かなさんへの再度の回答

かなさんへの再度の回答
攻撃性が強く多弁性の強い認知症の方の第一選択薬はウインタミン散10mg/day(朝、夕5mgづつ)がお勧めです。多くの医師はグラマリールを使いたがりますが、ウインタミンの方が即効性があってコントロールしやすいのです。精神的な乱れ方により10mgから15mgさらに20mg
と増量して行きます。しかし現実にはウインタミンの使用経験の豊かな医師は決して多くありません。何故かと申しますとウインタミン散の薬剤費が余りに安いのです。つまり余りに安い薬剤の調合をどんなに苦労しても、そこから得られる利益は限りなくゼロに近いのです。そんな理由も手伝って大学を中心とする大病院では認知症の治療に役立つかどうかも分からない高度医療機器を使って、殆んど無意味と思える検査を最もらしい顔で繰り返しています。時には10万円近い金額を請求される事もあります。治療には何の関係もない検査にです。
この様な時代ですから真の意味で認知症に卓越した医師は殆んどいなくなるのです。大病院ほど悲惨です。遺伝子検査、脳血流検査、それらにどれ程の信頼性があるのかは未だ不明です。
ですから不勉強で利益追求のみを考えている大病院の医師にかかるよりは、家族の愛が最も重要だと申し上げているのです。
認知症の医療現場で40年近く働いている私から見れば、医療不信は募るばかりです。
確かに最低量の薬剤使用は必要です。しかしそれ以上に副作用の強い薬も多いのです。もちろん良心的な医師は沢山います。ただ病院の大きさには騙されないで下さい。脳トレの具体的な方法、精神的なスキンシップの方法、その他のご質問は何時でも受け賜わります。繰り返しますが認知症の私の沢山のブログ丁寧にお読み頂く事を心よりお勧めいたします。


早々の回答いただきありがとうございました。
認知症と診断されても治療がなにもされなかったのでどうしたら良いのかと途方にくれていました。
たぶん具体的に何も指示されなかったことが更に不安につながっている気がします。
また毎日、私も含め家族全員が父に振り回されている状態で余裕がありませんでした。
相談するところもなくすがるような気持ちで質問をしてしまいましたがこれから認知症について勉強して父に出来る限りの事をしてあげたいと思います。