潮騒は聞こえず(69)

妊娠8ヶ月の定期検診で逆子かもしれないと紀子は医者に言われ、少し不安を抱く。でも医者は、こう付け加えた。「まあ、この時期は半数近くが逆子ですから余り気にしなくても大丈夫ですよ。それより逆子を直す体操を教えますから、毎日少しづつやってみて下さい。その体操だけでも逆子の多くは直ります」との説明で、不安は薄らいだ。家に帰り清吉にも、その話しをしたが「医者がそう言うのなら心配ないのだろう」と、彼は余り取り合わなかった。それより夕方からの料理の仕込みで忙しかった。店は馴染みの客も増え常勤の板前も新しく一人雇い入れていた。女子店員もパートだけでは足りず、正職員として更に二人を採用していた。食堂の売り上げは伸びる一方で儲けも大きかった。一般的にいって流行っている飲食店は3割以上が純利益になる。それでいて税務申告は純利益の1割ぐらいしか出さなかったから金は溜まるばかりだ。日本中が高度成長期に入っていて、気のきいた店なら何をやっても儲かった。それでいて所得税は世界一高く、高額所得者の最高税率は90%近くと云う酷税だった。江戸時代から遡っても90%近い税率は過去に例を見ない。GHQ統治下の1950年シャウプ勧告により富裕層を一切認めないと云う発想に基づき採用された税制である。その結果、脱税が当然の如く世間一般で横行していた。一億円の所得があると手取りが一千万円になってしまうと云うのだから脱税するなと云う事自体が無理な話しで、この税制は戦後30年以上も続くのである。
話しは横道に逸れてしまった。9ヶ月目の検診でも逆子はまだ改善されていなかった。「このままでも大丈夫ですか」と、紀子は心配そうに医者に尋ねた。「大丈夫ですよ、まだ臨月までには1ヶ月近くもあるじゃないですか。いざと云う場合は帝王切開っていう方法もありますから」「お腹を切り開くのですか」「まあ、最悪の場合はそう云う事になりますが、大した手術ではないですよ、盲腸に毛の生えた様な手術ですよ」と、医者は気楽に笑顔で答えたが紀子の不安は逆に増して来た。でも今はともかく医者を信頼するしかない。家に戻り医者には言えなかった不安感を清吉に、あれこれ話して自分の気持ちを宥める。「お腹を切り開くのか、それは大変な事じゃないか。別の医者にも相談してみょうか」と清吉も本気になって心配してくれたので、彼女の不安は少しづつ落ち着きを取り戻して来た。
明日に続く

潮騒は聞こえず(68)

清吉に取って紀子は初めての女であった。生真面目で、ことぶきの店の切り盛りに高校時代から専念して来た彼に、年頃の多くの若者が費やす恋愛などと云う感情に、浸っている暇は何処にもなかった。紀子との結婚も、ただ親の言うがままに従っただけだ。その親にしても嫁を人手不足の解消ぐらいにしか考えていなかった。そんな形で成り立っていた結婚であるから、夫婦と云うよりは同居人に近い二人であった。もちろん時には夜の営みもあったが、ほとんどは思い出した様な稀な行為でしかなかった。紀子に取っても清吉が初めての男性であった。現在に比べると未だ、はるかに処女性が重んじられる時代でもあった。しかし道子の死を境に二人は急速に接近しだした。紀子の心の奥底にどの様な思惑があったにせよ、これまでは形式にしか過ぎなかった夫婦関係が、若い男女の新婚生活の様な日々となって、清吉は生きる事に限りない喜びを感じていた。妻が美しいとも感じた。紀子もまた清吉に男としての情愛を強く抱き始めていた。こうして紀子は三度目の妊娠をした。彼女が心の底から望んだ妊娠だった。清吉も心から喜んでくれた。紀子は幸福だった。結婚8年目で本当の夫婦になった感じである。清吉はパート店員の数を増やして紀子の仕事の負担を少しでも減らそうとした。これまでには考えもしなかった気の遣い方である。そんな清吉の気配りと紀子の祈りにも似た思いが通じて、お腹の子は順調に育って6ヶ月が過ぎた。医者からも、とても経過は良好であると言われ二人して「男の子か、女の子か」と、そればかりの話題が多くなって来た。口にこそ出さなかったが清吉は男の子を、紀子は母の生まれ変わりの女の子を欲しがっていた。でも清吉は「男でも女でも元気に産まれてくれる事が一番だ」と、快活に笑っていた。紀子の妊娠を知ってからは、伊豆の貞雄への見舞いは月に一度ぐらいに減った。それまでは二人で行っていた見舞いも、紀子の身体を気遣い彼が一人で行く事が多くなっていた。今の彼には父の貞雄より、はるかに紀子の身体を思う気持ちが強くなっていた。伊豆の温泉病院に移って早くも一年半以上が経っているが、貞雄は見舞いに来る度に元気を取り戻していた。今では病院の廊下ぐらいは自分一人で車イスの操作も、不自由な左手と左足ではあったが何とか使いこなしていた。言葉も以前よりはかなり理解しやすくなり、大体の意味は通じる様になって来た。そして病状の回復と共に温泉病院に移ったばかりの柔和な顔付きは、貞雄本来の我の強い表情に戻りつつあった。そんな父親に清吉は何故か紀子の妊娠を告げる気にはならなかった。それ以前、道子の災禍と葬儀に関しては一様の報告はしていた。しかし、そんな話を聞かされても貞雄はほとんど興味を示さなかった。病人特有の自己中心主義がなせる反応なのだが、それを話した清吉も同席していた紀子も良い気持ちはしなかった。それ以来、紀子は伊豆への見舞いに清吉と共に行こうとはしなかったし、彼も紀子を無理に誘いはしなかった。そんな気持ちも手伝って、清吉は父親に紀子の妊娠を告げる気にはなれなかったのだ。
明日に続く

潮騒は聞こえず(67)

道子、享年49才の初七日は誰知れずに過ぎ去った。清吉と紀子、二人だけの葬儀と言っても良かった。幾人かの弔問客は来たが10人にも満たなかった。もちろん徳治には知らせなかった。知らせれば義理堅い男だからそれなりに、分厚い香典袋を携えて焼香の一つにでも顔を出したかもしれないが、道子はきっと、そんな徳治を拒否するに違いないと紀子は確信していた。母のプライドの高さは、紀子が誰よりも知っている。それよりも何よりも紀子自身が徳治に会いたくはなかった。何をどう言っても自分たち母子を捨てた男だ。そんな男の憐れみなど誰が受けたいと思うものか。
ことぶきは7日間も臨時休業の札を出していたが、8日目には通常どおり店は開けた。客も数日で戻り、以前の忙しさで毎日が明け暮れるようになって来た。道子が亡くなって、この世に血の分けた肉親が一人もいないと云う現実は、何処にも帰る場所がないと云う意味に通じる。せめて子供の一人でもいれば、それが未だ物言えぬ赤子でも自分の生きる証しに繋がる。帰る場所は無くても心の拠り所にはなる。そして幼き者たちには限りない未来がある。その未来に夢を添えて、自分も生きる張り合いが持てる。そんな心の渇きから、紀子は道子が亡くなってからと云うもの、清吉と少しでも多くの時間を取るように努めた。仕事が片付いて清吉が一人入浴している様な時でも紀子は自分から進んで彼の後を追って浴室に入って行った。「なんだ、どうした!」と清吉が戸惑うのも構わず、「うん、たまには背中を流して上げようかと思って」と、微笑み返した。「背中なら一人で流せる」と気後れする清吉に、「馬鹿ね、一緒に入ったって良いじゃない。それとも私の事が嫌い?」「そんな事はないが…」「大きくて頼りがいのある背中だ事、洗いがいがあるわ。ねえ、私はもうあなた以外に誰も頼れる人はいないの。私の事を捨てたりしちゃ嫌よ」と言いつつ背中の後ろから抱きついて行った。清吉は少し狼狽(うろた)えながら、「誰がお前の事を捨てたりするか、今度のお母さんの事でお前は急に心細くなって来たんだ。大丈夫だ!お前の事は俺がしっかり守る」「本当ね、嘘ついたら嫌よ」「誰が嘘をつくか、俺には出来過ぎた女房だと思っている」「本当なの、嬉しい!」と言って、紀子の方から唇を押し付けて行った。清吉も、嬉しそうに応じた。ともかく紀子は、今程強く子供を望んだ事はなかった。どうしても血を分けた肉親が欲しかった。これまでは余り子供が欲しいとは考えていなかった。流産した時でさえ、それ程は深刻には捉えていなかった。しかし道子を亡くした今は、狂おしい程までに子供が欲しかった。夜寝床に入ってからも積極的に清吉の布団の中に入って行った。これまでには全くない出来事だった。
明日に続く

潮騒は聞こえず(66)

二人が通されたのは北側の奥まった遺体安置室だった。線香の香りと燻(くすぶ)ったカビ臭い匂いが部屋中に充満していた。哀しみと云うよりは絶望の淵に包まれる空間だ。まだ柩には納められていない遺体が三つ並んでいた。清水警部補は二人に左端の遺体を指で差し「こちらです」と言い自ら先に立って、その遺体の顔の白い布を外した。とても正視出来ないと思って紀子は身体の半分以上を清吉に預けていたが、目だけは布を外された顔を凝視していた。それは紛れもない母、道子の優しい顔だった。「顔の損傷がほとんど見られないのは、煙による一酸化炭素中毒による死亡が原因ではないかと、消防署が見解を述べておりました」と、鈴木警部補が横から説明した。紀子にとってはせめての慰めだった。幾ら亡くなったとはいえ、無残な死に顔を見るのは辛すぎる。「お母さんは綺麗や」と、清吉も紀子を庇うように一言、口から溜め息まじりの言葉を発した。紀子は清吉の左手を強く握りしめて「本当にね」と言いつつ、涙は止めどもなく流れた。清吉は何も言わず紀子の肩を愛しむ様に支えていた。鈴木警部補が「村田道子さんに間違いないですね」と、職務上の質問をして来た。「はい、間違いございません」と、清吉が代わって答えた。紀子は首だけでうなづいた。言葉が出なかった。清吉に支えられて立っているのがやっとだった。普段は無口で仕事にだけ真面目な夫が、この時ほど頼りに思えた事はなかった。頭は真っ白で言葉と云う言葉を失っていた。ただ母の手をとって、その胸に泣きすがりたかった。鈴木警部補が静かな口調で「検死確認の解剖はどうなさいますか」と、尋ねて来た。清吉も紀子も、その意味が分からなかった。その気配を察した警部補は「いや、ご家族の申し入れがあれば本当に一酸化炭素中毒による死亡なのかを司法解剖で確認しても良いのですが、どうなさいますか」と、聞いて来た。その警部補の言葉を聞いて紀子の意識が急激に目覚めて来た。「解剖って、母の身体を切り刻む事ですか」「はい、その通りです」「それって、どうしてもしなければ行けない事なのですか」「いや、今回の場合は犯罪の疑いが少ないのでご家族の希望しだいです」と、警部補は答えた。「出来たら、母はそのままにして下さい。私たちは、このまま母を静かに引き取らせて頂きたいのです。何をどうしたって母は戻って来ないのですから」と、紀子は警部補に自分の意思をしっかりと述べた。「分かりました、それではご希望に沿うように手配します」と、警部補は応じた。彼も夜間からの火災騒ぎで相当に疲れている様だった。道子49才、紀子28才、共に恵まれない母子の故なき別れであった。箱根路は今まさに紅葉の美しい季節だというのに。
明日に続く

潮騒は聞こえず(65)

真夜中の電話、何だろうこんな時間に。紀子が枕元の目覚まし時計に目をやると、午前3時半だ。伊豆の病院からかな、貞雄の身に何かあったのだろうかと、思いつつ一階レジ脇の電話口まで下りて行った。「もし、もし、吉沢さんのお宅ですか」「はい、吉沢ですが」「こちらは小田原警察署です。失礼ですが村田道子さんは、そちらの知り合いですよね」「はい、私は村田道子の娘ですが、それが何か」「実は村田道子さんと思われる遺体が発見されたのですが、確認に来て頂けますか」「母が死んだと言うのですか、何故?」「村田さんがお勤めの旅館、丸菱が火災で大半が焼けてしまったのです。酔った客の寝タバコが原因ではないかと、もっか原因は捜索中ですが、ともかく至急にいらして下さい。小田原警察署の清水と言えば分かる様にしておきますから」「清水さんですね、小田原警察署に行けば良いんですね」「そうです、それでは失礼します」「有難うございました、なるべく早く伺います」電話を切った瞬間に緊張感から解き放たれたのか、紀子は電話口の脇に座り込んでしまった。清吉も二階から下りて来た。「お母さんが死んだとか言っていたが、何の事だ」「私にも何だか分からないんです。でも警察の電話で母らしい遺体が見つかったと言うのです。ともかく小田原の警察署に行って見ます」と、意識もそぞろだ。「俺も一緒に行こう。店の方は臨時休業にすれば良い。お前の親は俺にとっても親だ」と言われ、「この人はやはり自分の夫なんだ」と、清吉の膝の上でしゃくり泣きしてしまった。泊まりがけも起こり得ると1,2泊の用意はして新宿から小田急線で小田原駅に向かった。1971年、紅葉の季節であったが早朝なので駅に降りる人は少くなかった。逆に新宿に向かって乗り込む出勤客が多かった。自分達だけが他人とは別の方向に歩いている事に奇妙な不安を感じた。小田原警察署に着いたのは午前7時を少し過ぎていた。警察署の受付で「吉沢と申しますが、先ほど清水さんからお電話を頂いたものですが」と、紀子が恐る恐る挨拶をした。「吉沢さんですか、少しお待ち下さい。お~い、誰か清水警部補を呼んで来てくれ」と、受付の巡査が呼ぶ間もなくすぐに、清水警部補と呼ばれた40才台前半と思われる警察官が現れた。「これは朝早くから、ご苦労様です。村田道子さんの娘さんですね。え~と、吉沢さんでしたね」「はい、先程お電話を頂きました吉沢です」「そちらの方は?」「主人です」と言われ、清吉が軽く頭を下げた。「まだ確定した事実ではないのですが、酔った客が寝タバコをしていて、そのタバコが枕元の新聞紙に燃え移ったのではないのかと云うのが消防署の見解です」「それで、母は本当に死んでしまったのですか」「はい、残念ながら」
明日に続く

睡眠障害

齊藤さんへの回答
先ずは夜間頻尿が何故起きているのかです。一つは前立腺の病気などがあるのか、もう一つはイビキなどを伴う睡眠時無呼吸症候群がないのかです。さらに高齢者では加齢による脳波以上が発生し睡眠障害が起きている事も多々あります。ともかく夜間頻尿と睡眠障害が解決されなければ昼間の猛烈な眠気は治らないでしょう。ですから第一番目には泌尿器科を受診し、夜間頻尿の相談をしてみて下さい。次に呼吸気内科で睡眠時無呼吸症候群の検査を受けて下さい。最後に神経内科で脳波による睡眠障害がないかを相談して下さい。ご面倒でも一つを丁寧に解決して行く努力をするしかないのです。総合内科の当院であるなら私一人で、ほとんどの問題は解決できると思いますが、総合病院ですと各科が専門過ぎて一人の医者では総てをみる事は困難です、残念ながら。



89歳男
昼間猛烈な眠気があって3時間位小便にも行かない、夜は中々寝付かれないし、1時間~1時間半毎に小便に行く、改善方法

潮騒は聞こえず(64)

貞雄の病状は一段落し伊豆での入院生活にも慣れ、日常生活動作も徐々にではあるがそれなりの改善が認められ出していた。清吉と紀子は月に1,2度の割合で伊豆の病院に出かけていた。食堂の経営も順調で、3人のパート店員の定着率も良くなり、貞雄の入院費を支払っても貯金の残高は確実に増えて行った。後は子宝に恵まれる事だけが二人にとっては最大の関心事であった。結婚して7年の間に2度の妊娠はあったが、いつも流産に終わってしまった。21才で4つ年上の清吉と一緒になり新婚らしい生活は1年と続かなかった。貞雄が大工の仕事中に屋根裏から足を踏み外し大怪我をしたのが、紀子22才の年で、そこから貞雄は身を持ち崩しアル中の世界にと入って行った。義母の富江は子宮癌が潜在していたらしく貞雄の大怪我と時を同じくして「疲れた」を連発するようになり、食堂ことぶきの運営は清吉と紀子の専従となってパート店員も出入りが激しく、余りに忙しい日々が続いていた。夕食もほとんど駆け込み様に食べ、店が終わると身も心も疲れ果て夫婦の会話もなく、ともかく少しでも寝ようと云う生活の中で、子供など出来ようもなかった。2度も妊娠したのが不思議なくらいだ。そんな生活の中では流産は当たりまえとも言えた。
いったい自分は、この家に何で嫁にやって来たのだろう。朝から晩まで休みもなく働き続け、これまではアル中の義父の世話までさせられ人間以下の生活だった。週一日は定休日となっているが、それだって映画の一つ観に行く訳でもなく、清吉は料理の研究に専念しているし、私が何か話かけても決まって生返事だ。それでも貞雄が伊豆の病院に入院し落ち着いた生活が出来る様になってからは、2ヶ月に1度ぐらいはデパートで買い物をし、日頃のストレスは少し解消出来る様になって来た。もちろん清吉が一緒に付き合ってくれるなんて事は一切ない。伊豆の病院に出かける時は必ず紀子を連れ出す癖に…。病院が変わり半年程たって貞雄は車イスでの生活が可能になって来た。まだ人の手は借りなければならかったが。食事は全粥で半分以上は介助が必要であった。何か喋ろうとするが意味は聞き取れない。半年以上も酒を飲んでいない為か、それとも病気による影響か顔はずいぶんと穏やかになり険も取れて来た。以前のアル中になる前より柔和な顔つきになっている。紀子は吉沢の家に嫁いで以来、そんな貞雄の表情に接するのは初めてで、心に迷いが生じていた。どれが本物の貞雄なのか戸惑いを感じていたのだ。もしかしたら、こんなにも人間が変わるのなら貞雄と同居するのも、我慢出来るのではないかと一瞬思ったりもしたが、そんな自分の甘さを直ぐに否定した。自宅に帰ったら一体誰が貞雄の介護をするのか、自分の仕事になるのは目に見えているではないかと考え直した。アル中が治ったにしても介護に手がかかる事に変わりはないのだ。
明日に続く

Sさんへの回答

Sさんへの回答
先ず多発性骨髄腫(M.M.)の治療と認知症の治療の同時並行の治療は容易ではありません。抗癌剤、ステロイド療法あるいは放射線照射その他に治験的な事もなさっていて、ご質問の内容を拝見する限り、現在の所M.M.の治療は成功しているのでしょうか。お父さまの認知症に関する病名は心療内科の医師の診断通り、前頭側頭型認知症(ピック病)ではないかと思います。では現在の担当医師は何故アルツハイマー型認知症の初期症状と診断なさったのでしょうか。自信を持って回答しにくいのですが、M.M.の治験薬の影響を考慮せずにはいられません。抗癌剤の弱毒化した物あるいは免疫抑制剤に準じた治験薬だと思うのですが、私にはその治験薬の成分が分かりませんので、推測の域を出ないのですが、その様な治験薬ですと時にピック病の興奮性が抑制されているかもしれません。その様に考えないと入院中の安定した精神状態が理解出来ないのです。そうであるならば、以前の心療内科の医師に相談して治験薬の話とピック病から少しアルツハイマーに移行(恐らくは治験薬の影響)した現在の病状にあった認知症薬の調整をしていただけるのではないでしょうか。これまでのお父さまの家庭内での暴力、罵声がトラウマになっていて、とても自宅での介護は無理だという思いは十分に理解出来るのですが、もしかすると以前の様な罵声がなくなっているかもしれません。距離的に可能であるならば当院での入院は可能です。しかしM.M.の完全な治療は困難で高度の腎障害、貧血、病的骨折(何でもない事で直ぐに骨折してしまう。極端な場合、寝返りだけでも)等の多くの問題を抱えていますので、生命的予後も長くはないのです。ですから可能なら認知症薬で調整しながら、大変でしょうけどご自宅で介護が出来るならばと、思われてならないのですが。介護の辛さが医者になど分かるかと、お叱りを受ける覚悟で申しております。





75歳父の事でご相談いたします。2年ほど前から家族に対して罵声、罵り、暴力が出るようになりました。また、食べ物に対しての執着、数々の奇行が出始めました。多発性骨髄腫(血液がん)の治療を治験でしておりその関係かなかなか他の治療や検査をしてもらえず、やっとの思いで心療内科にかかることができました。抑肝散を処方され半年ほど飲んでおりました。その時の診断名は前頭側頭型認知症と。薬を飲んでいても症状が改善されないためにメマリー、リスパダールと増やしていただきました。段々と行動の制限ができるようになったと思えたのですが2が月前くらいから一段とひどくなり車で迷子になる暴走をする。油を飲んでしまうなどの行動をしてしまうことになり、医療保護入院を進めていただくことになり、血液がんの治療ができる病院に任意入院しました。
検査をするということで病院にやっと連れて来ました。本人はこんなところに入れてと激怒しています。入院中は症状も比較的に穏やかで主治医の診断名はアルツハイマー型痴呆症の初期でこれ以上の入院は必要がないとのことでした。
しかしながら環境も違いストレスもない入院生活と日常生活では違うので、また同じことを繰り返すのではと心配しています。あの父の症状では家族の誰も止めることもできず、一段とエスカレートすると思っております。
家での介護には限界を感じております。しかしながら病院は退院しなければなりません。どのようにしたら良いのか本当に困っています。