青田克己さんへの回答(再々)

「MCIと軽度認知症の違いは何でしょうか?」
との、ご質問ですが、MCIの定義は次の通りです。
【5つの定義】
1.記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
2.日常生活動作は正常
3.全般的認知機能は正常
4.年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
5.認知症ではない
MCIは、通常「軽度認知障害」と解釈されており長谷川スケールでは21点以上とされております。
ですから「軽度認知症」をあえて定義づけるとすれば長谷川スケールで20点以下17点以上となるかもしれません。
またMCIはその症状と対応によって回復したり、発症が遅延したりすることがあると言われています。
さらにMCIを放置すると、認知機能の低下が続き、5年間で約50%の人は本格的な認知症へ進行すると言われています。
ここで必要なのが生活療法と脳トレーニングさらに生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症、慢性飲酒や喫煙『受動喫煙も含みます』、抗精神病薬の服用)の改善です。一口に脳トレーニングと言っても、その方法論には色々なテクニックがあります。自己宣伝になりますが、脳トレーニングに関しましては私のブログ小説「霜月の夕暮れ」を、お読み頂ければ参考になると思います。
次に「海馬の萎縮が止められないのに、MCIは改善できるというのがよく、わかりません」とありましたが、1回15分、1日に朝夕の2回の脳トレーニング実施で海馬の萎縮速度は大幅に軽減します。
問題は、急がせない、リラックスした気分を出来る限り保つ事、笑顔を絶やさない、どんなに間違っても決して責めない…など家族側の精神訓練も必要な事です。ですから私の認知症外来では、ご家族の教育にもかなりの時間を使います。
【ご質問】
母親が長谷川式テストで21点でしたが、
これって、MCIだと思うのですが、医師から、軽度認知症と言われました。
日常生活は、全く、支障がないのですが
テレビなどで
MCIだと、リハビリで治ると聞きました。
このMCIと軽度認知症の違いは何でしょうか?
海馬の萎縮が止められないのに、MCIは改善できるというのがよく、わかりません。

美香子さんへの回答(再再)

現在服用中のお薬を長期に使用なさっていると、記憶力の低下や認知機能の障害は深刻化する危険性はあるでしょね。では、どうすれば良いのか?
それはカウンセリングを通じて生活及び心の在り方を改善する道を探し出す事ですが、これも容易でないでしょう。
先ずは家族の中で、如何にして自分の立ち位置を確立させるかです。余りにも多くの問題を抱えている貴女の現状は、この間の診察時に聞かせて頂きましたが、それでも貴女の精神のバランスを保つ方法は家族全体で考えなければならないでしょう。極端に言えば、自分の部屋に鍵を掛けてでも規則正しい生活と睡眠のリズムを取り戻して現在、貴女が服用している薬を大幅に減量しない限り家庭全体が大変な状況になって行くでしょう…!
現実に年金証書と手帳を無くしてしまう様な状況が起きているのです。それと私が親しくしている神経科のドクターに相談してみましたが、6年以上も診て頂いている今までのドクターを無視して貴女とご家族の診察を引き受けるのは困難であると言われてしまいました。これまでのドクターの紹介状でもあれば別でしょうが…
ともかく貴女の心のバランスを保つにはどうすれば良いのかは、一つ一つを丁寧に考えて解き明かして行くしかないでしょう。
その為には、ご主人共々私の外来に来て頂いて皆んなで良い方法を探って行くしかないのでしょうか。
繰り返しますが、このまま放置しておくと、ご家族にとっては大変な状況になってしまうでしょう。勇気を持って大きな決断が必要となると思います。
      【  ご質問】
今日は長い診察の時間をとって下さり大変にありがとうございました。うつ病の薬や生活習慣の影響とのことで少し落ち込んでしまいました。現在の状況が続くと認知障害もすすんでしまうのでしょうか?最近も、大事な年金証書と手帳をなくして思いだせなかったり、簡単な漢字が書けなかったりしています。よろしくお願いいたします。

(再)美香子さんへの回答

もちろん、私の外来に来て頂いて結構です。一様、私の外来診察日をお知らいたします。火曜(午前)、木曜(午後)と金曜(午前)です。予約制ですが、初回は予約なしでも外来診察は可能です。でも、可能ならお電話で予約頂けると幸いです。緑協和病院 045(962)6666となります。
【ご質問】
たび重なる質問で申し訳ありません。私は横浜市に住んでおります。精神障害のため精神科クリニックに月一度通っていますがクリニックには認知症外来がありません。成川先生に診ていただくことはできますでしょうか。ぶしつけなお願いで申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

美香子さんへの回答

美香子さんへの回答55歳で長谷川スケール25点で、日常生活にも多分に支障が来ている様ですから診断的には残念ながら「軽度認知障害」に該当すると思います。病院でMRIの検査を受けてみるべきだと思います。治療法の根本は生活療法が中心です。アリセプトなどの薬では症状の改善も認められますが、易興奮性(興奮しやすくなる)などの副作用報告が多く見られますので、先ずは生活療法(規則正しい朝の散歩30分)と脳トレーニング(詳細は後で説明します)を毎日実施することです。それに食事の支度も面倒がらずに、小まめにおかずの量も増やして味付けにも工夫を怠らないで下さい。要は「認知症」に打ち勝つ努力を、貴女がどれ程して行けるかにかかっています。認知症専門医は診断とアドバイスはしてくれますが、現時点の医療レベルでは生活療法と脳トレーニングが最大の治療法です。
【脳トレーニング】
初級コース(記憶力のアップ)
2文字の単語を10個並べる。
くり、いす、はな、かき、なし
さる、とり、うみ、とら、うで
以上を2分間、音読で暗記する。
そして次の2分間で書いてみる。
8個以上暗記出来たら次に行く。
初級中級コース
2文字と3文字の混合
すずめ、くま、かもめ、りす、さくら、かみ、とけい、ほん、さとう、ねこ
同じ様に2分間の音読で暗記
次の2分間で書いてみる
8個以上暗記出来たら次に行く
中級コース
3文字の単語を10個並べる
かめら、みみず、みかん、
いちご、つみき、からす、
ばなな、さくら、うちわ、
とんぼ
 
 中級上級コース
3文字の単語と4文字の混合
うちわ、すずむし、すいか、
よこはま、まくら、にんじん、ばなな、たけのこ、こりす、
しまうま、
上級コース
4文字の単語を10個並べる
まつたけ、やまいも、
かきのき、しんぞう、
ほんばこ、すいしゃ、
のこぎり、だいこん、
あおぞら、さざんか
 
初級コース(計算力のアップ)
12問を1分以内での練習
3+5=、8+9=、7+6=、4+8=
12+6=、17+9=、25+8=
7+13=、42+5=、8+16=
19+5=、6+23=
初級中級コース
12問を1分以内での練習
39+17=、21+18=、45+18=
52+14=、34+13=、61+42=
76+21=、46+17=、19+15=
43+18=、13+42=、56+37=
中級コース
12問を100秒以内での練習
57-6=、23-8=、45-7=
42+26=、36-9=、38+45=
65-11=、48+15=、37+61=
84-13=、72+13=、69-21=
中級上級コース
12問を100秒以内での練習
13×3=、16×4=、18×3=
21×2=、17×3=、22×4=
31×3=、15×4=、12×5=
8×11=、19×2=、23×3=
上級コース
12問を100秒以内での練習
33÷3=、21÷7=、45÷9=
44÷4=、63÷9=、18÷9=
55÷11=、81÷9=、15÷5=
72÷8=、48÷4=、66÷3=
この脳トレーニングを1日に15分間、毎日実施すれば、貴女の日常生活での記憶力は3ヶ月後には明らかな改善をするでしょう。
【ご質問】
お忙しいところすみません。55歳、ここ一年人の名前が覚えられないということは多々ありましたが年のせいだと気にしていませんでしたが昨年暮れくらいから以下の気になる症状がありました。 いつもやっているズボンの裾上げのやり方やミシンの使い方が思い出せない。 家族で一緒に見たというテレビドラマの最終回を見たことや内容が全く思い出せない。 雑煮を作ろうと思っても材料がいつも何であったか思い出せず、家族に聞いた。その他普段の生活で思い出せないことが出てきました。脳神経外科で血液検査をしましたが異常なし。長谷川スケール25点でした。クリニックの先生は病院で詳しい検査をした方がいいと言ってますが、軽度認知障害にかかっているのでしょうか。治療法どういうものでしょうか。長くなりましたがよろしくお願いいたします。

脳トレーニング

Marutanさんへの回答(4)
先日に提示しました2種類のスケールは試験者によってはかなり点数に差が出ますし、また点数だけではなく解釈の仕方でも認知症の判定基準が変わって来るものです。今回のメールから推測する限り実際の点数はお伺いしていないので確信は持てないのですが、恐らく軽度認知症ではなく、軽度認知障害(MCI)が精々だと思うのですが、MCIですと種々の脳トレーニングにより障害の進行はかなり抑えされます。失礼ながら頂いたメールから判断するだけでも貴方の文章能力に確実に向上している様に思っています。また聴覚の情報が定着しにくいと書かれていますが、耳鼻科的に解決出来ない問題なのか両親が外国人等で幼少期に適切な日本語のアクセントが身に付けられない事情(勝手な推測なので気を悪くしないで下さい)などがあったのか、それでも貴方が現在抱えているハンディを克服する方法はあるのではないのでしょうか。脳トレーニングのみならず聴覚トレーニングも考えてみるべきでしょう。


先生、ありがとうございます。スケール、簡単にですがやってみました。わかったことが二つ程あります。
私は軽度認知症の結果でしたが、これは今に始まったことではなく、もともと聴覚のみの情報が定着しにくい能力みたいです。びっくりです。授業がつまらく先生にはやっかいな生徒だったと思います。「がーん」って感じですが、私の頭の中で後何回鳴り響くことでしょう。「普通になりたい」と悩んでいた私ですが、そんなの普通の人にわかってもらえる訳なく、親の死に目にあい、45才になって年相応のモノ忘れや視力の低下が拍車をかけ「認知症」になったのでは?と悩んでいたようです。
もう一つは、旦那に理解してもらおうと話すと、LDかどうかは知らないが、よく聞き間違いや語尾間違いをするとわかっていたことです。
多分本当に認知症が疑われてスケールの点がわるくても、「元々、これは出来ません」と言ってもらえそうです。びっくりです。
私は自分のことをあまりにも知る機会がなかったことにびっくりです。先生ありがとうございます。このブログに出会えて本当によかったです。
苦労人の先生には幸せしかこないと思います。益々のご進展を祈ります。ありがとうございました。

軽度認知障害

関根さんへの回答
これだけご立派な、ご質問をなさっておいでなのですから関根先生はとても認知症とは思えません。ご年齢相応の物忘れではないでしょうか。物忘れを防ぐには常に手帳の様な物を持ち歩き、小まめにメモをする習慣を身につける事が肝要かと思われます。また頂いた教え子さんからのお手紙なども丁寧に整理なさって、時々は振り返ってお読みになれば、きっと懐かしい思い出がよみがえって来ると思うのですが。




先生のブログを拝見しました。
私は、長年教育に携わってきました。
教え子にも医師になった者もおります。
私も、高齢になり、昔の教え子からの手紙をいただきますが、内容をよく読んでも、誰か思い出せないことが多くて、相手に返事をだすのに苦労しています。
美しい老後を目指したいのですが、返信をするのに恥をかかないかと心配です。自分の心境をどのような言葉をで現したら良いか、アドバイスを頂きたいのですが、認知に罹った老元教師。

猫好きのキーちゃんへの回答

猫好きキーちゃんへの回答
物忘れではなく、行動の間違いは年齢に関係なく、頭の中で処理しなければならない事が多数あったり、他に心配事が沢山ある様な場合は、誰にでも良く見られる現象です。お料理中に何か考え事をしていて指先を包丁で少し傷つけてしまったなんて事は誰でも経験している事でしょう。問題の基本は、その様な行動の間違いが日常生活に大きな支障を来たしているかどうかです。普段は清潔好きの人が何日も風呂に入るのを忘れたり、夕食の味つけがデタラメで塩と砂糖を入れ間違えたにもかかわらず平気でそのまま食べていたり、靴の左右を間違えて履いても気づかなかったりする様にでもなれば、間違いではなくそれは行動異常です。明らかな行動異常となれば認知症の分野に入ります。ご質問の内容を見る限りでは余り気になさらくても良いと思うのですが。ただ認知症と健常者の境目である「軽度認知障害」と言う考えが認知症学会で最近はかなり注目を浴びています。頭のCTやMRI等の検査では分かりません。どうしても気になる様であればネットで認知症専門医を探して相談してみて下さい。気になさらなくて良いと思うのですが、念のために書き添えて置きました。


最近、頭で考えている行動と、実際に自分が行っている行動が違うことがたびたびあります。
これは認知症の前触れでしょうか?
たとえば、麦茶を作ろうとしていたとき、麦茶の粉末ではなく、だしの素を入れてしまうなどです。頭の中では、麦茶を作っているつもりなのですが、誰かに指摘されるまで、自分が誤った行動をしていることに気づきません。

軽度認知障害

KWさんへの回答
軽度認知障害の特徴は
( 1 ) 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている
( 2 ) 日常生活動作は正常
( 3 ) 全般的認知機能は正常
( 4 ) 改訂長谷川式簡易知能スケールでは22~28点ぐらい
軽度認知障害( MCI ) の人口は厚生労働省の報告では65歳以上で5人に一人です。
MCIの方の対応は食生活を見直し、定期的な運動習慣で脳の生理状態を良好に保つ事です。その上で薬物療法も考慮に入れる事です。それにしても最初からアリセプト3mgの処方は無茶です。どんなに多くても2mgぐらいからでしょう。是非セカンド・オピニオンを求めて下さい。


64歳の父ですが軽度認知障害と診断され、アリセプト3mmを処方されています。日常生活には何の支障もないので薬を飲むのに納得できません。他の病院での診断を希望していますが。成川先生のご意見をお聞かせください。
                      KW