牧原さんへの回答

牧原さんへの回答
APOE遺伝子検査を受けるべきかどうかについての、ご質問ですが結論から先に申し上げますと、検査の信頼性が十分に確立しているとは言えない現状では、検査を受ける意味に疑問を感じています。ω4の遺伝子が検出(日本人全体の10%に検出されるとも言われている)されると、アルツハイマー型認知症(ATD)になりやすいと言われていますが、現実にはAPOE遺伝子検査でω4が検出されてもATDにかからない人は数多く認められます。これ以外にも癌の早期発見の遺伝子検査などもあり、職業柄何名かの人達に検査を受けてもらいました。かなり高価な検査なので病院職員に無料で受けさせました。新聞などのマスコミで幾度も取りざたされている検査でした。結果は無意味な結論でした。
またAPOE遺伝子検査は当院でも行なっており、何名かの人達(全てが病院職員もしくは家族)
に検査を受けてもらいましたが
医学的意義は感じていません。
基本的に私は認知症と云う学問に非常に高い興味を持っていますので、なるべく最先端の医学情報は入手する様に心がけています。その過程の中では随分と好い加減な検査とか治療法に迷わされています。ともかく遺伝子検査が時代の流行ですが、信頼性の低いものも多くあります。
APOE遺伝子検査が、必ずしも無意味だとは言いませんが、まだ不確実性が強いと云うのが私の感想です。一つの参考程度に考えておいたら良いと思います。それ以外にもMRIとかSPECT(脳血流循環)とか云った検査で認知症の診断を大病院では行なっていますが、この様な検査でもかなりの誤診が散見されています。
つまりは認知症と云う学問が如何に難解で治療法も未だ確立していないかを物語っているのです。ただ脳トレーニングや生活習慣病の克服が、それなりの効果を上げているのは事実です。
脳トレーニングは40才台から始めても早くはないのです。


母が緑協和病院さんをかかりつけとして、平素より大変にお世話になっております、わたくし、牧原と申します。



早速ですが、表題の件について、まずは、わたくしの両親の状況から簡単にご説明申し上げます。



2年前に80歳で他界した父が75歳過ぎに脳梗塞による脳血管性認知症、存命中の母は、今から3年前の77歳に、MCIを経て、現在、アルツハイマー病に移行しました。



また、母の姉(わたくしにとっては伯母にあたります)が現在84歳で、遠方におりますので、近隣に住まう親族によりますと、数年前から同じくアルツハイマー病です。



ここで本題となりますが、わたくし40歳代前半ですが、過日、あるクリニックで、APOE遺伝子検査を受けるべく、同意書にサインし、予定では、今週23日に採血の運びですが、主治医からは、当日になって、やはり抵抗を感じる場合は、キャンセルでも構わないと言われており、いよいよ23日を目前にし、周囲からも賛成どころか反対されている中、情けないことに迷いが生じてきました。



わたくしとしましては、他界した父については脳血管性で、やはり、アルツハイマーの母とは異なる症状であったことも含めてさほど気にはなってはいないのですが、母と、伯母がほぼ同時期にアルツハイマー病を発病し、さすがに自分のこれからが気になるようになり、今の段階で将来の自分自身への備えと投資のつもりで、自分の意思で遺伝子検査を受けることを決めた次第です。



しかしながら、成川院長先生の「家族性アルツハイマー病」の皆様への真摯なご回答を拝読しまして、母も伯母も、老年性のアルツハイマーに分類出来るならば、それは、加齢や糖尿などの生活習慣病の持病が認知症発病の最大のリスクファクターであると個人的には捉えておりますので、家族性アルツハイマー病のような、遺伝が関与する内容とは異なり、果たして遺伝子検査を本当に受ける意味と価値があるものかどうか、そして、万一、最悪の結果が出た場合の、現状、この国においてのカウンセリングなどのフォロー体制も成熟しているとは決して言えない中、検査を受けるにあたって腹を決めていたとはいえ、自分の心は本当に大丈夫であろうか、など、検査日が近づくにつれ、これまた情けないことに弱気になって参りました。



しかしながら、自分の持って備わったものや傾向は知っておきたい、そして、それを前向きに活用したいという気持ちが、検査を受けたいと考えた動機の原点であり、そこは今も変わらず、近い将来、癌検診と同様にこれから必要となってくるかもしれないとも考えます。



話をまとめますと、検査を数日後に控えた今、あらためて、APOEを受けるべきかどうか、迷っております。

本当は知ることが出来るのであれば、知っておきたい、しかし、結果によっては、以降の人生において、精神的リスクを伴うことが迷いの最大の理由です。



ご多忙の中、誠に恐縮ではありますが、もし、幸いにも、成川院長先生のお目にとまることがありましたら、ご見解をお伺い出来ますと有り難く存じます。



母もお世話になっております中、娘のわたくしも、この場にて、このたび院長先生のお手間を煩わせてしまうこととなり、あらためて大変に恐縮ではございますが、認知症について、真摯に取り組まれておられます信頼の出来る成川院長先生のご意見を是非いただけたらと思い、誠に勝手且つ不躾ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。



以上、長文を失礼いたしました。

認知症の生活療法

のりおさんへの回答
先ず82才のお父さまが、どの様なタイプの認知症なのかは分かりかねますが、少なくとも何日間は禁酒しようとなさっているのですから問題行動の多いピック病と言うよりはアルツハイマー型認知症と考えてよろしいのでしょうか。それと認知症そのものも文面から拝察する限り未だ軽度ではないかと思われるのですが。後は飲酒量の問題ですが昼間から飲み続けていると言うのであれば困りますが、夕食後に楽しむ程度(日本酒なら1、2合程度)なら構わないと思います。又その程度の飲酒量なら認知症の薬と同時に飲まれても殆ど問題は発生しません。それよりは82才のお父さまの生き甲斐を奪ってしまう方がお可愛いそうな気がします。今や認知症の根本治療は薬よりは生活療法に主眼が置かれています。もちろん飲酒の問題もその中に含まれて来ます。飲酒は飲酒として日々の生活の中でどの様に運動療法(散歩等)や脳トレーニング(日記を書く、新聞を読む、社会情勢に興味を持たせる)、さらに規則正しい生活または家の掃除等を出来る限りしてもらう等の努力の積み重ねが認知症予防には最大の効果を発揮するのですが。


認知症と診断を受けている82才の父ですが、お酒が好きでかかりつけ医からは何度も禁酒を勧められています。父も何度かはその気になり10日間ぐらいは禁酒をするのでが、長続きはしません。その度に又かかりつけ医から禁酒が出来ないなら認知症の薬なんか飲んでも仕方がないと叱られます。今のかかりつけ医は認知症専門医ではありません。この先、どうしたら良いのでしょうか。

認知症の生活療法

AAさんへの回答
先ず71歳のお父さまがアルツハイマー型認知症の初期症状との診断を受けたとありますが、その診断根拠は何かと言うのが一つの疑問です。確かに短期記憶に問題はありそうですが。その段階で安易にアリセプトを服用しなかった行為には賛成です。アリセプト自体はそれなりに有効性が認められている薬ですが、微妙な投与量に熟知している医者が驚くほど少ないと言う悲しい現実があります。その結果、副作用のみがクローズアップされてしまったのです。さて、サプリメントの話ですが数が余りに多くどの医療機関でも把握し切れていないのが現状です。それでも幾つかの大学病院ではサプリメントの研究を行っていて、時々は認知症学会でも報告論文が散見されます。これまで私が知り得る論文では残念ながら90%以上が無効例でした。いわゆるプラセボ(偽薬)効果との比較試験で有効性が証明されなかったのです。つまり有効性がなくても良く効く薬だと思わされ服用していると効いた気がして来ると言う事です。だからと言って全てのサプリメントが無効だと言っている訳ではありません。ですから複数のサプリメントを試してみると言うのは、医師としての私は反対です。まだアリセプトの適切な投与量(例えば2mgぐらい)を試してみる方が、より有効性が確認出来ると思います。しかし多くの医師がアリセプトの投与量は少なくても3mgから、時には5mgから投与してしまうのです。全ては製薬会社の間違った処方指針に基づくものです。しかし最近の認知症学会では薬物療法やサプリメントの使用よりも生活療法を主眼にしています。先ずは生活習慣病の是正です。糖尿病や高血圧が認知症を悪化させると言う報告は多数あります。認知症の疑いのある人は高血圧で言えば上の血圧(収縮期血圧)が150以下、糖尿病であるならばHbA1cが6.5以下が目標値となります。標準体重に近づく様に努力する事は言うまでもありません。それ以上に重要な事は脳トレニーングの日々の鍛練です。短期記憶が落ちていると思えば、その弱点を克服する努力をしなければなりません。まだ71歳ですよ、是非がんばって欲しいものです。「いぬ、さる、とけい、えんぴつ、うま、さくら、にんじん」と言った単語を無作為に30~50ぐらいを並べ1分間見てもらって、その後すぐに頭に入っている単語を1分以内に書き取ってもらうのです。これを毎日20分間実行して頂ければサプリは不要だと思うのですが。それ以外にも脳トレの本は沢山出ています。要は実行するかどうかです。


父 71歳がアルツハイマー初期と2015年1月に診断されました。
現在、プラズマローゲン  http://plasmalogen-s.jp/  及び エグノリジン http://yoiatama.info/S を摂取しており、
改善していますが、まだ完璧ではありません。たとえば、会社に行く日を間違えそうになり、母に指摘される。小旅行で仕事でいないはずの妹がいなかったかと何度も聞く。短期記憶も苦手です。
しかしながら、日経新聞をよく読み、株の取引をネットで行う、週1で顧問の仕事も継続しております。アリセプトは家族の意向で服用させていません。治ることがない、副作用のある薬をなぜ服用しなければいけないのか。早期発見、早期治療というのは一体何なのか。いまだ疑問です。
そこで、本人にとって最も良い社会奉仕活動、『週1の顧問の仕事』を継続できるよう、冬虫夏草http://tohakunosan.com/も試してみたいのですが、サプリメントの飲み合わせが問題ないか、
わかりません。(各機関は自製品を一番と考えられているはずですから、飲み合わせについては前向きではないと思われます。)
また糖尿病で薬を服用しているため、血糖値の改善になればいいかと思っています。
そこで上記3製品(プラズマローゲン、エグノリジンs、冬虫夏草)を摂取しても成分上問題ないでしょうか。
また先生の患者様で複数のサプリメントを試してみる方がいらっしゃれば教えて頂きたく。
よろしくお願いいたします。

認知症の生活療法

誠一さんへの回答
認知症の生活療法の中でどの様なアクティビティーに、顕著な効果が見られるのかとのご質問ですが、なかなか難しい質問です。何故なら効果的なアクティビティーには個人差があるからです。音楽療法が良い人もいれば会話による回想療法(昔の青春時代が中心の話)が効果的な人もいます。雑誌や新聞の音読療法でかなり効果の上がった方もいますし、オシャレ感覚を取り戻す事により他人から見られる事の意識化に繋がり、認知機能が向上したお年寄りもいます。この様にどの様な生活療法が最も効果的かは人様々です。ですから通常の生活療法は幾つものアクティビティーを組み合わせていきます。運動療法(散歩やラジオ体操など)に音読療法、回想療法、音楽療法などの組み合わせです。




いつもブログを拝見させていただいています。
タカオさんへの回答を読ませていただきました。
2つの症例があり、とても興味深かったのですが1つ質問があります。
生活療法で認知機能が改善が認められる事は理解出来たのですが、生活療法にもいろいろな種類があると思われます。
個人差はあるでしょうが、どのようなアクティビティーに顕著な効果が見られるのでしょうか❓

認知症の生活療法

タカオさんへの回答
生活療法が認知症にどれ程の効果を上げる事が出来るかのご質問ですが、幾つかの学術論文がありますのでそれらを参考にしながら考えて行きたいと思います。一番目は2010年「立命館人間科学研究」の (3年間での認知症高齢者の変化過程に関する介入研究) と言う報告があります。平均年令83歳で認知課題を遂行したグループ28名と学習をしなかったグループ11名との比較です。3年間の研究では学習グループでは認知機能の低下がほとんど見られなかったが、非学習グループではMMSE30点満点で1~1.5ポイントの認知機能低下が見られたとの報告でした。もう一つは関根麻子等による「老健における認知症短期集中リハビリテーション5原則に基づく介入効果」2013年 Dementia Japan 27よりの報告があります。
介護老人保健施設で平成23年1月から122名の認知症高齢者(平均年令84.5才)に認知症短期リハビリを週3回、1回20分間を3ヶ月間にわたり実施しました。その結果は長谷川スケールで1~2ポイントの上昇が有意に認められました。それ以外にも種々の学術論文はありますが、上記2例の紹介に今回は留めさせて頂きます。これら生活療法(認知症リハビリ)は介護保険や医療保険の限られた保険点数の中で実施されているだけですから、保険制度がもう少し緩和され認知症リハビリに多くの時間をかける事が出来る様になれば、せめて週3回、一回20分間ではなく週4~5回で一回40分間以上の認知症リハビリが許される様になれば認知機能の向上はもっと認められると思うのですが。国の予算の都合で現状ではその様なリハビリの実施は認められていません。



先生のブログを時々拝見させている者ですが、以前より疑問に抱いている事がありまして、今日は私のそんな疑問に答えて頂きたく、始めて質問をさせて頂きます。先生は常々に認知症治療の第一番は生活療法にあると仰っていますが実際の所、生活療法でどれ程効果が上がるものか是非ご教示下さい。

認知症の生活療法

KKさんへの回答
生活療法の基本はアウト・ドアにあります。杖歩行でも、車いすでも出来る限り、散歩に連れ出す事です。ベッド上での生活を余儀なくされているなら昼間はカーテンを開け、日の光を少しでも多く取り入れる事です。下肢の衰えは肉体の衰えに繋がり、それが加速度的に認知症への移行を早めます。日の光の刺激も認知症の防止に繋がります。次に重要な事は、常に声をかけコミュニケーションを取り続けて大脳への言語による刺激を続ける事です。一緒に歌を歌ったりするのは最良の治療効果をあげます。童謡とか、お年寄りの方の青春時代の歌などが効果的だと言われています。三番目に重要な事は出来る限り楽しい雰囲気で、少なくても二人以上で食事をする習慣をつける事です。最後に重要な事は尿や便の失禁に対するご家族の対応です。布団や部屋が汚されたからといって叱責するのは厳禁です。わざと汚している訳ではないのです。それなりの事情があるのです。そこには隠されたシグナルが内在しているのです。ただ多くの人たちが、そのシグナルを見落としているのです。そのシグナルを発見出来るかどうかは肉親の愛情にもかかっているのです。



成川先生に質問です。
先生のブログを拝見していますが、
認知症の治療には生活療法が効果があるとありますが、実際どのような関わり方が効果があるのでしょう?
また、先生が患者さんに指導していることがあったら、具体的に教えてください。
KK

認知症の生活療法

オオニシさんへの回答
78歳のお母さまがアルツハイマー病に罹っいらっしゃるとの事ですが、現在の基本的治療方針は生活療法にあると言われています。ほとんどの医者は、治療にエーザイのアリセプトという薬を製薬会社の治療方針に従って多用されています。アリセプトと言う薬自体は決して悪い薬ではありませんが、使い方に問題があるのです。アリセプトの処方の仕方を熟知した医者が使う分には良いのですが、ともかく過剰投与には注意して下さい。逆に認知症を悪化させてしまうこともありますから。さて話を生活療法に戻しましょう。第一に散歩等の運動を積極的に取り入れましょう。車いすでの散歩でもかまいません。毎日、歌を歌いましょう。そのご老人の青春時代の歌がベストです。なるべく昔話に耳を貸しましょう。そうやって少しでもコミュニケーションを取る時間を多く取るように心がけて下さい。



質問
成川先生に質問です。
78歳の母はアルツハイマー型の認知症で、主治医からアリセプトを処方されお薬を飲んでいます。
お薬は特効薬ではなく、進行を遅らせるためのものだと聞いています。
もし、薬に頼ることが出来ないとしたら、日々の生活を家族としてどのように関わったら本人にとって幸せかを教えてください。
お願いします。
オオニシ

アルツハイマーの生活療法

市川さん、81歳のお母様が介護施設に入所中との事ですが、問題行動が少なく、もの忘れだけが進行しているとの事ですが、この場合はアルツハイマー病が考えられます。この病状の悪化を防ぐには、最大の治療法は家族の理解と愛情です。先ず否定的な言葉かけは、絶対的な禁忌です。「お母さん、そうじゃないでしょう。さっきも同じ事を言ったでしょう。今、ご飯を食べたばかりでしょう」などの言葉かけです。すべては肯定から入るのが原則です。2~3才の子供が「だって本当にお化けが、そこの公園に出たんだ」と言っても、それを真剣には否定しないのと同じです。この様に認知症のご老人に、どの様に対応している介護施設であるか、どうかでも認知症の進行は格段に違って来ます。アルツハイマー病の基本治療は薬物ではなく、生活療法にあります。薬はその次にあるものです。
市川と申します。<現在、介護施設に81歳の母が入所しています。元々、同居はしていませんでしたので、明確に何時が発症なのかわかりませんが、最近特に物忘れが進んでいる様に思えます。面会に行った時、昔の話はよくするのですが、今日の午前に入浴したことも覚えておりません。問題行動はありませんが、このまま症状が進んで、私(息子)のこともわからなくなくと思うと不安でたまりません。最終的にはどのように考えたらよろしいのですか。市川