認知症の進行レベル

SSさんへの回答
認知症の進行レベルのご質問ですが、以前6月21日のymさんのご質問「認知症と寿命 」に補足する形で、説明を加えて行きたいと思います。認知症の夫々の病型での回答は未だ十分な統計資料もない現状でのお答えは困難ですので、今回はアルツハイマー型認知症を例として説明いたします。
先ずはアルツハイマー型認知症を( 1 ) 軽度 : 夕食の段取り、家計の管理、買物に支障をきたす。衣服を着る、入浴等は何とか可能。
( 2 ) 中等度: 買物は一人で出来ない。介助なしで適切な衣服を選べない。毎日の入浴は忘れる。
( 3 ) やや高度: 寝巻きの上に普段着を重ねる。靴の左右を間違える。尿便失禁が見られる。自宅での介護が困難
( 4 ) 高度: 日常会話が出来ない。介護なしで椅子に座れない。歩行機能の喪失、意識の低下等
一般的には軽度から中等度に移行するのに2~3年、更に中等度からやや高度まで2~3年その次への移行に又2~3年で全経過は10~15年と言う考え方が現時点では主流を占めている様です。ただ初老期認知症(64歳以下) では、上記説明の2倍の速度で進行が早まるとも言われています。これ以外にも途中経過で肺炎を起こしたり、急性心筋梗塞を起こしたりと、御高齢者では種々の合併症を起こしやすいですから、認知症と寿命の関係は簡単には説明しかねます。


義兄の事で相談させてください。
現在68才で約1年半位前に認知症と診断され薬を服用しています。
当時、姉から聞いていた話より進行が速く感じられます。
担当医師から直接話を聞いた訳ではなく、姉にとって都合のいい解釈だったかもしれません。
先生にお伺いしたいのは、認知症の進行のレベルや、進行していく年数(スピード)などです。(もちろん個人差も、認知症の種類での差もあると思います)
どうしても気になり教えて頂きたいのです。
よろしくお願い致します。