認知症の質問を受けつけます。

 横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。


ご質問と回答


哀しみの果てに


想い出は風の彼方に


霜月の夕暮れ


認知症詩集


美しい老後を迎えるには

哀しみの果てに(8)

しかし、信吾は次第に自分の親達の不甲斐なさが哀れに思えて来た。父親は50才を過ぎて、大学も2年で中退になり最終学歴は高卒でしかない。それでも途中から独学で勉強して「地方公務員初級職」に何とか合格した。そこまでは認められる。しかし、それ以降はキャリア・アップする為の努力も勉学もまるでやっている気配がない。狭い公団住宅に甘んじ、一人息子の信吾を大学に行かせる気力もなく毎日を蟻の様に過ごしている父親には何を相談しても意味のない事は分かっているはずだったのだ。信吾は改めて自分の父親の不甲斐なさを認識した。やはり、こうなったら自分が祖父の介護をするしかないと考える様になって来た。これまでも信吾の将来に、何か希望的な意見を言った事もなく毎日の生活に何の波風も立てない事が、生き甲斐の様な父のだった。祖父に対しては例え相手が自分の父親でもあっても、自分の生活には何の変化も与えたくはなかったのである。大して自分の父親に愛情も感じていなかったのであろう。その点、信吾は違う。やはり、あの旧豪邸で遊ばせてもらったと云う記憶は僅かに残っているし、没落してからも祖母の隠れた3千万円の定期預金が出てきてからと云うもの、親に隠れて小遣いも幾度かは貰っていた。
あれこれ考えると、この祖父の面倒を見るのは自分の役目ではないかと思えて来る。そんな考えから信吾は伏し目がちにちに両親の目を見た。
「なんだったら、俺がおじいちゃんと一緒に生活をしても良いよ」
彼の両親は驚いた様に、
「お前がか?」
と、聞いて来た。信吾は少し不貞腐れた様に…
「だって、今の場合は俺しかいないだろう。何の定職もなく、その日暮らしのバイトだけで生活しているんだから…」
父親は信吾の機嫌を取る様に、
「しかし、年寄りの面倒は大変だぞ。ましてあの親父は我儘育ちだから…」
「そうかな、俺はじいちゃんが苦手じゃあないぜ。結構憎めない所もあるし…それにしても何時からボケ始めたのだろう!…全然気が付かなかったな。そう言えば、この数ヶ月はバイトで忙しく、じいちゃんの所には全く遊びに行ってなかったからな…」
「そうね、私たちも近頃はお父さんの所にはまるで顔を出していなかったわ」
と、母が少し申し訳なさそうに言った。
「それは俺も同じだ。毎日の仕事があるから、そう頻回に親父の所に顔を出すと云う訳にも行かないだろう」
「それにしたって、実の父親が年を取って一人暮らしをしているんだから、月に1、2度は顔を出すべきだろう。大体、親父なんかプロ野球の観戦には月に一度ぐらい行っているじゃあないか?」
「馬鹿、それは付き合いってもんだ」
「何の付き合いか知らないが…」
父親は、それ以上は何も言い訳をしなかった。母親もその事に関しては、何の口も挟まなかった。
信吾は、さばさばした口調で…
「明後日は俺が病院に行って、じいちゃんの退院をさせて来るよ。そして、じいちゃんのアパートでしばらくは一緒に暮らすさ」
次回に続く

哀しみの果てに(7)

祖父は肺炎を起こしかけていたが、幸い一週間の入院で元気になった。退院に際して、担当医から…
「かなり認知症状が出ているから、一度専門医に相談した方が良い」
と言われて、父と信吾は軽いショックを受けた。
それでも翌日には、入院していた病院から外出願いを出して父と信吾の二人で大学病院の「物忘れ外来」に祖父を連れて行った。MRIと長谷川スケールが実施され、その結果は中等度の認知障害が認められるとの診断を受けた。
「これまでは一人暮らしだったんですけど、もう無理でしょうかね?」
と父が、医師に尋ねた。医師はしばらく考えていたが…
「う~ん、独居はかなり厳しいかな…」
と答えて、首を傾げた。
「そうですか、一人暮らしは難しいですか?」
再度、父は医師に尋ねた。
「本日の知能の簡易検査でも、長谷川スケールは13点でしたから…30点が満点で、25点前後になると軽度認知障害と言われていますし、20点以下ですと完全な認知症と定義されているのです。つまり13点と言うのは、かなり認知症が進んでいる事になります。一人暮らしをするにしても火の始末が怖いでしょう。台所のガス漏れの危険だってありますし…」
「そんなに悪いのですか?」溜め息混じりに父は再度医師に尋ねた。
「ともかく一人暮らしは、お止めになった方が良いでしょう」
医師にそう言われても、祖父の世話を誰がするのか父親は途方に暮れるばかりだ。
ともかく肺炎で入院していた病院に一度戻り、今日の大学病院での診断結果を説明して、担当の医師に父は縋 (すが)る様に、
「そう云う事情ですから退院は後2~3日待って頂けませんか、これから家に帰って家族全体で話したいと思いますので…」
と、頼みこんだ。
「分かりました。それでは退院は明後日と云う事にします」
そう軽く頷いて、医師は彼等親子の前から引き下がった。
病院からの帰り道、二人は黙々と家路に向かっていた。祖父のこれからの生活を考えると共に気が重くなるばかりだ。大体が何処で誰が面倒を見ると云うのだ。今の公団住宅では祖父を介護する場所など、何処にもないだろう。8畳と6畳の二間では親子3人が住んで、ぎりぎりの空間だ。だからと言って施設に預けるのにも2~3日で直ぐに見つかる訳もないし…どう考えても解決策が見つからない。
そんな重い足取りのまま二人は、自宅に帰り着く。母は夕食の支度に忙しそうだった。夕食後は、当然の如く祖父の介護をどうするかが話題となった。母も考えこんでしまう。
「この家で、お父さんの介護をする訳にも行かないしね…」
嫁としての義理も手伝ってか、無理な事は承知の上で、母がそんな事を言う。自分の発言を誤魔化す為か、話を今度は父に振った。
「あなたは、どう考えていらっしゃるの?…自分の親の事だから一番気になるでしょう!」
「お前にそんな事を言われたって、俺にも良い知恵が出て来るはずもないだろう。信吾、お前に何か良い考えはないか?」
何で孫の俺が引き合いに出されるんだ、この親達は何を考えているんだと頭の中では思っていたが、口に出すのも馬鹿らしいから黙っていた。
次回に続く

哀しみの果てに(6)

しかし、まだ幼児だった信吾には祖父の華やかな時代の記憶は微かにしか残っていなかった。幼稚園の後半からは、安アパート暮らしを経て今の公団住宅に両親と住む様になっていたので、年月の長さも手伝ってかつての祖父の豪邸は記憶の彼方に過ぎ去っていた。
63才から祖父はアパートで一人暮らしとなってしまったが、祖母が残しておいた3千万円の定期預金が偶然にも祖母の死後一年以上たって、押入れの片隅に忘れられていた行李箪笥(こうりたんす)の中から見つかった。それは債権者の手からも、税務署の目からも逃れる事が出来た。それを銀行から引き出すのは困難を極めたが、知り合いの弁護士の協力で半年かかって何とか祖父の手中に収める事が出来た。正に地獄に仏の様なお金だった。現実に年金だけの生活は、如何に一人だけのアパート暮らしと雖(いえど)も大変だったのである。時々はデパート駐車場の係員などのバイトも続け、月に5~6万円程度の収入を得なければ、どうにも生活費は足りなかった。
しかし、3千万円の定期預金が手に入ってからは、そんなバイトも辞めて呑気な生活が始まった。そして信吾にも時々は小遣いをくれる様になった。
「誰にも言うなよ。お前のお父さんやお母さんにもだ」
と言うのが、祖父の口癖になっていた。悠々自適の生活から、極貧の暮らしを経験して祖父は人が変わった様に猜疑心が強くなっていた。それでも孫だけには、良い所を見せたかった様だ。年金の他に3千万円の中から年に100万円前後の金を引き出して生活費に充当していたので、生活は一気に楽になって来た。その3千万円も銀行や郵便局に預ける事無く、全くの箪笥預金だった。その頃の祖父に信じられる物といえば現金の札束しかなかった。それでも一人孫の信吾には、よく小遣いをくれた。それが血を分けた孫への一つの生き甲斐の様であった。銀行から何とか取り戻した3千万円はアパートの押入れに現金で隠し持ち、その中から必要な生活費に毎月10万円近くを充てていた。今や銀行も郵便局も全く信用出来なかったのだ。この3千万円は正に彼の命綱だったのでる。年に100万円を使ったとしても30年は暮らせる金額であった。60代半ばの祖父には十分な生活費に思われた。市役所勤めの息子夫婦には一円のお金も渡す気持ちはなかった。元々が坊ちゃん育ちの祖父だから独善的で、自分一人の生活しか考えていなかった。70才ぐらいからはパチンコに興味を持ち出して、祖母から譲り受けた3千万円も加速度的に減って行った。そのパチンコも3年ほどで興味とお金を失い、今度は魚釣りに趣味が移ったりしていた。そして75才ぐらいからは釣り糸に餌を付けず悠々と釣りをしている姿が他人の目には奇妙に映り出して来た。そんな生活が半年程続いている間の、ある雨の日に合羽も着ず平気で釣りをしている祖父の姿が多くの人の噂になり始めた。そして、ある秋の日に高熱の老人が海沿いで倒れていて近くの病院に運ばれたとの報告が警察から持たらされた。信吾の父は、急ぎ指示された病院に駆けつけた。
次回に続く

哀しみの果てに(5)

それ以来、祖父はすっかり気力を失い、63才からは細々した年金暮らしの生活となってしまった。
信吾の父は、祖父が没落するまでは生活の苦労も知らず大学も2年まで行ったが、旅行先で知り合った同年齢の母と恋仲になり駆け落ちをしてしまった。当時は元気だった祖母が、祖父に隠れて若い二人の生活の面倒をみていたのが災いして、父は大学にも行かず遊び暮らしていた。
しかし、そんな怠惰(たいだ)な生活が何年も続く訳はなく、何時しか祖父の知れる事になり勘当されてしまった。大学も中退して定職もなかった父は、一念発起して職探しを始めた。しかし大学中退と云う半端な学歴では、大会社は言うまでもなく彼が望む様な会社の何処からも採用されなかった。仕方なく独学で勉強して「地方公務員初級職」に何とか合格した。それから今の市役所勤務となった訳である。市役所勤務となってからは、それまでの遊び人の様な生活からは別人の様に変わり、平凡な一市民としての生活に甘んじていた。
祖母は信吾が幼い頃、61才で胃癌になり他界していた。祖父の没落する前だったので、何も知らずに逝った祖母は幸福な人生を送ったのかもしれない。
信吾の誕生は、彼等の両親が一緒になって9年目の年だった。随分と遅い初孫であったが、その分祖父母の溺愛ぶりは尋常ではなかった。祖父母の家の8畳間は信吾の玩具で埋め尽くされていた。しかし、その玩具の部屋も祖母の死別と共に、哀しみの思いでが溢れる部屋にと変貌して行った。しかし未だ3才にも満たない信吾には何も分からず、
「おばあちゃんは何処、何故僕と遊んでくれないの?」
と家中を探し回っていた。祖母の葬儀には最期まで付き沿った信吾だが、多くの人が来て美味しい物を夜中まで飲み食いして、大人達は祖母の思い出話をしていた。信吾の目から見れば、それは殆どお祭り騒ぎに見えた。会った事もない親戚も多かった。信吾は同年齢の親戚の子供を集めては旧い家の中を走り回っていた。
その信吾の玩具の中身は、子供達には大好評で皆んなは大喜びで遊び回った。子供達が家中を走り回わる姿を見て祖父は
「これも、ばあさんの功徳だろう」
そう言って、目を濡らしながらも子供達の騒ぎを止めようとはしなかった。しかしその祖父も数年後には連帯保証人の借金地獄で、信吾の玩具はおろか、全ての家財を没収されてしまった。祖父も所詮は親から多額の財産を受け継いだので、坊ちゃん暮らしが身に付いていたのだろう。つまり人の良い所だけが取り柄の世間知らずだったのである。そんな育ち方をしていたので他人を疑う性格が本質的に欠如していたのかもしれない。
祖父を連帯保証人に頼み込んで来た友人は高校時代の親友で、その当時から…
「俺は世界を股にかけて歩き回るんだ」
と豪語する程の誇大妄想癖が強い男で、幾つもの事業に手を出しては、成功と失敗を繰り返していた。そんな男の連帯保証人になる祖父もどうかしているが、3万坪もの広大な雑地を購入して日本で一番豪華な霊園墓地を作るんだと云う話に、祖父はすっかり乗せられてしまったのだ。
次回に続く

哀しみの果てに(4)

3ヶ月前から信吾が働き出した、今のコンビニは四つのシフト制が組まれている。先ずは早朝組みが朝6時から午後2時まで、日勤組みが朝11時から午後7時まで、準夜勤が午後6時から午前2時まで、深夜組が午前0時から8時までとなっている。準夜勤組の為には3畳の仮眠室が二つ用意されていた。準夜勤の連中が4~5時間の仮眠を取って学校に出かけて行く場合もあった。そこで働く理由は様々である。親からの仕送りが少なく、それを補う為という学生が一番多かったが、全く独力で生活費を稼いでいる者もいた。信吾の様なフリーターで、ともかく何かしらの生活費が必要な人間もいた。しかし、この職場では誰も他人の生活に口を挟む者はいない。
それにしても昨日の勤務は異常であった。日勤から仕事に入った信吾は、午後7時過ぎには帰る予定でいた。しかし、インフルエンザの流行で仕事仲間からは相次いで「欠勤」の電話が入り、信吾は準夜、深夜と3コマも働く状況に追い込まれた。これまでにも2コマの経験はあったが、さすがに3コマはなかった。もっともパチンコ屋で開店から閉店まで、飲み食いもせずに10時間以上もパチンコ台
を睨み続けていた事は幾度もあった。いずれにしろ、このコンビニと云うバイトは信吾の性格に合っていた。自分なりのフリーな時間が多く取れるのが気に入っていた。父親の様に定刻通りの勤務を、何が楽しいのか30年以上も続けている神経は理解が出来かねた。
数日後、病院での面会制限が解除になったと父親から聞かされ、信吾は祖父の見舞いに出かけた。79才になる祖父は3年ぐらい前から認知症状が出始め、老人ホームに入居していた。祖父が入院している3階南病棟は40床あったが、患者の多くは高齢者であった。祖父の病室は4人部屋の廊下側で、酸素マスクを付け点滴をしている姿は、今にも儚(はかな)く消え入りそうな感じに見えた。そっとベッドの脇に立ち、耳元で囁(ささや)く様に…
「おじいちゃん、おじいちゃん!…信吾だよ、分かるかい?」
と声をかけたが、返事はなかった。手を握ってみる。少し目を開け、信吾の顔を見るが他人の眼差しでしかない。じわっと寂しさが信吾の胸の奥に拡がった。このまま永遠に自分の事が分からず祖父の命が途絶えてしまうのかと考えだすと、人の一生とは何なのか切なさだけが信吾の心を通り過ぎて行く思いだった。一人孫の信吾を祖父は、正に舐めまわす様に溺愛してくれた。幼稚園時代は、何時も祖父と一緒だった。横浜の旧家に育った祖父は戦後に落ちぶれて、堂々たる家屋敷からアパート暮らしにと転落して行った。その旧い家屋敷で信吾は5才まで祖父の元で育てられていた。人の良い祖父は友人の連帯保証人となって、全ての財産を失ってしまった。その友人は冬の横浜港に飛び込んでしまった。「小豆相場」で一山当てた、その友人は千葉に3万坪の土地を購入して霊園墓地の事業に手を出したが、何億もの負債を抱えて事業計画は頓挫した。景気の良い彼の口車に乗って、祖父は親から譲り受けた300坪以上の家屋敷を手放すはめになってしまった。
次回に続く

哀しみの果てに(3)

信吾は、公団の自分の部屋に入るや先ず浴槽にお湯を入れた。誰もいない部屋の中は寒々としていたので、ともかく身体を温めたかった。この家の暖房器具はキッチンのパネルヒーターと8畳間の炬燵そして信吾の部屋の電気スリッパだけであった。昨日は24時間以上も不眠不休で働いていた。日勤だけの予定だったが、仲間の一人がインフルエンザで突然の欠勤となり信吾が夜勤帯の仕事まで引き受ける結果となってしまった。
狭い浴槽でも身体を温める事は出来るし、頭も洗いたかった。出来れば、こんな日は銭湯に行って寛ぎたかったが、疲労感が全身を鉛の様に覆(おお)い自宅の浴槽に入るのが最後の気力だった。風呂から出ると、コンビニから払い下げてもらった賞味期限の切れたオニギリ3個を8畳間の炬燵の中で食べた。コップ一杯の水を飲むと、後は炬燵の中で倒れる様に寝てしまった。午後5時、買い物から帰った母親の気配で目覚めた。4時間以上は寝た様である。疲労感はかなり薄らいでいた。今日は夜勤帯の仕事が入っている。6時までには店に着いていなければならない。バスを利用しても30分以上はかかる。信吾は焦る気持ちを抑え
「母さん、カップ麺にお湯を入れておいて…」
と頼み、急ぎ顔を洗う。
「今夜も仕事かい、大変だね!」
母が心配気に声をかけて来た。
「うん、仲間の一人がインフルエンザにかかってしまったんだ。それに後3日で丁度3ヶ月になるんだ。3ヶ月間、無断欠勤と遅刻がないと時給が30円上がるんだ」
それだけを説明すると、信吾はカップ麺を飲み込む様に口に入れ家を出た。店には6時丁度に着いた。店長が顔を見せ、
「今日は休むかと思っていたよ。昨日は20時間以上の勤務だったしな…大丈夫か、無理すんなよ」
と、労わる様に信吾の肩を軽く叩いた。
「大丈夫です。未だ若いですから」
そう言って、信吾は少し照れ笑いをした。
「君のように責任感の強い人間ばかりだったら良いんだがな…」
そう言って、店長は信吾を激励した。
今日の相方は、彼より一つ年下の女子大生だった。大学の授業の合間に週3回ぐらいは店に出て来る。信吾とパートナーを組むのは今日で2度目だ。可憐な外見だが、異性としての意識は薄かった。自分が高卒であると云う微妙な劣等感があったのかもしれない。夜勤帯は日勤より時給が200円も高いので、フリーターの信吾には魅力的だった。未だ一つの定職について将来を考えるまでには、気持ちが固まっていなかった。21才と云う年令では将来の設計図を描き切れないのかもしれない。
それは父親の影響もあったのだろう。市役所の戸籍係と云う万年平社員に近い親を見ていて、将来に夢を持てと言うのが無理な話ではあったに違いない。50才を過ぎたばかりの父親に大人としての魅力は何も感じなかった。ただ定刻に出かけ、定刻に帰って来る。残業も無い代わりに、心ときめく様な話もない。それはまるで判を押した様な生活だった。
次回に続く