認知症詩集(56)

認知症夜話の終章
「そんな誰の子やと言われても、そりゃあんたの子でしゃろう」と言うばかりです。
その時は二人共、認知症の頂点に立っていました。互いに自分の話す意味が全く理解出来ていなかったのです。
「馬鹿野郎!…俺の子供である訳がないだろう。お前はこの病院に一年以上も入院しているのだ。何処の誰と不貞を働いたのだ。正直に言ってしまえ!」
「正直に言えっても…あなた以外に男の人は知らないし!」
貞子さんは筋道の通っている様な、それでも意味不明の言い訳をしていました。
「てめえは、どうしても白を切るのだな!…この俺と云う者がありながら畜生、俺だって生涯お前しか女を知らなと言うのに…」
夜の7時前、準夜勤のナースは日勤ナースとの申し送りを終え巡回に回っていました。貞子さんの隣接するベッドの女性患者さんは83歳で胃癌末期、意識不明の重症患者さんで、貞子さんと良雄さんの会話などは何処か遠くの世界で聞いていました。
三人部屋の廊下側の74歳女性患者さんは胆嚢癌末期でかなりの重体でした。ナースコールがあっても準夜勤2人でベッド数40床の入院病棟では巡回に忙しく、看護勤務室には誰もいません。面会制限時間7時5分前に、その事件は起こりました。
貞子さんとの口論の果てに良雄さんは常軌を逸してしまったのです。妻に裏切られたという思いのみが頭の中では全てが支配されてしまったのです。
「畜生、畜生!」と言いながら貞子さんの首を絞めてしまったのです。自分で自分が何をしているのか良雄さんは全く分からず貞子さんを絞め殺してしまったのです。その後はベッドの横に腰を抜かして座り込んでいました。午後7時15分巡回にやって来たナースが、その現場を見て大騒ぎ…もちろん警察に直ぐ通報されました。
良雄さんは、その間もベッドの横に座り込んだまま尿失禁で下半身はずぶ濡れ、7時45分には警察官二人がやって来て良雄さんを現行犯逮捕で連行しましたが、警察署で何を聞いても意味不明の言葉ばかりです。
「あいつが、間男を作って俺を裏切った」を繰り返すだけで、それ以外の質問には一切耳を貸しませんでした。
警察に呼ばれ息子夫婦が警察署に飛んで来ました。
息子さんは目を真っ赤に腫らしながら「お父さん、何て事をしたのだ!…何故お母さんを絞め殺したりしたの?」
「うるさい、あいつが俺を裏切ったからだ」
「お母さんが何時お父さんを裏切ったって言うのさ!」
「裏切ったから、他の男の子供を妊娠したのだろうが…」
「お父さん、しっかりして下さいよ。お母さんのお腹には肝硬変症による腹水が溜まっていると、お医者さんが幾度も説明してくれたでしょう」
「うるさい、俺は医者などには騙されない。あいつ自身が自分で妊娠したと言っているのだ。これ以上の証拠があるか?」
「お父さん、何を言っているのですか、お母さんは78歳ですよ、妊娠なんか出来る歳ではないでしょう…」
「うるさい、歳なんか関係あるか、ともかく不貞を働いたから制裁を加えただけよ。俺は何も悪い事なんかはしていない!」
ー完ー
☆認知症詩集は第56話で終わりとさせ頂きます。何故56話で終わるかと申し上げれば、話す内容の種が尽きてしまったというのが本音の所です。
明日からは昨年8月1日から12月4日まで書き続けた「潮騒は聞こえず(129話)の改正版「中沢家の人々」を再スタートさせて頂きますので、従来同様にご愛読頂けば幸いです。

認知症詩集(55)

認知症夜話の続編
貞子さんの「妊娠した」の繰り返し話しにはナースも医者も黙って、ただ笑うばかりです。
肝硬変症と云う病気が貞子さんの認知症(たぶんアルツハイマー型認知症)を、どんどん悪化させていた様です。
ただ、その当時の医学ではアルツハイマー型認知症と云う知識が乏しく、一般的には老人性認知症と呼ばれていました。
一方、夫の良雄さんの認知症は進行具合が遅く、正常な時間帯と、認知症の時間帯が交互に来る「まだら現象」を呈していました。ですから外見的には全く正常にしか見えない事も多かったのです。
そんな良雄さんが病院に見舞いに来る度に貞子さんから毎回のように「妊娠、妊娠」と言われ、何の事か意味が分からず戸惑っていました。良雄さんの意識が正常の時間帯は、妻の妄想状態が理解できました。これは老人性認知症が言わせているのだろうと…
しかし良雄さんが認知症の時間帯に入り出すと、妻の妊娠話が急に本当の事の様に思えて来たりしました。妻とは、この20年以上も夜の夫婦生活など一度も経験した事がないのに何故妊娠などするのかと思い悩みました。彼の頭の中は混乱するばかりです。
肝硬変症で腹水が溜まっているだけだと、幾度とも無く医師の説明を受けるのですが、分かる様な分からない様な悶々とした日々が続いていました。
息子夫婦も医師と同席して、肝硬変症と腹水の因果関係の意味を諄(くど)い程に話してもらうのですが、その時は分かった気にもなるのですが、1~2日するとまた説明の意味を忘れてしまうのです。
「何故、肝臓が悪いと腹が大きくなるのだ」と云う意味が理解出来ないのです。時には分かった気にもなるのですが…梅雨空の合間の6月下旬、蒸し暑さで妙に心身共に不快な日でした。良雄さんは昼間からチビリチビリ酒を飲んで夜の6時過ぎに病院にやって来ました。その日は日曜で面会客も多かったのですが、多くの面会客は自分達の夕食の支度もあって6時半頃には帰ってしまいました。
妻の貞子さんは三人部屋の窓際のベッドで寝ていました。その頃には夫の良雄さんが誰だかも判断が尽きかねていました。
その意識が正常の時間帯に近かった良雄さんが「貞子、体の調子はどうだ!」と労わる様に声をかけた所、また彼女の妊娠話しが盛り上がりました。
「もうすぐ赤ん坊が出て来る!早く赤ちゃんを産んでしまいたい」と、繰り返し話し続けるのです。
良雄さんも我を忘れ、「一体誰の子や、誰がお前のお腹をそんなにしたのだ」と詰め寄りました。「そんな誰の子やと言われても、そりゃあんたの子でしゃろう」と言うばかりです。
明日に続く


認知症詩集(54)

今回はショートストーリーにします。題して認知症夜話です。
78才の貞子さんはB型肝炎から肝硬変となり、体重は40kgしかないのに腹囲は90cmを超えていました。腹水が溜まっているのです。その為に横になって臥床している事が多く、この肝硬変が本格的に悪化する2年程前から貞子さんの物忘れがひどくなって来ました。
夫の良雄さんは2才年上ですが、ほとんど同じような時期から認知症状が強く出始めていました。ただし良雄さんの方は停年後、昼間から酒を飲む事が多くなり慢性アルコール中毒症による認知症の疑いが強かったみたいです。
しかし酒癖が悪い訳ではなく冷酒をちびりちびり飲みながら、一人で昔話しを思い出しながらブツクサと意味不明の妄想に浸っている事が多かった様です。
息子夫婦と一緒に住んでいたのですが、特にこれと言って大騒ぎする訳でもなく昼酒とは言え、適度に飲んでは寝てしまう様な生活が続いていました。
野球と相撲が大好きで、実況放送中は酒を飲むのも忘れテレビに見入っていました。
一週間に一度ぐらいはバスで自宅から10分ぐらいの市民病院に出掛け妻の貞子さんを見舞っていました。彼女の病気を気づかうというよりは散歩コースの一つみたいです。年取って痩せ細った妻の顔を見て、「このバアさんは何処の誰だろう」と、時に訳の分からない思いに悩む時がありました。そして自分は何故こんなバアさんの所に来ているのだろうかと考えこんでしまったりする事もあった様です。
昭和40年代、日本経済は順調な上昇気流に乗り多くの日本人に医療は未だ優しく「医は仁術」と云う言葉が生きていた時代です。男尊女卑の良い意味での美徳も未だ生き残っていました。
その象徴たる「処女性」は社会的にも道徳的にも大きな意味を持っていました。
貞子さんも肝硬変を患いながらも病院を、たらい回しにされる事などはありませんでした。
現在の様に老人ホームも殆んど無く、病院は老人のサロン化となっていました。病院での社会的入院がマスコミで叩かれる前の話で、病院での入院費用での個人差額は限りなくゼロに近かったので、誰もが経済的にも精神的にも安心して病院に頼れる時代でした。
認知症も社会的には少しずつ知られる時代ではありましたが社会問題化されるほどではなかったのです。
それでも少数の認知症にかかわる悲劇が稀にマスコミで報道される事もありました。
貞子さんは自分が肝硬変症で腹水が溜まり、日々腹囲が大きくなっていると云う自覚は全くありませんでした。
結局、彼女の幻覚と妄想の世界では日々増大する腹囲は「妊娠」としか思えなかったのです。78歳と云う年齢認識はまるでなく、貞子さんの意識の中で自分の年齢は20歳代でしかなかったのです。そんな調子で彼女は「妊娠してしまった」を、毎日の様に繰り返し話していました。

続きを、お楽しみに…

認知症詩集(53)

この超高齢者化時代を迎えてこの国はどの様にして乗り超えて行こうとしているのだろうか?
年寄りの切り捨てか、緊縮医療の徹底化か、つまりは
65歳以上の高齢者の医療費の抑制なのであろうか?
肺炎の治療は年2回までは許可するが、肺癌の治療は医療保険適用外としてしまうのか…
心臓疾患や脳外科疾患の高額医療費には総て保険適用外としてしまうのか、ともかく国の医療政策がまるで見えて来ない。
確実に分かっているのは、如何にして医療費と介護保険の国の支出部分を抑制出来るか、その事のみに厚労省や財務省は心を砕いている様な気がしならない
その私たちの対抗手段としては、出来る限り自分たちの健康寿命をを伸ばして行くか、総てはそこに尽きるのではないだはだろうか?
そんな気がしてならない。

認知症詩集(52)

今回のテーマは遺伝子検査です。唾液だけで各種の癌予測を調べる検査、血液検査で調べる各種の難病予測、髄液で調べる認知症検査など様々です。
認知症に関しても「軽度認知障害MCI」「家族性アルツハイマー型認知症」「前頭側頭型認知症FTDの遺伝子検査」など数限りなくあります。
検査の値段も1万円前後から10数万円以上と、かなりの幅が見られます。
私も個人的な興味も手伝って幾つかの検査を受けてみました。10数万円の検査も受けてみました。結果は大腸癌と前立腺癌の危険性があるとの報告を受けました。生来が臆病者の私は急ぎ大腸と前立腺の検査をしましたが、何の異常も見つかりませんでした。別のスタッフにも私の個人負担で同様の検査を受けさせました。その結果は胃癌と慢性関節リウマチの危険性があるとの報告を受けました。同じ様に胃内視鏡とリウマチの検査を受けさせましたが、結果は何の異常も見つかりませんでした。
二人で20数万円も使っての話しですよ。
また5月3日に頂いたご質問で髄液検査からアミロイドβ蛋白は正常でタウ蛋白の数値が正常の2倍であったからFTDとの診断を受けたとのご説明を受けましたが、この診断結果には納得が行きません。ATDではアミロイドβが主要原因か、タウ蛋白が主要原因かは意見が分かれているのです。
この様に遺伝子検査が絶対的なものである様な考えは間違っています。未だ発展途上の学問に過ぎないのです。
もっとも後10年もすれば遺伝子検査の精度は上がるでしょう。でも現段階では参考所見に過ぎないと思います。それよりは高度の医療機器より熟練した医者の診断能力の方が上だと思います。
例えて言えば将棋対戦で、将棋名人とコンピュータのどちらが強いかの話しです。昨今ではコンピュータの勝率が高くなっているとは聞きますが…
しかし現段階では高度医療機器より、熟練した医師の診断能力に利があると思っています。

認知症詩集(51)

認知症を含め難解な病気は山程あります。肺結核は克服出来ましたが肺癌は未だかなり治療が困難です。一つの病気を克服したら、また新しい病気に突き当たると云うのが、医学の歴史です。認知症ではないですが「うつ病」は若い人から年寄りまで驚く程に増えています。
情報産業の飛躍的な発達で、その情報処理で神経を擦り減らす人が増えていると云うのも一つの原因です。それ以外にもコンピュータ依存症でコミュニーケーション障害の人も増えていると聞きます。日本人の清潔過ぎが災いして花粉症の患者さんは確実に増加しています。
日本で花粉症の始めての報告は
1963年からですよ。わずか53年前の話です。それまでは何が横行していたかと言えば寄生虫です。回虫とか蟯虫とか呼ばれるものです。
これら寄生虫の激減と共に花粉症が出現して来たのです。つまり何かの病気が克服出来た後には別の新しい病気が発生してしまうのです。
少し前までは小児自閉症児の原因を「母原病」と一括りに片付けていた時代もあったのです。
親の教育が悪い、母親に問題があると言われていたのです。
日本でも一流と言われる大学病院の教授クラスが、そんな事を言っていたのです。
それは誰をも責められません。
医学の歴史の試行錯誤だからです。これからも医学の進歩と後退(新しい病気を作り出してしまうと言わ意味ですが)は続くのでしょう。
認知症にしても同じ事が言える様な気がしてなりません。幾つもの認知症の中である認知症の劇的な治療法が見つかっても又、新しい認知症が発見される可能性は充分に考えられます。


認知症詩集(50)

さらなる問いかけです。
現在医療の範囲で認知症治療は
どんな医者になら任せられるかです。認知症と云う学問に精通している事はもちろん、医者自身の人格形成も重要になるのです。患者さんの治療法の選択に充分な経験を積んでいる事は言うまでもなく、ご家族の方の苦痛と精神的な思いを少しでも柔らげる為に医者自身は何が出来るのか、それを徹底的に問い詰める事が出来た医者のみが認知症専門医と言えるのです。厚労省や専門医学会が決めた「専門医」制度とは似て非なるものがあります。肩書きや建物の大きさだけで本物の医療が受けられると思いですか?
多くの方が哀し程の誤解をしています。そして医療不信が増大して行くのです。建物や権威に騙される皆さん方にも責任はあるのです。
認知症詩集(46)でも説明しました様に医者から診断されてる前に貴方自身が医者を診断しなければならないのです。若い大学病院の医者でも稀には有能な医者はいます。英語や数学が得意であると云う理由だけで医学部に入って来た様な医者ばかりではないです。親御さんの人格教育がしっかりしている様な医者も時には見受けます。だから大学病院がどうにもならない医者の集まりだとは決して申し上げていません。ただ繰り返しますが、権威や建物の大きさに騙されないで下さいと言いたいだけです。
昨今、日本を代表する東芝やシャープそして三菱自動車等の社会的信用を失う事件が多く新聞やテレビで報道されていますよね。
それと同じ事が医療業界でも起こっているかもしれないのです。
繰り返しますが、貴方自身が医者の診断をしなければならないのです。高度な医療機器だけで認知症の正確な診断が付けられると思ったら大間違いです。それは一つの参考所見です。本当の診断が付けられるのは医者自身の適切な診断能力です。何の医療機器も持たない認知症専門医を私は何人も知っています。その様な医者は大学病院の医者よりはるかに診断能力が高いのです。ともかく医者の診断能力はご自身で判断するしかないのです。
ただ誤解して欲しくはないのですが私は認知症専門医の事のみを話しているのです。
脳外科や心臓外科の分野では、何といっても大学病院が最先端の技術を持っているでしょう。
ただ認知症に関しては大学病院は決して当てにはならないと申し上げているに過ぎません。
どうぞ、誤解の無い様にお願いします。認知症と云う学問は未だ幼児期の段階なのです。これからも多くの試行錯誤が繰り返されるでしょう!

認知症詩集(50)

さらなる問いかけです。
現在医療の範囲で認知症治療は
どんな医者になら任せられるかです。認知症と云う学問に精通している事はもちろん、医者自身の人格形成も重要になるのです。患者さんの治療法の選択に充分な経験を積んでいる事は言うまでもなく、ご家族の方の苦痛と精神的な思いを少しでも柔らげる為に医者自身は何が出来るのか、それを徹底的に問い詰める事が出来た医者のみが認知症専門医と言えるのです。厚労省や専門医学会が決めた「専門医」制度とは似て非なるものがあります。肩書きや建物の大きさだけで本物の医療が受けられると思いですか?
多くの方が哀し程の誤解をしています。そして医療不信が増大して行くのです。建物や権威に騙される皆さん方にも責任はあるのです。
認知症詩集(46)でも説明しました様に医者から診断されてる前に貴方自身が医者を診断しなければならないのです。若い大学病院の医者でも稀には有能な医者はいます。英語や数学が得意であると云う理由だけで医学部に入って来た様な医者ばかりではないです。親御さんの人格教育がしっかりしている様な医者も時には見受けます。だから大学病院がどうにもならない医者の集まりだとは決して申し上げていません。ただ繰り返しますが、権威や建物の大きさに騙されないで下さいと言いたいだけです。
昨今、日本を代表する東芝やシャープそして三菱自動車等の社会的信用を失う事件が多く新聞やテレビで報道されていますよね。
それと同じ事が医療業界でも起こっているかもしれないのです。
繰り返しますが、貴方自身が医者の診断をしなければならないのです。高度な医療機器だけで認知症の正確な診断が付けられると思ったら大間違いです。それは一つの参考所見です。本当の診断が付けられるのは医者自身の適切な診断能力です。何の医療機器も持たない認知症専門医を私は何人も知っています。その様な医者は大学病院の医者よりはるかに診断能力が高いのです。ともかく医者の診断能力はご自身で判断するしかないのです。
ただ誤解して欲しくはないのですが私は認知症専門医の事のみを話しているのです。
脳外科や心臓外科の分野では、何といっても大学病院が最先端の技術を持っているでしょう。
ただ認知症に関しては大学病院は決して当てにはならないと申し上げているに過ぎません。
どうぞ、誤解の無い様にお願いします。認知症と云う学問は未だ幼児期の段階なのです。これからも多くの試行錯誤が繰り返されるでしょう!