美しい老後を迎えるには

岡本さんへの回答
定年退職後の人生を如何に充実して生きるかとのご質問と承りましたが、これには二つの問題があります。一つは経済的余裕の問題です。少なくても後20数年以上の生活は考えて生活設計をして行かなければならない訳です。更に75歳を過ぎた頃からは医療費や介護費等で、それまで以上に生活上の支出が増える危険性があります。その意味では今後10年ぐらいは今迄のキャリアを活かした仕事、もしくは企業相談あるいは小さなベンチヤー企業を立ち上げる等の試みも考慮すべきかもしれません。リスクは極力回避しなければいけませんが。それでも新しい仕事への意欲を持ち続ける気持ちが、どれだけ認知症への道から回避できる事か計り知れないものがあります。常に努力する姿勢こそ、それによりこそ自分の生きるべき道が見出せるものと私は信じて疑いません。私自身がこれまで生きてきた67年間で、どれだけ多くの失敗と経済的窮乏を味わって来た事か、そんな時に常に思うのが「ともかく基本に帰ろう」と言う思いです。30数年間の病院経営の辛さは味わったものにしか決して分からないと言う思いです。親に猛反対され、それでも自分自身が医者(当初は精神科医を目指し途中から内科医に変更)への道を諦め切れず、2年間の予備校生活の上でやっと合格した医学部でした。10年間の大学病院での臨床医としての生活、昭和59年から立ち上げた現在の緑協和病院、余りに厳しい病院経営に幾度も逃げ出したくなる思いに駆られた事か。そしてそんな時の思いの常が「基本に帰ろう」と。誰の為の病院なのか、経営が苦しなればなる程に患者さんの為の病院になっていないのかの反省です。つい私事の話になってしまい申し訳ありません。次に岡本さんの経済的余裕が十分なものであったとしてもですね、何かしらの社会的関わりを持ち続ける気持ちは必要です。人は社会の中で生き、社会の中で活かされていると思うのです。これまでの会社の部下たちの相談役になってみるのも一つの考え方だし、あるいは地域社会に貢献するのも立派なお仕事でしょうし、学生時代の交友関係からも何か重要なテーマが見つかるかもしれませよね。それとも今迄の趣味的なものを深めて行くのも一つの考えでしょうね。色々と雑多な事を書き続けて来ましたが、何かの参考になれば幸いです。最後にその様な前向きの生き方こそ認知症には成りにくい、美しい老後を迎える条件となるのではないかと思えてならないのですが。



今年の4月で定年退職した者です。私は大学卒業後、一部上場企業に就職し、38年間自社一筋で働いて参りました。勤続年数も長かったため、比較的出世もスムーズに行き、50歳からの10年間は部長職を全うしてきました。部下も100人程いて、人を使う難しさもありましたが、それ以上にやりがいを感じていました。そんな中、今年の4月に定年を迎え、65歳まで契約社員という道もありましたが、色々考えた末、退職の道を選びました。自分では「まだまだ60歳、もう一花咲かせられる」という自信はあります。しかし組織にとって人の循環の重要性も理解しています。私自信が人に使われることを拒絶しているため、未だ新たな職につかず家にいる毎日が続いています。一度しかない人生、燃え尽きるまで頑張ってみたかったです。少々感情的な質問になりましたが先生からアドバイスを戴けたら幸いです。

美しい老後を迎えるには

逸郎さんへの回答
どのような生活をしたら美しい老後を貫くことができますか、との質問ですが67歳の現在の私にとって、誰でもない自分自身の最大テーマです。詳しくはyou tubeでの私の講演( 約一時間)を見て頂ければ最も分かりやすいのですが、簡単に言えば誰との比較でもなく自分自身の人生を堂々と生きていけば良いのです。多くの人の不幸は他人との比較から始まります。あの人は金銭的に恵まれているとか、社会的地位が高いとか、だから今の自分はどうにもならないとか、意味のない比較の中で、人は自分を卑下したり、愚かな優越感に浸ったりするのです。そんな事は美しい老後とは無縁の世界です。ただ重要な事は生涯現役を通し続ける姿勢を貫くことです。会社に勤めているとか、退職したとかの、話しではないのです。一人の人間としてボランティアなども考慮に入れながら、如何に社会の中で死ぬまで生き続けて行けるかが重要ではないのでしようか。

 You Tube 緑協和病院 開院30周年記念講演 「美しい老後を迎えるために」



成川先生はじめまして。
私は60歳の男性です。
私の周りに最近物忘れがひどくなった友人が何人かいます。
認知症ではないかとは思いますが、私も自分が将来認知症になるのではと心配でなりません。
どのような生活をしたら美しい老後を貫くことができますか⁉️
逸郎

美しい老後を迎えるには

松山さんへの回答
自立した人間としての老後を過ごすには、ウォーキング等の健康管理が重要な事は言うまでもありませが、それ以上に重要な事は、常に社会との関わりを持ち続ける様に努力する事です。種々のサークル活動に参加するとか、ボランティア的な社会奉仕をするとかで、家庭の中に閉じこもっていてはいけません。基本的に人間は社会的な動物ですから、社会との関わりを持たなくなればなる程、社会からも忘れられ、孤独な寂しい人生から認知症への道へと突き進んでしまうのです。



No title
認知症の予防について質問です。
現在私は70歳の男性です。
最近同年代を見渡してみると健康面においてかなりのばらつきがあることに気がつきました。
特に現役で仕事をされている方と隠居生活に入っている方を比べると、差が歴然としているように見受けられます。

私は3年前にすでに仕事を退職しほぼ一日家におります。
家にいるだけではいけないと思い、気が向いた際ウォーキングや妻と買い物にでかける程度です。
美しい老後の話にも繋がりますが、認知症を患わず、自立した人間として老後を過ごすにはどのようにすればよろしいでしょうか?

アドバイスをお願い致します。
松山

美しい老後を迎えるには

MKさんへの回答
美しい老後の一歩とは、あるがままの自分を肯定する事から始まります。哲人アルフレッド・アドラーは私たちに、こう教えてくれています。「私たちの不幸の根本は他人との比較から始まる」と。認知症の予防や治療法は未だ混迷を極めています。かく言う私も何時、認知症になるのか分かりません。それでも私は精一杯、自分の人生を生き抜きたいと願っています。明日、交通事故で死ぬかもしれませし、癌の告知を受けるかもしれません。美しい老後の根本とは、老いて行く自分自身を素直に、何の焦りも感じず静かに見つめる事から始まるのではないでしょうか。私は毎日、一日もかかさず日記を書き続けています。30年以上は続いています。日記を書き続ける事じたいが、認知症の予防につながると言うのは良く知られた事実です。他人との比較ではなく、自分自身の人生を前向きに生きている人で認知症になる人は稀です。癌の告知を受けても堂々と死んで逝きたいと、私は願って止みません。



70歳の主婦です。
年齢相応の物忘れがありますが、認知症ではないと思っています。
先生の美しい老後のビデオを拝見しました。
あのように生きられたらどんなに良いかと思いますが、私はこれからの自分の老後が心配です。
例えば自分が認知症になった時、どのような生活になるのか、また自分の事は分からなくなるわけですから、病気の時の意思決定は自分で出来ない怖さ。
いろいろ考えると恐ろしくなります。
どうしたら美しい老後の一歩を踏み出せますでしょうか?
MK