認知症の質問を受けつけます。

 横浜市青葉区にあります緑協和病院の成川と申します。これからは皆さま方の貴重なご意見を拝聴しながら、認知症の治療に取り組んで行きたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 先ず認知症と昨今言われている概念ですが、大雑把に言えば、脳血管性認知症(VD)と、これまで老人性認知症と言われていた病状は次のように分類されています。つまり、アルツハイマー型認知症(ATD)、ピック病もしくは前頭側頭型認知症(FTD)、さらにレビー小体型認知症(DLB)と言われているものに大別されます。
これからも時代の進展とともに認知症の病型はさらに細分化されていくと思いますが、現時点では上記の病型分類で事は足りると思います。診断と治療法は未だ十分には確立されてはおらず、専門医の間でも、かなり意見は別れています。それでも私たち臨床医は学会文献にのみ、とらわれず日々の診療を通じて、その指針とすべきものは患者さまの訴えや、ご家族さまの介護苦労や時に医療不信にも出来る限り何かしらの道しるべを一緒に見出せないものかと考えて、このBlogを立ち上げました。

 それでは、これからBlogで頻回に使われる用語の説明をします。

(1) アルツハイマーのピック化
アルツハイマー型認知症にピック病 (前頭側頭型認知症)の合併した病状で物忘れが中核症状のアルツハイマーに加え、暴言妄想が中核のピック病が合併した症状をピック化と言います。
(2) アルツハイマーのレビー化
アルツハイマー型認知症にレビー小体型認知症が合併した病状で、物忘れに加え幻覚やうつ症状さらにパーキンソン症状が付け加わった病状です。
(3) レビー・ピックコンプレックス
レビー小体型認知症にピック病の合併した病状で暴言妄想に加えパーキンソ症状さらに薬剤過敏症状(風邪薬でもアレルギー症状が強く出る、これがレビー小体型認知症の特徴の一つ)や睡眠障害(REM睡眠障害)等が見られる病状です。
(4) その他
脳血管障害にアルツハイマーの合併や、脳血管障害にピック病もしくはレビー小体型認知症の合併とか、ともかく一口に認知症と言っても、その病型は複雑多岐にわたり私たち臨床医を悩ませているのです。
 
 以上、簡単な説明ではありますが、より詳細な事はご質問にて承ります。
それでは皆さま方のご質問、アドバイス、その他叱責等も多数頂けます事を希望して止みません。

これまでに寄せられたご質問をまとめております。
左のカテゴリよりご覧下さい。



☆こちらに記載されていた脳内ホルモン性格テストは、脳内ホルモンのカテゴリに入っています。


ご質問と回答


想い出は風の彼方に


霜月の夕暮れ


認知症詩集


美しい老後を迎えるには

ウィッシュさんへの回答

88才のお父さまが数日前から急に言動がおかしくなったとの、お話しですがどの様におかしくなって来たのでしょうか?…舌がもつれる様な言語機能が落ちて来たのか、暴言妄想の様なものが出て来たのか…具体的なご説明がないので回答に困ります。
舌がもつれる様な言語機能の低下ですと微小血管(脳)の障害が考えられますし、暴言妄想が出て来たのならアリセプトの副作用かピック現象なども考慮しなければならないでしょう。一口に認知症と言ってもピック病もあれば、アルツハイマー型認知症もあるし、レビー小体型認知症もありますし、それ以外の混合型もあったりして、その診断もかなり難しいのです。その病型によって治療法にも違いが出て来ます。ただ一言申し上げれば従来から言われていた様にアルツハイマー型認知症は以外にも少ないのです。
ウィッシュさんにお願いしたい事は、
ご質問の内容にもう少し具体性が欲しいのです。どの様な認知症の診断なのか、どんなお薬を飲んでいるのか等です。
早速質問させて頂きます。88歳の父ですが、母が他界してから3年以上一人暮らしで無事過ごしていました。それが数日前から急に言動がおかしくなり、習慣になっていた服薬さえ理解出来ない様子です。一ヶ月に3度ほどのペースで父の元に通っていましたが、今まで兆候らしきものを感じた事がありませんでした。これほど急に認知症に移行するものなのでしょうか?急過ぎる変化と出る症状の重さに戸惑っています。よろしくお願いします。

れいさんへの再回答

れいさんへの再回答
先ずはお詫びからです。れいさんの2番目のお子さんを出産すべきではないと申し上げましたが、これは医師としての意見としては明らかに越権行為です。
一人の人間の誕生をどうするかは、あくまでご夫婦で相談すべき事で医者などが口を挟む話ではないのです。私の軽率な発言を深く謝罪します。
では本題に入ります。始めにお母様の髄液検査からタウ蛋白が正常以に検出されたとのお話しと物忘れ以外に、これと云った症状は何もないとの話でたしので私はてっきりATDと判断したのです。
しかし今回の説明では物忘れ以前から人格変化が出現していたとの事ですから、その病状から見る限りATDではなくFTDでしょう。髄液検査の結果判断は難しい所です。タウ蛋白が髄液から多量に検出されるATDもあるのです。学会報告でも意見が未だ別れているのです。それはともかくとしてFTDの診断は正しいでしょう。さらにFTDの特徴は脳内ホルモンのドーパミンが大量に産出されている事です。それ故に極端な怒り方をするのです。この治療法としては脳内ホルモンのバランスを整える事です。通常はやや強めの精神安定剤が使われます。
しかし、この精神安定剤の使用法はかなりの熟練を要し極めて少ない医者しか出来ません。大学病院や総合病院でも、この熟練に精通した医者はなかなか見つかりません。有名大学から送られて来た患者さんでも驚く程の処方に間違いが見つかります。精通安定剤と聞くと何か恐ろしい気持ちが先に立ちますが多くは処方量の間違いから発生します。熟練した認知症専門医はウインタミン細粒15mg(1日量)を朝、夕の二分法から試みます。ただ脳内ホルモンのバランスの崩れ方はかなりの個人差がありますので、この量が確実かと言いますとお母様を直接拝見させて頂いていない私には充分な自信を持って、お答えするのは困難です。投与量は1週間ごとに調整して行きます。大学病院の様に検査だけで2~3カ月も平気で処方する感覚は私には理解出来ません。個人差を充分に観察しながら投与量を微量調整して行けば副作用の心配はありません。それを患者さんを診もしないで2~3ヶ月も漫然と処方するから危険な副作用が発生しやすくなるのです。
その精神が安定した所で生活療法や脳トレーニングを導入して行くのです。
これが正しいFTDの治療法です。あくまで現代医学の範囲の話ですが…
大学病院でクエチァピンやセレネース等の処方を初回に2~3ヶ月も出されたら、もう一度、私に相談して下さい。もしアリセプトなど出す医者がいたら絶対に服用してはいけません。何故ならアリセプトは興奮感情を増大するからです。妄想や興奮感情の強い方にはアリセプトは禁止薬物なのです。ですから、そんな病院には二度と近づいてはいけません。
現代医学でもFTDのコントロールは相当に可能です。完全治療法とまでは行ってはいませんが。大学病院や総合病院で出来るかは疑問ですが…
認知症の熟練医が大学などにいるとは思えないのです。それは医師の人格形成も伴うからです。先ずお勧め出来る医療機関としては「河野メソッド実践医」をネットで調べて下さい。
また貴女の遺伝子検査の事は一度「遺伝子カウンセラー」と相談して下さい。これもネットで調べられます。



早速ご丁寧にご回答いただきありがとうございます。
2人目はそうですね、遺伝のことは別としても、仮に母の症状が数年で進んだ場合、幼児を見ながらの介護はかなり厳しいと思います。
一方、病名ですが、母に再確認したところFTD前頭側頭型認知症でした。アミロイドβ蛋白は正常、タウ蛋白の数値が高い(正常値の2倍)ことから、ATDではなく、FTDとの診断を受けたそうです。
ATDの場合、アミロイドβ蛋白とタウ蛋白両方高いのだそうです。
物忘れが激しくなったのはここ数年のことで、以前よりとにかく瞬間湯沸し器のように、すぐ怒る、怒り出したら止まらない、被害妄想、気持ちの浮き沈みが激しい、不眠症といった症状があります。
それは性格的なものや、更年期障害かと思っていたのですが、ひょっとしたらこれが初期症状なのでしょうか。
他界した叔父は40代で若年性認知症と診断を受け、50歳で他界。頭は非常に良かったのに、若い時から詐欺等異常行動を繰り返していたそうです。
祖父は正義感の強い人で、母の他の兄弟たちも至って普通なのに、叔父だけ何故こうなったんだろうと、当時はみんな首を傾げていました。
40代に入ってから、段々とですが、喋らなくなり、歩行を含む動作が遅くなってから、これはおかしいと周りが気づき病院に連れて行ったのだそうです。その時点では既に症状は進み、脳全体が萎縮していたそうです。
叔母も55で他界。やはり段々と会話も歩行も遅くなってから病院にかかり、既に脳が萎縮していました。
祖母は叔父叔母と違い症状が進むにつれ暴れることが多かったようで、祖母も曽祖母も50代で亡くなっています。
現在発症中の叔母(60歳)は喋ることや動くことが少なくなり、一日中家でジッとしているようです。
母は医療関係の仕事をしており、毎日忙しく、休日は趣味のダンスをやったりと、ゆっくり休んでいるところを見たことがありません。
それが発症を遅らせているのではないかと、本人は考えており、以前よりも増して仕事などに打ち込んでいるように見えます。
遺伝性の認知症であれば、おっしゃるように避けることはできず、今の医学では治療は難しい。
FDT(FTD?)は原因もよくわかっていないため、治療法すらありません。
ですが、認知症は長寿国の日本にとって大きな課題であり、今急ピッチに研究が進められていると聞きます。
10年後20年後治療法が見つかるかもしれません。そんな期待がありますので、決して自分がこの病気を持っているか否かで希望を捨てるようなことはありません。
むしろ、病気を知っておけば、近い将来の発症リスクに向けて、しかる準備ができるので、遺伝子検査を希望しています。
倫理的な問題で発症前は受けることができないということですが、研究材料として扱うこともできないのでしょうか。
もし自分も遺伝されているのであれば、子供も受け継がれている可能性が高く、願わくば子供の代には治療法が見つかり、認知症はガンのように治る病気という時代になってほしいです。

認知症の分類

n.k.さんへの回答
混合性認知症のご質問ですが、まずは下記の分類を見て下さい。
アルツハイマー型認知症45%
脳血管性認知症 25%
混合性認知症 15%
レビー小体型認知症 10%
前頭側頭型認知症 5~10%
( ピック病を含む)
脳血管性認知症を除く
他の認知症の多くは、神経細胞変性症と言われる病態にあります。変性症の意味は、年齢と供に頭髪の白髪が増えるとか、頭髪が薄くなるとか言った変化が、神経細胞にも起こっていると言う意味です。アルツハイマー型認知症は側頭葉の海馬(記憶中枢) 周辺に起きた神経細胞変性症です。レビー小体型認知症は頭頂葉から後頭葉周辺に起きた神経細胞変性症です。前頭側頭型認知症は前頭葉から側頭葉周辺に起きた神経細胞変性症です。混合性認知症の意味は脳梗塞を起こした方が更に側頭葉周辺に神経細胞変性症が合併して脳血管性認知症➕アルツハイマー型認知症の病態を示していると言う意味です。またレビー小体型認知症に加えて前頭前野に神経細胞変性症が合併すればピック病の症状も同時に見られと言う事です。この病態はレビー・ピックコンプレックスと言われる病気で、非常に多彩な症状を表します。それ以外にもアルツハイマーとピックの混合型とか、幾種類もの組み合わせがあって認知症の診断を、より難しくしているのです。
2015-6-26-01.jpg
図:PHPサイエンス・ワールド新書「認知症の正体 診断・治療・予防の最前線」飯島祐一/佐古泰司 著より


10日程前から先生の認知症ブログを時々拝読させて頂いております、認知症手前の一老人ですが、混合性認知症の意味が、何か良くわかりません。素人の私に分かりやすく教えてください。
n.k.

認知症の分類

SKさんへの回答
認知症の原因疾患の割合は、厚生労働省の報告、各大学病院での発表その他、また年代別によっても色々あって、迷う所ですが最近の報告ではアルツハイマー病の割合は少なくなっています。10年以上前までは60%以上がアルツハイマー病と言われていましたが、認知症の研究が進むにつれ、その割合は減少しているようです。明確なデータは示しにくいのですが最近の各種の報告を見ておりますと、大体つぎの様なデータ割合になると思います。
アルツハイマー病 45%
脳血管性認知症 25%
混合性認知症 15%
レビー小体型 10%
前頭側頭型認知症 5~10%
( ピック病を含む)


認知症の質問
初めまして。
パソコンで調べ物をしているうちに、先生の「認知症と美しい老後」にたどり着きました。
認知症といえば、アルツハイマー型認知症が有名ですが、先生のブログを拝見させていただくと、認知症を細かく分類されていると思います。実際の現場では、どのような認知症があるのでしょうか。
SK