想い出は風の彼方に(57)

「そうなの、私もあれから家で5時間以上は寝てしまったから浩司さんに文句は言えないわ」
「仕方がないよ。僕らは一晩中ほとんど寝なかったのだから。昔、読んだシエイクスピアの作品にこんな事が書かれてあったんだ。『恋人たちは隠れて欠伸をする』ってね。
どんなに愛しあったって、人間だから肉体的な疲労は出て来るものさ。でも不思議なもので元気になったら、また君に会いたくなってしまったよ。今日は夜も遅くなるから会えないけど、明日は会えるよね」
「もちろんよ!」
「それじゃあ今夜、会えない代わりに一言だけ…綾子、君が死ぬほど好きだ」
「私もよ…もう一度言って、お願い!」
「綾子、君が死ぬほど好きだ」
「有難う、その言葉だけで明日まで待てるわ」
「駄目だ、君の声を聞いていたら僕が明日まで待てなくなってしまった。今から直ぐ君の家に出掛けるから5分だけでも会ってくれないか?」
「浩ちゃんって、子供みたいね。でも、良いわよ。9時半丁度に家の玄関前で待っているけど、その時間で間に合うかしら?」
「大丈夫、必ず間に合わせる。じゃあ、後でね…」
「うん、待っているわ」
こうして浩司は、急ぎ服を着替えて物も言わずに出掛けた。綾子の家に着いたのは9時28分だった。浩司を見つけると綾子は走り寄って来た。彼は嵐の様な勢いで綾子を突然に抱きしめた。そして、奪う様に唇を押し付けて来た。
「浩ちゃん、もっと優しくして…このままだと湖底(うみのそこ)に沈み込んじゃう」
「ご免ね、君の姿を見たら何もかも忘れてしまうんだ」
「怒ってなんかいないわよ。私だって嬉しいのよ。でも、余りに激しいと何かが一遍に崩れ去ってしまうんじゃないかと、恐い気がするわ。ゆっくりと長く愛されたいの…」
「そうだよね、今のは自分勝手だよね。愛ではなく、ただ欲望を押し付けただけだ。ご免ね、反省しているよ」
「ううん、何も反省なんかする必要はないわ。私だって嬉しいんだから…でも家の前だから誰かに見られたら少し恥ずかしいと思っただけ」
「本当にそうだね、そうなったら君にも迷惑をかけてしまうし…」
「別に迷惑なんて事は何も…私こそ変な事を言って、ご免なさい。浩ちゃんを傷付ける様な事を言ったりして」
「いや、悪いのは僕の方さ。篠木やおばさんに見つかったら、ちょっと会わせる顔が無いもんね。綾ちゃんの言う通りだ、ゆっくりと長く君を愛して行く様に努力する」
「浩ちゃん、そこまで生真面目に考えなくても良いのよ。出来たら誰にも見られない所で、思い切り愛して」
「そうだね、そうする」
「はい、お利口さんです」
「何だか、どっちが年上か分からないね」
「浩ちゃん、恋人同士に年の差なんか無くてよ」
一夜にして綾子は18才と雖(いえど)も、大人の女になっていた。
次回に続く

想い出は風の彼方に(56)

もう、二人にそれ以上の言葉は必要なかった。
「じゃあ綾ちゃん、家まで送って行くよ」
「あら、綾子って呼んでくれるんじゃあないの。それに昼前だから一人で帰れるわよ」
「直ぐに、綾子って呼ぶのには時間がかかるよ。それに昨晩の事は篠木にもお母さんにも僕からお詫びしなければ…」
「何を詫びるの?」
「だって未成年の君と一晩も一緒に過ごしたんだぜ、やはり一言詫びる必要があるだろう」
「浩ちゃんって、妙に型苦しいのね」
「だって篠木家の一人娘なんだぜ、それを一晩かっさらったんだ。お詫びに行くのは当然だろう」
「かっさらっただなんて、私から進んで浩ちゃんに纏(まと)わりついていたのよ」
「まあ、そう云う事にして、やはりお詫びに行くよ。僕の気がすまないから…」
「分かったわ、浩ちゃんの好きにして。でも二人で朝帰りと云うのも少し恥ずかしい気がするけどね…」
「確かに、だからこそ僕がちゃんと謝りに行かなければならないんだ」
「そうかもしれない!」
綾子も素直に頷いた。
二人が綾子の家に着いたのは12時を回っていた。家に戻り綾子が、
「お母さん、ただ今」
と、声をかけた。
「まあ随分とゆっくりだった事、浩司さんとずっと一緒だったの?」
そう言って母親は訝(いぶか)し気な顔を綾子に向けた。
そこに浩司が顔を出して、
「おばさん、すみません。綾子さんを遅くまで引き留めてしまって、僕が悪いのです」
彼女の母親は急に笑顔になって、
「浩司さんが、ちゃんと監視して下さるなら構わないのよ。若い娘が一人で夜の街をぶらぶらしていたら怒りますけどね」
「おばさん、それは無いですよ。綾子さんに限って…」
「そう、それなら良いんだけど。それより浩司さんはお昼は未だなんでしょう、何か食べて行きます?」
「折角ですけど、これから寄る所があるので今日はこれで失礼します」
「そう、それは残念ね。じゃあ又、遊びに来てね」
「はい、有難うございます。では、これで失礼します」
こうして、浩司は自宅に戻った。何処に行く宛てもなかったが、ともかく眠りたかった。綾子の家で昼食を頂くよりも自分のベッドで眠りにつきたかった。まさに精も根も尽き果てた感じだ。
自宅に帰り着くや、母が作ってくれたラーメンを食べた。後は自分のベッドに潜りこみ深い眠りに入ってしまう。
目を覚ますと、時計の針は8時を指していた。7時間近くも寝ていた事になる。父親は未だ帰っていなかった。ともかく空腹感に襲われた。母の用意してくれた野菜炒めとご飯を食べる。人心地着いてから綾子の所に電話をかける。さっそく彼女からクレームを受けた。
「何時まで待っても電話が掛かって来ないから、どうしたのかと思っていたわ。綾子の事、嫌いになったの?」
「まさか、嫌いになる訳なんかないだろう。家に帰ってから7時間近くも眠ってしまったんだ」
次回に続く

想い出は風の彼方に(55)

浩司は自分の体液を思い切り綾子の体内に吐き出した。避妊用具は一切使用しなかった。純血と純血の身体を打(ぶ)つけ合うのに、そのような避妊用具はいらないと綾子が拒否した。18才と云う綾子の身体は健康と若々しさに輝いていた。風呂から出て一休みをした。濡れた髪をドライヤーで乾かす間も浩司は待てなかった。ともかく自分の体液を一滴残さず、綾子の身体に注ぎ込みたかった。風呂から出ても浩司はひたすら綾子の身体に挑みかかつた。
一度抑制の取れた若い性は、留まる所を知らない。夜が明けるまで彼等は欲望の底まで突き進んだ。
綾子にとっては快楽とは程遠かったが、浩司の満足し切った顔を見ているだけで十分に幸福だった。さらに浩司から愛されている実感が彼女を甘くシビレさせていた。浩司にとっても自分が初めての女だと言う。この事実が彼女の満足度を、より強いものとしていたのかもしれない。
トイレに立ち上がった時に自分の顔をしげしげと見た。昨日までの自分と女になってしまった顔に、余り違いは見られなかった。でも幾らか大人の女の顔になった様な気がした。
朝食は駅近くの喫茶店でモーニングサービスのトーストと半熟の卵それにコーヒーを口にした。二人とも学校は春休みに入っていた。テーブルの下で二人の脚は絡み合っていた。共に身体の一部が触れていないと落ち着かなかったのである。周りに人が居ない瞬間を狙っては幾度となく唇を重ねた。喫茶店の2階で数時間以上も過ごしてしまった。
会話はなく、手だけは握り合い瞳だけを見つめ合っていた。身体は気怠(けだる)かったが…昨晩は殆んど寝ていなかったので…家に帰る気にはなれなかった。時刻は昼近くになっていた。
浩司の方から声をかけた。
「綾ちゃん、帰ろうか。今夜にでもまた電話をするから…出来たら明日も会いたいな」
「うん、帰りましょうか。明日は友だちと会う約束があるけど、そんな事はどうでも良いわ。どんな言い訳だって思いつくから…それより浩司さんと会う事以上に大切な事などないもの。私って悪い女なのかしら?」
「僕にとって君ほど素敵な女性はいないよ。綾子、死ぬほど好きだ。ご免、呼び捨てにして…」
「ううん、これからは綾子って呼び捨てにして…その方が嬉しいわ。私も浩ちゃんって呼ぶから、それで良いでしょう」
「そうだね、もう僕等は昨日までの関係ではない。人生最大のパートナーになっている。僕は綾子の全てに責任を取る必要がある。昨晩の僕は一時の快楽だけをを求めた訳ではない。親友の妹と知っての行動だ。君さえ嫌じゃあなければ僕は綾子を一生、僕のそばから離す積もりはない。僕の一人合点なのだろうか。
もしそうだとすれば僕は君に土下座するしかない」
「浩ちゃん、私が貴方をどれだけ好きなのか分かっていないのよ。もし、少しでも分かっているなら…そんな事を言うはずはないもん。浩ちゃんがしたいと思う事で私が、No.だなんて言う事なんかある訳ないじゃない」
次回に続く

想い出は風の彼方に(54)

浩司の家から綾子の家までは電車で、駅が3つぐらいの近さであった。徒歩を入れて30分もかからない。しかし、この日の二人は遠回りして上野まで行き不忍公園を散策した。春と言っも未だ3月初旬である。夜の風は冷たかった。それでも二人の心は幸福に満ちていた。その手はしっかりと握られ身体もピッタリと寄り添っていた。人目を気にしながら幾度か唇も重ねた。
「今夜はご免ね、皆んな馬鹿みたいに燥(はしゃ)いで僕たちが今にも結婚する様な勢いだ。綾ちゃん傷付かなかった」
「ううん、私は全然。それより浩司さんこそ嫌な思いをしたでしょう」
「僕は綾ちゃんが心から好きだから何を言われても平気だよ」
「嬉しい、浩司さん。もっと強く抱いて!」
「綾ちゃん…」
そう言うなり、浩司の口づけはより激しくなった。
「3月の部活の合宿前に二人で小旅行に出かけようか?
「何処へ?」
「箱根でも日光でも何処でも良いんだ。ただ綾ちゃんと二人だけでずっと居たいんだ」
「親には何て言うの?」
「僕は包み隠さず、綾ちゃんと出掛けると言うさ」
「じゃあ私も浩司さんと出掛けると正直に話す」
「お母さんが反対したら、綾ちゃんはどうする?」
「誰が反対しても私は行くわ。浩司さんほど大切な人はいないもん」
「有難う、僕もこれからは君と真正面から付き合って行くよ。その結果生じた責任は僕が全て取るさ」
そう言って二人はまた激しく抱き合った。その二人の手は何時迄も離れなかった。
互いに狂おしいまでに愛おしさを感じていた。
「綾ちゃん、僕は君を今晩は返せそうにない。親からどんな批判を受けても君とは離れられない」
「私は浩司さんの好きな様にして良いわ。このまま駆け落ちになっても構わない。いつも浩司さんの事ばかり考えているんだもん。浩司さんと二人なら何も恐くはないわ。私を浩司さんの物にして…」
そうやって二人は池の周りをグルグル歩いていた。
「綾ちゃん、本当に僕は君に何を求めてても良いの?」
「もちろんよ、浩司さんが私を求めているのでは無く、私が浩司さんを求めているの」
「じゃあ今晩は君を本当に返えさないよ…」
「私も帰りたくない」
「綾ちゃん、君が心から欲しいよ」
「私もよ!」
二人はそのまま上野の旅館に入った。両方の両親には電話を入れて今晩は二人だけで過ごすと告げたが、避難がましい反対はなかった。初めて二人だけで風呂に入った。綾子は少し恥ずかしがった。それでも浩司は綾子の乳房を執拗に求めた。彼女は何も拒否はしなかった。
「優しくしてね」
と、言うのみだった。抱き合った浩司の手は何時迄も離れなかった。突然に浩司の男性自身が入り込んで来た。激烈な痛みを感じたが、綾子は堪えた。二人とも初めての経験である。ぎこちない手際であった。それでも綾子は嬉しかった。やっと浩司と一つの身体になれたのだ。
次回に続く

想い出は風の彼方に(53)

浩司の母親は急いで寿司屋に出前の注文を出す。特上の寿司が届くのと同時に浩司の父親も帰って来た。綾子の慶應大学合格の話を聞かされ満面の笑みを浮かべる。一斗樽を見て、さらに驚き喜ぶ。
寿司を食べ、一斗樽から栓を抜いて日本酒を美味しそうに口にする。
「いや、今日は最高の日ですな。うちの馬鹿息子がどれ程のお役に立てたかは疑問ですが、何にしても綾子さんの慶應大学合格は快挙だ。実にお目出度い、もし綾子さんが浩司のお嫁さんにでもなって頂けるなら父親としてはこんなに嬉しい事はない」
と、ご機嫌の絶頂だ。
浩司も綾子も黙って下を向いていた。綾子の母親と篠木までが、
「本当に、綾子を貰って頂けるならこんな良縁はない」
と、口々に賛同した。
突然、綾子が怒った様に…
「皆んな、何が面白くて私たちをそんなに揶揄(からか)っているのですか?」
浩司も同じ様に…
「そうですよ、今日は綾子ちゃんの合格祝いに集まったんでしょう。僕は一向に構わないけど、まるで婚約祝いみたいな騒ぎ方じゃあないですか。綾子ちゃんは未だ18才ですよ。これから大学に行って勉強する身ですよ。僕だって医師国家試験まで3年もあるんです。婚約がどうのこうのと云う時期ではないでしょう」
浩司の父親が、
「お前の言う通りだ。二人はまだ勉学中の身だ。先ずは大学に行って人間形成をするのが先決だろう。それはそれとして、健全な男女交際も人間形成にはまた重要な要素となり得る。事実、この2年余り二人は自分たちの分を弁(わきま)え真面目に勉学に勤しんで来た。その結果として、綾子さんの合格と云う快挙に繋がったのであるまいか。その意味では私達は彼等二人を、これからも暖かく見守って行くべきだろう。綾子ちゃん、浩司、そんな所で機嫌を直してくれ」
父親としては、真に当を得た発言だった。全員が心から納得した。春の陽は比較的に長いが、それでも8時ともなると外は真っ暗である。
「あら、あら、すっかり長居をして…徹夫、綾子そろそろお暇しようかね」
と、母が言うのを…
「お母さんとお兄ちゃんは先に帰って、私は後片付けのお手伝いをしますから」
「おや、そうかい。それじゃあ徹夫と二人でお暇しようかね」
「綾子ちゃん、そんな気を使わなくても良いのよ。お母さん方と一緒にお帰りになったら」
「でも、おばさま…浩司さんとも少しお話がしたいですし…」
「あら、綾子ちゃん。ご免なさいね、そんな事も気がつかずに。それなら少し後片付けのお手伝いをお願いしましょうか…」
「はい、おばさま。喜んで」
綾子は嬉々として答えた。
こうして二人を送り出した後、彼女は台所で後片付けを率先して行った。9時を回った所で、浩司と綾子は揃って家を出た。
「じゃあ、お母さん。綾ちゃんを送って行くよ」
そう言い残して彼女の家路へと向かった。
次回に続く

想い出は風の彼方に(52)

クラスメートであった篠木と会うのは、1年ぶりぐらいであった。彼の母親と会うのも同様である。綾子も付いて来た。一遍に3人の客が来たので、浩司の母親は少し面食らった。先ず篠木の母親が挨拶をした。
「いつも綾子が、こちら様に好き勝手に出入りさせて頂きお詫びの申し様もございません」
「いいえ、こんな可愛いお嬢さまが遊びに来て下さるのは毎日でも大歓迎です。宅の主人までもが、
『おや、今日は綾子ちゃん来ていないのか。風邪でも引いたのかな』
と言って、寂しがる有り様なんです。もう我が家の娘に貰ってしまいたいくらいなんですよ」
「恐れ入ります。あの様に不束(ふつつか)な娘が、その様に気にいって頂けるとは有り難い事です」
篠木も横から口を出した。
「本当に綾子のやつは、殆んど家に寄りつかず吉村の家にばかり行っているもんな…」
浩司が溜め息まじりに言った。
「しかし、篠木は偉いよな。自分は高校中退なのに、妹は大学まで行かせるのだから」
「それより綾子が慶應に合格したのは、何と言っても吉村のお陰だよ」
篠木の母親までもが、
「本当に綾子が、あんな名門大学に合格出来たのは浩司さんの良きご指導があったからこそです。酒屋風情の娘が普通に勉強して入れる大学ではないですから…」
「いえ、全ては綾子さんの努力の賜物です。うちの浩司の助言など、たかが知れています」
社交辞令的な長話が余りに続くので、横から浩司が口を挟んだ。
「お母さん、何時まで玄関先で挨拶をしているの。早く家に上がってもらったら」
シビレを切らしたかの様な言い方をした。
「おやまあ本当に、ともかくお上がり下さい」
「それでは、失礼します」
そう言ったと思うと、重そうな一斗樽を慣れた腰つきで篠木が家の玄関から居間へと運び入れた。
「随分と仰々しい物を運んで来たんだな」
そう驚いた眼差しで、浩司が篠木を見た。
「な~に、綾子が日頃からお世話になっているお礼よ。親父さんが日本酒が好きだって聞いたし、お前だって結構飲むんだろう」
「それにしても、さすがに酒屋だけの事はあるな、全くビックリしたよ。しかし、親父がこれを見たら喜ぶだろうな」
「さあ、皆さんお座りなさって下さい。ただ今、コーヒーなどをお持ちしますから」
浩司の母親は満面に笑みを浮かべて言った。
「おばさま、私もお手伝いしますわ」
そう言って、綾子も台所に足を向けかけた。
「綾子さん、今日は貴女が主賓でしょう。そのまま楽にしていて…」
「でも、おばさま一人では大変でしょう?」
「何だ綾子、お前はこの家の嫁みたいだな」
そう言う兄を綾子は睨みつけて、
「お兄さん、そんな言い方は浩司さんに失礼でしょう」
と、抗議をした。
次回に続く

想い出は風の彼方に(51)

時代は昭和40年代である。戦後20数年しか経っていない。
性道徳はまだ古風な一面が残されていた。処女性も重んじられ、婚前交渉が何とか認知されつつあった。私の同級生など、お見合いで数ヶ月の交際で婚約までしたが、相手が処女でないと知れた途端に婚約を即座に解除した。
そう言う時代の話なので、現代の若い人の感覚では浩司と綾子の健全さは滑稽に映るかもしれない。さらに純愛と云う言葉が今や死語となりつつある時代では、若い読者には時代錯誤の話と映るかもしれない。
しかし、性道徳と云うものは時代の変転の中で大きく右にも左にも揺れるので、何が正しいと云う基準は存在しない。古代では近親相姦が当然視されていた時代さえあったのだ。
一夫多妻もあれば、一妻多夫制さえある。もちろん現代の日本社会では認められていないが…結婚適齢期にしても近代社会では16~18才ぐらいが一般的だった。
かつては初産の最適齢期は19~22才と言われていた。それが医学の進歩により現在の産婦人科学会では22~26才までが、適齢期の定説となっている。
それが昨今(2014年)では、初産の平均年令は30.6才となっている。女性の生殖能力に変化は見られないのに、高齢出産が常態化している。女性の高学歴と職業意識の向上が、この様な高齢出産と結びついているのだろう。
この高齢出産の傾向は知的障害児や問題行動児、ダウン症候群の飛躍的な増大となって、大きな社会問題になるのは間近であろう。
話はまた脇道にそれてしまったが、それからも浩司と綾子の比較的健全な交際は続いた。比較的と云うのは、時々の口づけや抱き合ったりする行為にまでは止め様がなかった。しかし、最後の一線だけは何とか乗り越えずに踏み留まった。
綾子は自分の家にいるより、浩司の家にいる時間の方が多くなっていった。もちろん夜は自宅に帰って行ったが…
綾子は勉学にも励み、学校の成績もどんどん上昇していた。その分、親達は彼等の交際を暖かく見守るしかなかった。
浩司は部活には打ち込み日本中の山を歩き回っていたが、大学の成績は芳しくなかった。さすがに留年や追試験に引っかかる事はなかったが、やはり暇を見つけると文学書や哲学書を読み耽る時間が多かった。それでも綾子の勉強の面倒はよくみた。たまには二人で映画を見たり、動物園に行ったりする事もあった。
長い合宿生活を終えて帰宅すると、台所で綾子が母の手伝いなどをしていて驚かされる事が度々あった。母もすっかり綾子を自分の娘の様に可愛いがり
「綾ちゃん、綾ちゃん」
と、呼ぶようになっていた。
父親さえもがすっかり綾子に馴染み、綾子と浩司の結婚問題は既成の事実となりつつあった。
そして綾子は見事、慶應大学の英文科に現役合格を果たした。その合格通知を持って、篠木の母親と篠木自身が酒樽を持って浩司の家に来た。
次回に続く

想い出は風の彼方に(50)

2階に戻って、彼は今の母の言葉を全て綾子に話した。綾子は真っ赤な顔をして、
「どうしょう私、もうこの家に来れないわ!」
と言って、泣き出しそうになった。
「大丈夫だよ、僕たちが真面目な交際をしていれば良いだけだ。今日は少しは羽目を外し過ぎたかもしれない。母が一階にいるにもかかわらず、それすら忘れ僕は自分の欲望に負けていた。母に気付かれたのも当然といえば言える」
「でも最初に浩司さんを誘ったのは私の方だわ。罪は私の方にあるのよ」
篠木さんと呼んでいた綾子が何時の間にか、浩司さんと言い始めていた。最後の一線は越えなかったものの、今や二人は完全に恋人同士となっていたのだろう。
「綾ちゃん、少し前から僕も君を女性として意識していた。だから母に指摘された様に、自分の部屋にわざわざ君を引き入れたのだ。本当に勉強だけするなら1階の居間でするべきだったのだ。それには僕の中にも意識しない下心があったのだろう。悪いのは僕の方かもしれない。女性とこんな体験をしたのは、今日が初めてだ、それで我を忘れてしまったのだ。言い訳に過ぎないけど」
綾子は目を輝かして、
「本当に、私が初めてなの。それなら嬉しいわ。私も男の人にあんな事を許したのは初めてよ。だって浩司さんの事がどんどん好きになって行くんだもの」
綾子のそんな言葉に、浩司はまた彼女を抱きしめてしまう。しかし、直ぐ我に返って彼女を離した。
「君は見る度に可愛いくなって行く。他に言い寄る奴も、かなりいるだろう」
綾子はクスクスと笑い出した。
「な~に、それ嫉妬って言うの。馬鹿みたい、私は浩司さん以外の男性なんか興味ないもん」
そう言われて、浩司はまた彼女を抱き寄せ唇を重ねてしまう。彼女は何の抵抗もしなかった。母の忠告が無ければ、彼等は間違いなく愛の河にそのまま溺れてしまっただろう。
しかし母の忠告が頭の中から離れず、浩司は理性を何とか取り戻しベッドから起き上がった。そして静かに語った。
「僕は君を見ていると、欲望の渦に飲み込まれそうになる。でも今はじっと耐える時だと思う。君は17才だ、成人にもなっていない。僕だって21才の大学生で、未だ親に養われている身だ。二人の間で子供が出来ても責任が取れる訳ではない。だから、これ以上の行為はただ本能と云う欲望に負けただけだ。僕等は責任が取れる大人になるまでは、我慢すべきだ。
そして、ゆっくりと二人の愛を育んで行くべきだと思う」
綾子は頬に涙を落としながら、コックリと頷いた。
「私も大学に行き、浩司さんに寄り添えるだけの教養を身につける努力をします。始めは短大ぐらいしか考えていませんでしたが、やはり4年制の大学を目指します。これからもずっと付き合ってくれますよね!」
「もちろんだ。君が一流の大学に合格出来る様に僕も精一杯協力するよ。その為に必要なら週に何度でも勉強の手助けはするつもりだ」
次回に続く