るべきなのに…ご免ね、甘えてばかりで」
「まあ、良いさ。今日は平日だから、並ばないで入れるかもしれない。二人でワインを飲みながら、イタリアンも悪くはないだろう…」
「何だか話だけで心が豊かになって来るわ。浩ちゃん大好きよ!」
「やっと元気になったな。それじゃあ出かけるか」
「うん、ワインなんて久しぶりだわ。今夜は赤ワインが良いかな!」
「そうだな、赤と白を少しずつ飲み比べてみるか」
「それも良いわね」
綾子は、浮き浮きした気持ちになって浩司の腕を取った。
駅前のお店まで歩いて10分ぐらいだった。彼女はすっかり精気を取り戻し、何時もの陽気さを取り戻した。
翌朝からは、朝食もしっかり準備して浩司を明るく職場に送り出した。
次回に続く

想い出は風の彼方に(93)

会社からお見舞いとして、果物籠が届けられた日の夕方、綾子と兄は久しぶりに兄妹喧嘩をした。
「綾子、母さんの言う通りだ。会社なんか辞めちまえよ。篠木が可哀想だ、何の為にお前と結婚したんだ。家の中で夫を支えるのが、妻の役目だろう」
「何を古くさい事を言っているのよ。そんな時代遅れの事ばかり言っているから、お兄ちゃんには何時までたってもお嫁さんが来ないんじゃないの?」
「何だと、この野郎。お前はそんなツッパった事ばかり言っているから、満足な子供の一人も出来ないんじゃあないのか?」
「それって、何よ!…いくらお兄ちゃんでも、言って良い事と悪い事があるんじゃあない」
「うるさい、俺の言いたい事はだな。妊娠して大事な身体の時に、お前がぎりぎりまで仕事を押し通して来た事を言っているんだ」
「何よ、そんな事は私の勝手でしょう」
「いや、勝手じゃあない。お腹の子供はお前一人のもんではない。父親の篠木のもんでもあるし、お袋だって楽しみにしていたんだ。もちろん、俺もな」
綾子は急に子供みたいな大声で泣き出した。
「そんな事を言ったって、今さらどうしろって言うのよ…!」
「綾子、俺は何もたった一人の妹を責めて虐(いじ)めようって云うつもりは全くないよ。ただ篠木とお前が仲睦まじく暮らし欲しいと願うだけだ。言い過ぎたら謝るから、会社に戻るのは考え直してくれないか…」
そこまで兄に言われると、会社に戻ろうとしていた彼女の決意も揺らいだ。
夜8時、浩司は珍しく早かった。吉村の家では笑いに満ちた夕食となった。
食後は綾子も後片付けを手伝った。
10時過ぎ、浩司と綾子は6畳間に布団を二つ並べて敷いた。浩司は綾子の頬に軽く口づけをして、自分の布団に戻ろうとした。しかし今夜は、綾子が誘った。浩司は微笑を返しながら、
「無理すんなよ」
と言って、綾子から離れようとした。
「浩ちゃん、お願いだから私を抱いて。それとも私の事が嫌い…!」
「嫌いな訳がないだろう。でも身体の方は大丈夫か?」
「もうすっかり元気よ。それより浩ちゃんには随分と寂しい思いをさせて、ご免ね」
そう言って綾子は浩司の布団の中に入って来た。彼に綾子を拒否する理由は全く無く、二人は久しぶりに心から夫婦の営みを楽しんだ。営みの後も綾子は、なかなか寝付けなかった。浩司は満足気に安らかな寝息を立てていた。そんな浩司の寝姿を見て、彼女は明日会社に退職届けを出すつもりになっていた。やはり自分は、この人の妻でいるべきだと云う思いを強くした。兄の言う通りかもしれない。専業主婦になって、今度こそ元気な赤ちゃんを産もう。そんな決意を固めて浩司の顔をもう一度見た。愛おしさが込み上げ、もう一度浩司の布団に入り込んだ。彼は寝ぼけ眼(まなこ)で、
「綾子、うん…どうした寝ないのか」
と、尋ねて来た。彼女は小さな声で
「浩ちゃん、ご免ね。もう一度抱いて欲しいの」
と、耳元で囁いた。浩司は笑いながらも、彼女の求めに応じた。
次回に続く

想い出は風の彼方に(92)

綾子は退院後、1ヶ月ぐらいは実家で寝たり起きたりの生活をしていた。浩司は週に2度ぐらいは綾子の元に帰り、夕食を供にしていた。しかし、市中病院での仕事が遅くまでかかると、病院近くの中華料理屋とか和定食の店で食事を取り自分のマンションに戻って行った。夜10時過ぎに綾子の実家に行って夕食を食べさせてもらうのは、少しばかり気が引けた。
「どんなに遅くなっても良いから、綾子のそばで食事をして欲しいわ」
と言われても、やはりそんなには甘えられなかった。何か夜遅く、腹を空かした野良犬の様に綾子の実家で夕食を取る自分が嫌で仕方がなかった。それでも妻の産後の精神的な落ち込みを考えると、顔を出さずにもいられなかった。そして綾子のそばに寄ると人目を忍んで、唇を合わせたり肩を抱き寄せたりはしていた。そんな浩司の行為を彼女も何処か心待ちにしている様子だった。綾子は未だ25才にもなっていなかった。夫の愛に縋(すが)りたい年令である。4才年上の浩司も妻を心より慈しんでいたし、産後とは言え妻は十分に魅力的であった。そんな二人ではあったが、現実の生活が彼等を少しづつ遠ざけていた。
医師になって5年目、浩司は自分の仕事に夢中であった。夢中と言うよりは、余りに学ぶべき事が多かった。学生時代の勉学とは比べものにならない責任感が伴っていた。昼と言わず夜と言わず、食事時も常に医学書から目を離す事がなかった。最先端の医学雑誌には出来る限り目を通していた。自分の不勉強さで受持ち患者さんを死なせてしまう事だって起こり得るのだと云う、焦燥感に何時も捉われていたのだ。そして市中病院での出張勤務も後任医師の突然の交通事故死で、勤務が1年延ばされてしまった。臨床経験を積み重ねるには文句の言いようのないハプニングであったが、浩司は早く大学に戻って博士論文の仕事に取り掛かりたかった。
実家で寝たり起きたりしながら、綾子は悩んでいた。体調が回復するにつれ、総合商社での仕事に戻りたいと思う気持ちが強くなって来た。しかし、彼女の兄と母親が盛んに留める。母親は言う。
「綾子、お前がこのまま職場に復帰してしまったら、浩司さんとの夫婦関係にヒビが入らないかい。浩司さんは今、医者として一番大変な時じゃないのかね。お前の仕事も大切だろうが、ここはお前が一歩引くべきではないかと私は思うのだよ…」
そう実の母に言われてしまうと、綾子には返す言葉がなかった。自分のキャリアとしての道を取るべきか、妻として「内助の功」に徹するべきか悩む所であった。浩司に相談したら何と答えるのか?…恐らくは彼女の好きな様にして良いと言ってくれるだろう。
でも、彼の本音は違うだろう。やはり自分が何時も家にいて彼の帰りを待っている事を、本当は望んでいるに違いない。考えれば考えるほど綾子の悩みは大きくなる。
会社からも見舞いが来ていた。彼女の直ぐ上の上司が常務からの指示だと言う事で、果物籠を持参して来た。
「お身体の調子が戻ったら、早く会社に戻って来て欲しい。常務も篠木さんの現場復帰を心待ちにしている」
と伝えられ、綾子の迷いは深まるばかりだった。
次回に続く

想い出は風の彼方に(91)

市中病院で、浩司はまた忙しい日々を過ごしていた。日本でも頭部CTスキャンが少しずつ普及し始めていた。
最初に生産されたX線CT(EMIスキャナーと呼ばれた)は脳の断層撮影に用いられた。2つの断層データを得るのに約4分かかった。そして断層画像を得るのに、データゼネラル社のミニコンピュータを使用して画像一枚あたり約7分かかった。この頃EMI社に所属していたビートルズの記録的なレコードの売上が、CTスキャナーを含めたEMI社の科学研究資金の供給元だったとも考えられた為、CTスキャナーは「ビートルズによる最も偉大な遺産」とも言われていた。
日本におけるCTの導入は、EMIとレコード事業(東芝EMI)で提携関係のあった東芝が1975年8月に輸入し、東京女子医科大学病院に設置されて脳腫瘍を捉えたのがはじまりである。ただし、このスキャナーはニクソンショックによる変動為替相場制導入後でも1億円(現在の概算で10億円単位)を下らない費用を要する代物で、日本政府側の自賠責保険の運用益から交通事故時の頭部外傷に役立てるような研究的意味で購入され始めた物である。
もちろん、浩司が勤務していた市中病院には未だCTスキャンは設置されてはいなかった。母校の大学病院でCTスキャンが設置されたのは、東京女子医大の設置から4年遅れてからの事であったから、市中病院に出回るのは更に数年以上は経っての事だった。
浩司が医師国家試験に合格したのは、1973年なので彼はCTスキャンやエコー検査の狭間(はざま)にいたのである。だから浩司が医師になったばかりの時代は、聴診器などの聴き取る力が重要視されていたし、触診だけでも相応の診断を付けるのが名医と呼ばれていた。そんな時代であったから、浩司は画像診断の教育は学生時代には受けていなかった。医師になって5、6年目ぐらいから独学で学んだのだ。
さらにCTスキャンの解説書も当時は英文しかなかったので、その読破だけでも苦労であった。
そうした画像診断など普及していなかった時代に、浩司は市中病院で一般内科に加え結核病棟も診ていた。都内の大学病院でも結核病棟が普通にあった。この頃は抗結核剤の開発が進んでいたので、結核で亡くなる人は激減していた。治療方針も確立していたので、結核病棟の勤務は一般病棟に比べ楽だった。隔日に1時間ぐらい結核患者を診に行っていたが、殆んど看護婦とお茶を飲んで雑談するのが仕事みたいだった。
それに比べ一般病棟は、常に重症の患者が入退院を繰り返し目の回るような忙しさである。糖尿性昏睡、急性心筋梗塞、ネフローゼ症候群、急性間質性肺炎、髄膜炎など病状も多彩で日々緊張の連続だった。
また内科外来は、何処からこんなに患者が集まって来るのかと云うぐらいで、午前診の終わるのはいつも午後2時過ぎだった。外来は4人の医師が当たり、1日で300名から400名の診察を余儀なくされた。昼食は10分ぐらいでかき込む様に食べ、直ぐに入院患者の診察が始まる。一段落して時計を見ると夜8時過ぎになっている事が多かった。そんな状態では夫婦の会話も少なくなっていた。
次回に続く