青田克己さんへの回答

先ずは10数年前までは、アルツハイマー型認知症が老人性認知症の中で50~60%ぐらいの発生頻度であると言われていましたが、昨今では15~20%ぐらいの頻度ではないかと言われています。未だ多くの医師のなかには古い統計数字から抜け出せない方も見られますが、認知症専門医の間ではアルツハイマー型認知症(ATD)より、レビー小体型認知症(DLB)の発生頻度は40~50%と、はるかに高いと云う認識が拡がっています。また、それ以上にATDやDLBと云う単一の認知症ではなく、それらが複雑に入り混じった混合性の認知症が問題視されています。この混合性認知症が、通常の専門医の間でも認知症の診断を困難にしています。長谷川スケールやMRIなどでは計り知れない診断能力が必要となっています。日本認知症学会が正式に発足したのは2005年ですから、「認知症」と云う学問自体が未だ発展途上にあり、専門医の間でも多くの試行錯誤が繰り返されています。厚労省から正式に認可された認知症薬の中にも、この40年余り効果の否定された医薬品がどれほど多い事か。日本の一流大学病院で推奨された医薬品がですよ…ましてサプリメントの全ては厚労省の審査基準にさえ入っていないのです。そうは言っても、患者さん方の多くに頼まれて私も10種類ぐらいのサプリメントを使用してみましたが、その効果は疑問な物が殆んどでした。ジオニスゲンの効果は使用経験がないので責任ある回答は出来ません。現在、認知症に関するサプリメントはどのくらい販売されていると思いますか?
恐らく数百種類は下らないでしょう。その9割以上は無効だという大学病院の調査報告も出ています。それでは残りの一割以下には効果のある物が…との疑問もありますが、それは恐らくプラセボ効果(偽薬であっても精神的に効果が感じられる)でしょう。
現在、認知症治療法の基本は医薬品ではなく、生活療法(散歩、規則正しい生活)、脳トレーニング、音楽療法(懐メロや童謡)、身だしなみを整える(衣服に気を使う事により認知症が改善したと云う報告は幾つもあります)、生活習慣病(高血圧、糖尿病、喫煙、慢性の飲酒)に注意を払う事の方が、認知症治療法には効果が大きいと言われています。医薬品は補助的な手段でしかありません。将来的には認知症の根本的な治療法が見つかるかもしれませんが…
➖ご質問➖
母親が現在、79歳です。
母親がかかりつけ医で、薬の飲み忘れが多いので、長谷川式テストを受けたら、21点で、軽度認知症の可能性が高いと言われ、MRIを受けました。
まだ、かかりつけ医の正式な診断は、出ていませんが、認知症と聞いて、ショックを受けています。
今、服用しているのは、漢方薬 抑肝散です。
日常生活は、炊事、洗濯、買い物、掃除とすべて、何の支障もなくこなしますが、時々、時間、年齢の見当障害を起こします。
歩くこと、話すことを積極的に行っていますが
以前、富山大学が山芋がアルツハイマー病にこうがあるとニュースで聞きました。
その山芋の有効成分である抽出成分であるジオニスゲンのサプリは、効果があるとおもわれますでしょうか?
わかる範囲でイイのでお教えください。

一成さんへの回答(再)

一成さんへの回答(再)
サプリメントが認知症にどの程度の効果があるかとの、ご質問ですがお答えは難しいです。これまでにも外来患者さんからのご相談で、私も幾つか試してみましたし、メーカーの方とお話しをする機会があったりもして多くの情報も頂きました。自分自身でも何種類かは使ってみたりもしました。60歳を過ぎて私自身が記憶力の衰えを感じていましたので、自分の身体で試してみたかったのです。アリセプトも一度は自分で服用してみましたが、これは随分と辛い思いをしました。私の昔からの習慣なのですが、患者さん方に使う薬は一度は自分で服用する様にしています。抗ガン剤などは別ですが…
睡眠薬や認知症薬などが中心ですが…
結論から申し上げれば何種類かのサプリメントで、それぞれ4週間以上は服用して私の記憶力が向上したと云う経験は持っていません。自分自身で毎日、脳トレする事の方が私にとっては効果が上がっています。筋トレも毎日行っています。腕立て伏せ40回、腹筋50回、その他の屈伸運動を毎晩20分以上は心がけています。脳トレ、筋トレのどちらも重要だと考えています。
「ご質問」
成川様、回答くださったのにお礼の返信ができずに申し訳ございました。 改めまして本当にありがとうございました。
約二週間がたちます。成川様に伝え忘れていましたが、アリセプトを止めた時からホタテから抽出したプラズマローゲンを服用させています。医薬品じゃないし高額なので不安もあります。
毎週日曜日に長谷川式のテストをやっておりますが22~23点と目立った変化はありません。 毎週やるものではないのかも知れませんが。
成川様はサプリメントに対しては良いとも悪いとも思われていないようですが、サプリメントを服用するなら脳トレなどに切り替えた方が良いでしょうか? 
もし良ければ回答よろしくお願いします。

認知症とサプリメント

智子さんへの回答
認知症に効果があると言われているサプリメントは多数あって、その効果判定には認知症専門医でも苦慮しています。私自身、興味もあって試したサプリメントもあります。少しは効いたかなと思う物もあれば、まるで効果のない物もあります。サプリを全面的に否定する医師も多いですが、私の考えは柔軟です。しかし職業上、使用経験のないサプリメントを他人に勧める事は出来ません。
テレビで冬虫夏草が良いと聞き84才のお母さまに使用中との事ですが、ご質問の文面から拝察する限り恐らくは効果が出ているのでしょう。しかしサプリメントと言えども長期に服用している間に副作用の出る事もあります。その様な時には医薬品としては認定されていませんので、誰も責任は取れません。一時は癌に効くと高額なサプリメントが販売されていた事もありました。もちろん何の効果もありませんでしたし、その業者はいなくなってしまいました。NHKで報道される情報もかなり首を傾げる物も多々あります。結局、私達は医学的な精度と文献の内容を吟味して、さらに自分の臨床経験により認知症の治療に当たって行くしかないのです。まだ認知症と云う学問自体が発展途上なのです。たまたま使用したサプリメントがお母さまに効いているのであれば、それはそれで良かったと思います。何の回答にならず申し訳ありません。ただ、私が実際にお母さまを診察しながら、認知機能向上面、動作機能、感情コントロール、集中能力等をみさせて頂けるならば、私はもっと責任ある回答が出来ると思います。



76歳でアルツハイマ−型の認知症ががと診断され、現在84歳の母のことでお尋ねします。現在はパ−キンソン病も発症し、要介護5の状態で、歩くことと喋る76才ことができない状態です。2ヶ月前にテレビで冬虫夏草が良いと聞いたので、取り寄せて飲ませています。1ヶ月くらいして、体を頻繁に動かすようになりました。夜も、これまではベッドに寝かせると朝までそのままの状態だったのが、今ではベッドと垂直になるほど自分で動いています。膝を立てたり…して、少しずつ移動しているのだと思います。体調の変化は、この2ヶ月のことなので、原因が冬虫夏草しか考えられません。私は、多動を良い方向に捉えているのですが、どのように思われますか。良ければこのまま続けようと思います。宜しくご指導下さい。

認知症とサプリメント

やっこさんへの回答
先ずはサプリメントの件ですが、現在認知症に効果があると言われているサプリメントは多数販売されています。私自身サプリメントを使用してはいます。それなりの効果が認められる物もありそうです。しかし大半のサプリメントは、その効果に疑問をもちます。私は通常3~4ヶ月使用して効果の出ないものは、効果なしと判定します。効果とは明らかに認知機能が改善した物のみを指します。6畳の自分の部屋で迷子になり、出口と押し入れの区別がつかなく、尿もれを幾度も繰り返していた認知症の方が、サプリメントを飲んで3ヶ月目に出口と押し入れの区別がつく様になり、尿もれが改善されたな場合はサプリメントの効果が良好と判断できますよね。しかし大半のサプリメントは、この様な効果が認められません。次に認知症は必ず進行してしまうかの、ご質問ですが、それは如何に生活療法を上手に組み入れるかによって大きく変わります。病院での薬や検査だけが認知症の治療ではないのです。ホームヘルパーの利用などで毎日散歩させたり、ディサービスを受けたりでも、かなり認知症の進行はくい止められると思います。


※やっこさんのコメントは非公開コメントでした。