mihoさんへの回答

mihoさんへの回答
意味性認知症では、通常の脳トレニーングは効果が上がりにくいでしょう。先ずはメンタルケアで、患者さんに心の安定を保たせる事、言葉の間違いを強引に訂正しない事、その上で二次的な構音障害に伴う言語訓練の実施「あ、い、う、え、お」とか「あかさたな」など顎関節をスムーズに動かす練習が必要です。口は広げ過ぎず、やや開口しながら言語を発語させるのがポイントです。これらの練習時にも心の寛ぎを常に考慮して下さい。それからは、ハサミを時計と言っても根気よく、
「お父さん、これは、ハ サ ミ 。ハ サ ミ 」と優しく何度も繰り返します。感情的になってはいけません。
何にしても認知症への対応は一にもニにも忍耐です。多少でも物の概念と言葉の意味が結びついて来たら、私がお勧めしている脳トレに移行しても構いません。
簡単ですが、意味性認知症の対応の仕方についての説明です。他にも何かご質問があれば、何時でも承ります。



先生、先生に伺うことではないかもしれないです。ごめんなさい。

先生が紹介してくださっている脳トレーニングは意味性認知症でも試みて良いのでしょうか?

写真を見て、それは何か答えるのはやってもらっていますが、覚えられません。

今はストレッチと一駅分散歩したり、「脳トレ」、音読、等をしています。これは現状維持のためなのでしょうか?

病院ではリハビリ訓練のようなこととか、定期的に診ていただくようなことはしないのでしょうか?

近所にはまだそう行ったところを探せていません。将来のことを考えて近所で探したほうが良いのでしょうか?認知症の検査をしてくれているところはあっても内科、精神科等どうやって探したらいいのでしょうか。




脳トレーニング

初級コース(記憶力のアップ)
2文字の単語を10個並べる。

くり、いす、はな、かき、なし
さる、とり、うみ、とら、うで

以上を2分間、音読で暗記する
そして次の2分間で書いてみる
8個以上暗記出来たら次に行く

初級中級コース
2文字と3文字の混合

すずめ、くま、かもめ、りす、
さくら、かみ、とけい、ほん、
さとう、ねこ

同じ様に2分間の音読で暗記
次の2分間で書いてみる
8個以上暗記出来たら次に行く

中級コース
3文字の単語を10個並べる

かめら、みみず、みかん、
いちご、つみき、からす、
ばなな、さくら、うちわ、
とんぼ

中級上級コース
3文字の単語と4文字の混合

うちわ、すずむし、すいか、
よこはま、まくら、にんじん、
ばなな、たけのこ、こりす、
しまうま、

上級コース
4文字の単語を10個並べる

まつたけ、やまいも、
かきのき、しんぞう、
ほんばこ、すいしゃ、
のこぎり、だいこん、
あおぞら、さざんか


初級コース(計算力のアップ)
12問を1分以内での練習

3+5=、8+9=、7+6=、4+8=
12+6=、17+9=、25+8=
7+13=、42+5=、8+16=
19+5=、6+23=

初級中級コース
12問を1分以内での練習

39+17=、21+18=、45+18=
52+14=、34+13=、61+42=
76+21=、46+17=、19+15=
43+18=、13+42=、56+37=

中級コース
12問を100秒以内での練習

57-6=、23-8=、45-7=
42+26=、36-9=、38+45=
65-11=、48+15=、37+61=
84-13=、72+13=、69-21=

中級上級コース
12問を100秒以内での練習

13×3=、16×4=、18×3=
21×2=、17×3=、22×4=
31×3=、15×4=、12×5=
8×11=、19×2=、23×3=

上級コース
12問を100秒以内での練習

33÷3=、21÷7=、45÷9=
44÷4=、63÷9=、18÷9=
55÷11=、81÷9=、15÷5=
72÷8=、48÷4=、66÷3=

(再)かなさんへの回答

攻撃性のある認知症の患者さんのメンタルケアは専門医の立場からすれば、それ程に困難ではありません。通常は抗精神薬で精神の興奮を抑えるのですが、薬の力だけに頼ると認知症は悪化するケースが多いのです。ある程度、精神的に落ち着いて来たら脳トレニーングを併用して行かなければなりません。この脳トレニーングにはそれなりの経験が必要です。大きな書店では脳トレに関する本は沢山出でいるのですが、一冊の本で脳トレが成功するケースはほとんどありません。
ご家族の圧倒的な愛情が必要です。又この脳トレを毎日15分づつ実行するかしないかで認知症の悪化は相当に抑えられます。
この脳トレを丁寧に患者家族の方に指導出来る医師が殆んどいないのです。大学や総合病院では絶望的です。時には一人の患者さんに一時間近くかけて丁寧に診て行くのです。画像診断やコンピュータでしか診断を考えられない現在の医師に脳トレのテクニックを覚えさせるのは困難です。如何に効率良く認知症の患者さんを診て行くかと云う発想しかありません。それは現場の医師だけが悪いのではありません。超高齢者の時代の中で如何に経済効率を良くして行くかと云う発想で厚労省が全ての医療機関を拘束しているのです。
ですから認知症の治療に当たっては大学を中心とする医療機関だけではどうにもならないのです。ご家族の認知症に対する深い知識と愛情をもってしか治療効果は上がらないと申し上げているのです。
私の認知症ブログには、多くの認知症に対するQ&Aが書かれてありますので、ご参考になれば幸いです。


お忙しい中ありがとうございました。
「通常使用する薬を投与しますと、攻撃性が増して来ますので病状は悪化」するとのこと。
実は薬のお願いをしようと思っていたのですがやめておきます。
先生にお願い出来たら良いのですが残念な事に名古屋に住んでいますので難しいです。
幸い近くに認知症疾患医療センターがありそこに予約が出来ました。まだ1ヶ月近く先ですがそれまで何とか頑張ってみようと思います。
認知症のメンタルケアは考えてもなかったので勉強になりました。今は病気のせいでこうなっているのである程度は薬で抑える事が出来るのかと思っていましたので。
今の現状では安易に薬に頼れないようなので父にとって良い病院・良い先生を見つけたいと思います。
ありがとうございました。