延命治療

STさんへの回答
「延命的治療を出来る限り追及していくか、静かな看取りの最期を望んで行くのか」とは、ある意味で究極の選択と言えるかもしれません。また兄弟や親戚の数が多ければ夫々の思いも違って、自分一人の感情さえ整理つきかねるのに他の多くの意見が入り乱れて事は増す増す複雑になるばかりです。ここは一つ落ち着いて基本に返ってみましょう。先ず第一はお母さまご本人の生命に対する意欲でしょう。認知症が強くその意志が表示出来ないのであれば、お元気な時の日頃の言動です。それらの総てを勘案してお母さまのご意志がどこにあるのか、もっと生きたいと思っているのか思っていないのかを考えてみるべきでしょう。さらに重要な事は(この事は割と軽視されていますが)、残された者たちの心の在り方です。認知があっても幾度肺炎にかかっても1日でも長く生きていて欲しいと強く願うご家族もいるのです。そこに理屈はないのです。長い親子の絆があるのでしょう。非常にドライな方もいればウェットな方もいらっしゃいます。何が正しいなんて事は誰にも言えません。他人には計り知れない家族の歴史、愛憎とも言うべき多くの感情の蓄積があるのです。人一人の人生の最期をどうすべきか悩むのは当然すぎる人としての心の有り様です。今日は延命治療を望み明日には看取りを考えたりする迷いにこそ、私には人としての本来の心模様があるように思えてなりません。結論を急ぐべき事は何もありません。これまでの親子の歴史の一つ一つを思い起こしながら「ねえ、お母さんどうしたい」と、その耳許で聞いてみて下さい。物言わぬ母かもしれませんが、きっと何かをあなたに囁きかけて来れるでしょう。それが総ての結論です。



超高齢化社会をわが国であればこそ、厚生労働省のシステムは、安心して保険診療、介護制度、年金制度が本当に安心して受けられるシステムに変えてほしいと願います。
うちの母は介護施設から病院へ入院し、退院した翌日に施設で誤嚥を起こして再入院。
再入院の病院は。別の病院でしたが1ヶ月程度で無事退院が出来ました。その後は施設と病院を行ったり来たりしております。家族として先生の回答にある、「延命的治療を出来る限り追及していくか、静かな看取り的な最後を望んで行くか」とありますが、苦しんでいる母を見ている家族と、元気なところしか見ていない母の兄弟では、話し合いを行っても病院に求めるものが違ってきます。話し合った内容も,私自身が担当の先生の前では変わってしまうこともあります。実際に考えすぎて答えが見つからず、苦しんでいます。
質問自体がぼやけていると思いますが、こんな私たちに何かアドバイスをお願い致します。

延命治療

ナミエさんへの回答
83歳のお母さまがご病気で老人ホームから救急病院に入院され、そこから療養型の病院に転院されると言う一連の流れは厚生労働省が考案した現在の医療システムです。かっては3か月ごとに
病院をたらい回しにすなどと、世間から悪口を言われた時代もありましたが現在では3ヶ月どころか総合病院などでは平均在院期間は18日以内に制限されています。ですから入院された市民病院でも18日間の制限に該当する為に、肺炎などの治療では患者さまの入院初期(この場合は肺炎の治療)の目的が終了したと担当医が考えた時点で、半ば強引とも言える退院勧告がなされるのを常としています。その後の受け入れ先として療養型の病院が考え出されたのです。しかし療養型の病院では入院医療費を定額制にしている為、一般病院の様に十分な医療行為を実施すると経営そのものが成り立たなくなるケースが出始めるのです。その為に室料差額等の名目で定額制の部分の赤字を埋め合わせしょうとします。何十年にも及ぶ国の医療費抑制政策の中で各病院も苦しなるばかりの病院経営で、患者さま方に少しでも自費負担をしてもらおうと、それなりの工夫をしているのです。正にこの保険制度の矛盾の中で患者さま方も病院経営者も悲鳴を上げるばかりです。ですから超高齢化社会のわが国では患者さま方の自己負担は増えるばかりです。さらに年金制度も実態経済とは離れた名目だけの金額になりつつあります。保険制度、介護制度そして年金制度のどれ一つを取っても私たちが安心して老後の生活を過ごせるのか疑問だらけです。さて本題に戻りましょう。肺炎を繰り返しているお母さまが今後ホームに帰れるのかとのご質問ですが、一年に一度ぐらいの頻度で起こされる肺炎ならば順調な回復が期待出来ます。しかし1~2ヶ月に1度ぐらいの頻度で繰り返される肺炎ですと、その度に全身状態は衰弱の度合いを高め栄養状態もそれに伴って低下して行きますから、より肺炎を繰り返すと言う悪循環に陥って行きます。そうなるとホームに戻れる可能性は限りなく少なくなります。つまり肺炎の頻度が高いようであれば言いにくい事ではありますが、ホームへの復帰は諦め先ずはホームでの個室料の支払いは中止すべきではないかと思うのですが。その上で療養型の病院に何を求めて行くかを考えて行くべきではないでしょうか。延命的治療を出来る限り追求して行くのか、静かな看取り的な最期を望んで行くかをです。



83歳の認知症の母が老人ホームに入所していて肺炎になり市民病院に緊急入院となりました。一週間後には熱も下がり肺炎も治ったので退院する様にと主治医の先生から言われました。しかし食欲もなく、どう見てもホームに帰れる状態だとは思いません。それでも主治医の先生が言うには熱が下がってから母が夜中に大声を出すとの事です。他の病室の患者さん方から苦情も多く出ているので1~2日以内には退院してもらわないと困るとの一方的な話でした。そうは言われてもホームには返せないし途方に暮れるばかりです。そんな私の戸惑った顔を見てか、それなら相談室で療養型の病院でも探してもらったらどうですかとのご説明でした。仕方なくその足で相談室に行き療養型の病院を探してもらいました。翌日には療養型の病院に転院となりました。転院してからは栄養剤の点滴をして頂き少しづつ元気になって行く様子が分かり一先ずは安心していました。転院して10日目程から少しづつ食事も出して頂ける様になり、この調子だとホームに戻れる日も近いものと心待ちしていました。その数日後病院から電話がありまた肺炎を起こしたとの連絡です。目の前が真っ暗になる様な思いでその連絡を受け取りました。誤嚥性肺炎だとの説明でした。老人ホームの個室代と病院の支払いで月に30万円近い支払いになります。これは私たち3人家族の一か月分の生活費にあたります。もちろん母の年金もあるので、30万円の全てを私たちが負担する訳ではありませんが、それでも母の年金だけではとても足りません。一か月ぐらいの入院だと思っていましたので、それぐらいなら何とか経済的も耐えられると考えておりました。しかしまた肺炎を起こしたとなると、この先も度々肺炎を起こすかもしれないとの不安感に駆られます。老人ホームに帰れる可能性はあるのでしょうか。