潮騒は聞こえず(126)

1985年2月、翔太はもう直ぐ年少の幼稚園である。里美が亡くなって満2年、
「里美さんの墓参りを親子三人でしたい」
と、紀子が急に言い出した。
「伊豆の彼女の実家を見たいの。
母、道子の実家、広島にも行ってみたいけど今は翔太の母、里美さんに元気な翔太を見せて上げたい」
と、言われれば清吉に反対する理由はない。
1985年2月12日、里美命日の日、親子三人は清吉の運転で南伊豆に向かった。
水曜日で店は定休日、朝から晴れ上がり伊豆までは2時間もかからなかった。
「里美さんの、お墓はどうしているの」
「いや、取り敢えず南伊豆の里美の実家に近いお寺さんに骨壺だけ預けてある」
「ご両親のお墓に入れて上げなかったの」
「以前にも話したが、里美の両親は例の伊豆半島沖地震の土砂災害で亡くなっている」
「その、お気の毒な話しは確かに聞いた事があるわ」
「その土砂災害で里美の両親の遺体も判明しないまま、無縁仏みたいな形で処理されているみたいなんだ」
「まあ、それは気の毒に」
と、紀子は溜め息をついた。母、道子の遺骨も寺に預けたままになっているし、
「店を拡張するのも良いが、父母の墓も何とかしなければ…」
と、紀子は今更のように自分の怠慢さを恥じた。
昼前には里美が納骨されている寺に着いた。お布施を手渡し、線香も上げさせてもらった。
「里美さん、あなたの大切な翔太は私が母親代わりとなって、きっと立派に成人させます」
と、紀子は里美の遺骨の前で固く誓った。3才の翔太は紀子の真似をして、小さな両手だけを合わせていた。その遺骨が実の母のものであると云う自覚はなかった。
ご焼香の後は、南伊豆海岸沿いの料理屋で昼食を取った。絶壁の上に建てられた料理屋で、窓際の個室に通された。自分達が料理屋を経営しているから、二人とも食べ物にはうるさい。
しかし、この日は料理そのものよりも窓の下に映る潮騒の波の勇壮さに圧倒されていた。
「こんな所で里美は育ったのだ」
と、清吉には何か胸に迫るものがあった。死ぬ前日に、
「田舎に帰りたい。私は海辺のあばら小屋で潮騒の音を聞きながら、父ちゃんと母ちゃんの所に逝きたい、それだけなの」
と言った、彼女の強烈な言葉を清吉は思い出していた。
清吉の過去の記憶に立ち入るように紀子が
「この海辺の小さな丘に私達の手で
里美さんのお墓を作りましょうよ」
と、言って来た。
「貴方とは何の関係もなく、翔太の為に私は里美さんのお墓を作りたい」
と言う話しに、異論はなかった。しかし、
「貴方とは何の関係もなく」
と言う言葉に小さな棘を感じた。
「そして私の父と母の為にも、お墓を作らせて欲しいの」
と、紀子はやや潤んだ眼差しで言った。
「潮騒の音ではなく、山の声が聞こえるような所が良いな。母の実家は広島だけど海辺ではなく山の方に近いって聞いているし…
父の事は殆んど分からないの。だから
潮騒ではなく山鳩や小鳥のさえずりが聞こえるような山の声が聞こえる所も良いんじゃない」
と、紀子は話しを続けた。
明日に続く

潮騒は聞こえず(125)

紀子との関係が修復した一週間後には、早くも品川のマンションを引き上げ紀子のいる大久保の自宅に翔太共々、引っ越して来た。
翔太が生まれる前から里美の世話をしていた家政婦は露骨に嫌な顔をした。清吉の変わり身の速さに侮蔑的態度を示した。
里美の葬儀に付きあってくれた、たった一人の家政婦であった。本宅などに帰ったら
「翔太ちゃんが、継子扱いされて可哀想だ」
と、最初から決めつけていた。
紀子はそんな女ではないと幾度説明しても、
「旦那様には女の本性が分かっていない」
と最後まで譲らない。
50才になりかかった家政婦の言い分も理解出来なくないが、清吉は紀子を信じていた。
かつては苦楽を共にした自分の妻が、清吉のこれまでの行状を全て許すと言ってくれたのだ。
翔太も自分の本当の子供として育てると約束してくれたのだ。
家政婦の心配も分からなくはないが、やはり自分は紀子を信じると言って家政婦には辞めてもらった。
里美の洋服や形見の品々は、取り敢えずレンタルボックスに保存した。
1984年5月初旬、初夏の陽気が漂う日に越してきた。
奥座敷10畳間には「五月人形」が飾られていた。鎧兜が威風堂々と周囲を圧倒していた。清吉は紀子の心遣いを素直に感謝した。
翔太は大久保の自宅にも直ぐ馴染み10日もしない内に紀子と風呂にも入るようになっていた。
清吉への愛が深まれば、翔太への愛も深まって行く思いだ。
引っ越しも一段落した5月半ばから清吉は食堂経営に専念した。
板前からやり直すと宣言したが、さすがに紀子が許さなかった。
仮にも昨日までは社長でいた人間である。一板前から店に出入りされたのでは、
「他の職員が遣りにくい」
と、紀子が言い出した。
それでも清吉は開店前の玄関周りの掃除を率先して行った。料理の味付けにも細かく口を出すようになって来た。食器や盛り付けにも注意を怠らなかった。
6月9日は翔太が3才の誕生日だ。わずか一年前である、里美と三人で翔太の誕生日を祝ったのは。
それを今は紀子と三人で誕生日の祝いをしている。何とも感慨深い事だ。
引っ越して1ヶ月余りなのに翔太はすっかり紀子に懐き
「ママ、ママ」
と言っては後を追っている。
丁度この時期の子供は、記憶力も曖昧で現在進行形でしか物を考えられない。
現在、最も自分を愛してくれる者のみを頼り、過去は記憶の彼方に消えて行く。
産みの母よりは育ての母が、本当の母親になってしまう傾向が強いのだ。
紀子も天から授かった子供でもあるかのように、翔太を慈しんだ。
バースデーケーキ3本のローソク、昨年は自分では吹き消せなかったが、今夜は翔太が一人で何とか消す事が出来た。
新しい形の親子3人、その幸福な夜が静かに過ぎていった。
明日に続く

潮騒は聞こえず(124)

再び席に戻り紀子が
「私も一緒にご相伴させてもらって良いかしら」
と、言って来た。
清吉は翔太を膝の上に抱きながら紀子と差しつ差されつつ夕食を共にした。何か10年ぐらい昔に戻った気分である。
ほろ酔い加減もあって清吉は、そっと紀子の手を握ってみた。紀子も握り返して来た。
ふと見ると、翔太が居眠りをしはじめている。
「ちょっと悪いけど、寝る前に翔太を風呂に入れさせて欲しいのだが」
と、今の自分の行動を少し恥じるように清吉は紀子に頼んだ。彼女も我に返って
「そうね、私も気づかずにご免なさい。直ぐに風呂の用意はさせますから」
と言って、いそいそと立ち上がった。
午後9時、清吉と翔太は風呂に入った。何時もは8時には風呂に入り、9時には寝る習慣なので翔太は少しグズっていたが浴室で清吉が童謡を歌って機嫌を取った。
泊まる予定はなかったが翔太の着替えとオムツは何処へ行くにしても必ず持ち歩いている。
浴室のドアを開けたまま紀子は清吉の一連の流れを見ていた。
全裸の姿を見られても清吉は不思議に気恥ずしさを感じなかった。紀子もただ物珍しげに見ながら、ふと呟いた。
「こうしていると私たち本当の親子三人みたいね」
と言いながら、翔太の体をバスタオルで拭いて、頭もドライヤーで乾かした。
翔太は半分以上は眠っていて紀子のされるがままだった。
寝かしつけるまでもなく寝床に運んで行くと、そのまま眠ってしまった。清吉も体を拭いて直ぐに出て来た。
「どう、もう少しお飲みになる。私はもう少し飲みたい気分だわ」
と、紀子から言い出して来た。清吉の新しい下着と着替えが用意されてある。
清吉は驚いて
「こんな物があったのか」
と、感動の言葉を思わず口にした。紀子はニッコリ笑って、
「ここは貴方の家でしょう」
と、数時間前とは言葉つきも変わり、昔の紀子になっている。清吉は我を忘れ紀子を激しく抱きしめ熱い唇を押しつけた。
「痛いわ」と、紀子が小声で言った。
「ごめん」と、清吉が手を離した。
「ううん、良いの」と、今度は紀子から唇を求めて来た。
一時、彼等は全てを忘れ抱きあっていた。
しばらくして清吉が、
「こんな俺でも未だ許してくれるのか」
と、体を離した。
「今度だけはね」
と、紀子は優しく答えた。
お互いの感情の昂りが少し静まり、二人はまた飲み始めた。
紀子は甘えた表情で清吉を見続けている。お酒を少し飲んでは口づけを交わす。まるで若い恋人でもあるかの様だ。
一体、何年ぶりだろうか、二人がこんなにも素晴らしい時間を共有するのは。そして何時しか二人の体は一つに溶けあった。
翔太はスヤスヤと眠り続けている。彼の上に新しい母が誕生した事も知らずに。
そして、この母こそが彼をずっと慈しみ続けてくれる事になろうとは。運命の糸が彼等を実の親子以上に、強く結びつけて行く事になろうとは未だ誰も知らない。
清吉45才、紀子41才、翔太2才10ヶ月、再び訪れた遅い春の季節であった。
明日に続く

潮騒は聞こえず(123)

「そんな軽々しく女房に頭なんか下げるものじゃなくてよ。それよりお腹が空いたでしょう、今直ぐに用意させますから」
「いや、今日はそんなつもりで来たんじゃあないから、ぼちぼち帰らせもらうよ」
「何を言っているんですか、もう7時半ですよ。あなたは良くても翔ちゃんがお腹を空かしています。ねぇ翔ちゃんお腹が空いたでしょう」
翔太はコックリと首を立てに振った。
紀子は得意そうに、
「そら子供は正直ですよ。可愛いそうにご免ね、今直ぐだからね」
と言って、台所の方に出て行った。
前もって用意されていたらしく
ハンバーグ、トンカツ、ポテトフライ、卵焼き、ともかく子供の好きそうな物が次から次へと出て来た。その手際の良さには驚かされるばかりである。
翔太はただ食べていた。何とも嬉しそうだ。清吉は心から感謝していた。紀子が
「子供が美味しそうに食べてくれる姿って良いわね、清吉さんありがとう。こんな機会を与えてくれて」
と言われ、彼は言葉に詰まった。
紀子に観音様を見る様な思いであった。改めて自戒の念に駆られていた。俺は、こんな女を裏切っていたのかと。
次に清吉と紀子の膳が賄い婦たちによりテーブルの上に並び立てられた。刺身、天ぷら、茶碗蒸し、神戸牛のステーキ、赤だしの味噌汁と、翔太に負けない配膳だ。もてなすと云うよりは紀子の意地を感じた。
「お酒にします、洋酒にします」と、紀子が聞いて来た。
「いや、お茶だけで十分だよ」
「そんな事を言っちゃダメ、二人、そうじゃない三人の新しい門出なんだから」
と紀子に言われ、
「それなら少しだけお酒を頂こうかな。何と言っても、ことぶきは銘酒が自慢の店なんだから」
と、清吉も誘われる様に答えた。翔太が急に体をモゾモゾさせ出した。清吉は直ぐに気づき「ちょっと悪い」
と取り繕った。
「どうしたの!」
と、紀子が不審そうに聞いた。
「いや申し訳ない、ウンチをしたみたいだ。先に食べてくれ、ちょっとオムツを変えて来る」
と言って、翔太を連れトイレの方に親子で向かった。
紀子は自分が未だ本当の母親になれていない事を自覚した。清吉は紛れもない翔太の父親なのだと云う思いがひしひしと胸に迫った。
子供を育てると云うのは、このような事の積み重ねなのだ。お金を稼ぐとか、宝石を収集するとかの話とは別の世界なのだと、紀子は思った。
その意味で自分は清吉よりも劣っているかもしれないと感じた。本当に翔太のママになれるのか、一度も子育ての経験のない自分がとも考えない訳には行かなかった。
清吉は翔太のオムツ交換を済ませ
「ご免ね、待たせて」
と詫びた。
「いいえ、私こそ翔太君の事を何も知らないで」
と言いながら、紀子は自分が本当に翔太の母親になれるのかを案じていた。
明日に続く

リナさんへの回答

ピック病の原因 :
残念ながら未だ正確には分かっていません。ピック球と云う変性細胞(顔で例えればシミ、ホクロ、ソバカスのような変化。頭髪で例えれば白髪、毛髪の後退)が前頭前野から側頭葉に蓄積して、性格の極端な変化が見られるのが特徴的です。
遺伝性について :
現在の所は遺伝的要素は否定的です。家族性アルツハイマー病のような遺伝子レベルの報告は確認されておりません。しかし、将来的には遺伝的要因が発見されるかもしれません。
交通事故による頭部外傷がピック病に移行するかの、
ご質問ですが、直接的な因果関係は否定的です。ただし、頭部外傷により神経細胞の損傷がピック病と同じように前頭葉に及べば、一見してピック病と似たような症状を示す事は考えられます。しかし、本質的には違う病状と考えるべきでしょう。



父親(66歳)が、多分ピック病です。
8年前に 車が大破する位の衝突事故を起こしましたが、本人は怪我一つなかったそうです。しかし、その頃から ハサミを『鉄の固まり』と言ったり、人格の変化が現れるようになってきました。かなり攻撃的になり、他人を気にせず 横柄な態度、突飛な行動を取るようになりました。

最初は、退職に伴う鬱病かとも思いましたが、症状から ピック病で間違いないと思います。今は、攻撃性はかなり薄れ 穏やかになりましたが、言葉の意味が全く理解出来ず、同じ言葉しか言えません。時間により 毎日同じ生活をして、同じものを食べています。なるべく一人にせず、母親と私の目の届く所に居させるようにしています。

そこでお伺いしたいのですが、ピック病は、交通事故のような 頭部衝撃が原因でなることもあるのでしょうか。

また、ピック病というのは 遺伝するのでしょうか。
色々調べてはおりますが、遺伝する 遺伝しない 様々なご意見があり、どっちなのか良く解りません。

交通事故との関連性をご存じの方がおられましたら、お伺いしたいです。
ちなみに、父の親(祖父、祖母共に)は、普通のガンで亡くなっています。父の兄弟3人も、皆 普通です

ホスピス

*ホスピス*
20世紀に入り、治療の当てがなく、余命いくばくもない患者の最後の安息に満ちた時間をケア(ターミナルケア)する施設としての近代ホスピスが、イギリス、アイルランドから始まった。

日本で最初のホスピス・ケアを提供する病床は、大阪の淀川キリスト教病院に設けられた。当時のホスピス長、柏木哲夫の功績によるものである。この病院での実質的なホスピス・ケアは、1973年から始められた。

独立した病棟としてのホスピスは、1981年の長谷川保による聖隷三方原病院(浜松市)の末期がん患者などのためのホスピス(緩和ケア病棟)開設が日本で最初である。

両病院は1990年4月25日に日本で初めて緩和ケア病棟として承認を受けている。

ホスピスにはどの時期から入院できますか?
この時期でなければいけないという取り決めはありません。
がんと診断され、手術や抗がん剤などの治療を行うよりも、苦痛症状を緩和する治療を中心に行うほうがよい時期であれば入院が可能です。
告知しないと入院できませんか?
患者さまがご自身の病気について知ったうえで緩和ケアを希望されていることが望ましいと考えます。
治療はできないのですか?
ホスピスでは痛みを緩和する治療を行います。お薬による疼痛コントロールを中心に、血液検査、点滴、輸血など、全身状態を維持するために必要な検査や治療は行いますが、いわゆる延命治療や患者さまの心身に辛さや負担を与えるような治療は行いません。
その他、通常の内科的治療は患者さまやご家族の希望に応じて行います。

潮騒は聞こえず(122)

紀子は迷いに迷っていた、この一本気な清吉の言葉に。自分が妊娠と卵巣嚢腫で死にかけた時の彼の涙と労わり、母の道子が亡くなった時の気の遣い方、貞雄を死なせたのは自分の罪ではないかとの苦悩の日々。恐らく、この人は本質的に一本気で純な人なんだ。
若い女との間に子供まで作り5千万円の金を持ち出し、その女にマンションまで買い与えたと聞かされ時は怒りと嫉妬で眠れぬ日が何日も続いた。
この幼気(いたいけ)な子供にも、亡くなった里美さんにも、この人は純な気持ちで尽くしたのだろう。
その間、ある意味では嫉妬も手伝って私はひたすら事業拡大と宝石収集に熱中していた。夫など不要の産物と決め込んでいた。
母の道子も男には恵まれなかった。
尽くしに尽くした徳治にも最後には裏切られた。今でも徳治は、のうのうと何処かで生きているに違いない。
でも清吉は違う。不器用だけど何かが違う。学歴もなければ教養もない、それでも男として最も重要なものを、この人は持っているのかもしれない。
これまでは別々の人生を歩みかけてしまったけど、もしかしたら未だやり直せるのではないかと、紀子は思い悩やみ始めた。それに増して翔太の愛くるしい事、目鼻立ちが清吉にそっくりだ。清吉への思いが変化するにつれ紀子の翔太への感情も暖かい母性的なものへと変わって行った。
愛人の子から母のいない哀れな子へと、切ない思いを抱き始めた。
「翔太君、お腹は空いてないの。こっちにおいで、今日からは私が新しいママよ。ほら抱っこして上げよう」
と、紀子は自分から翔太の方にすり寄り、キョトンとしている翔太を自分の膝に抱き上げてしまった。何と甘い感じの匂いだろう。未だ乳の匂いが残っているのだろうか。
それにしても子供を抱くと云うのは、こんなにも気持ちの良いものなのだ。紀子が始めて知る母性本能だった。
翔太は何が起こったかも分からず、そのまま抱っこされていた。そして急に
「ママ、ママ」
と言って、紀子の胸元に手を入れようとした。
清吉は驚いて
「ダメ、ダメだよ」
と、急ぎ慌てた。
紀子はニッコリ笑って
「良いのよ、こんなモミジの様な可愛い手で触られるなんて、本当のママになった気分だわ」と、目を細めた。
「済まない、本当に済まない。これまでの事を何と詫びたら良いのか」
清吉は汗とも涙ともいえぬものを畳の上にポタポタと落としながら目頭を熱くしていた。
「もう良いわよ、やり直しましょう。二人とも少し寄り道したのよ」
「じゃあ、これまでの事は全て許すと」
「そうは言っていないわ、過去の事は過去の事として、もう一度あなたと努力をしても良いと言ってるだけ。その努力が実るかどうかは、これからのお互いの心がけしだいね」
「ありがとう、それだけで十分だ」
と言って、清吉は紀子に深々と頭を下げた。
明日に続く

潮騒は聞こえず(121)

紀子が
「何ですか、自分の家のインターホンに中沢ですなんて言う人が何処にいますか」
と言って、出て来た。
久しぶりに見る妻の顔だが妙に色っぽい。それに随分と痩せている。新婚時の体型を取り戻しているみたいだ。
「いや長い事、無沙汰しているからどうにも敷居が高い」
と、清吉は頭をかきながら答えた。
「おや、あんたでも未だそんな
殊勝な気持ちが残っていたのですか。ともかく、お上りなさい。翔太君かい、可愛いね。ボクは幾つ?おばちゃんに教えて」
翔太は黙って指を二本出した。
「そうか、2才になるのか。あんたが、この子に夢中になるのも分かる気がします。そら、翔太君も一緒にいらっしゃい。お水が良いのかね、それともジュースが良いかな」
「水だけで、余り気を使わないで…」
「まあ随分と他人行儀な事ですね」
清吉は静かに切り出した。
「本来、この家に立ち入る事など許される人間ではない事を、重々承知で今日はやって来た。他でもない先日、この子の母親が亡くなった」
「亡くなった!本当に」
「本当だ!」
「でも、未だお若いでしょうに、何が原因ですか」
と、さすがに紀子も驚いた顔をした。
「胃癌だ」
と、清吉は冷静に答えた。
「未だ30前でしょうに、胃癌になんか成るのですか」
「29才だ、病気が見つかって一年ももたなかった」
「こんな小さな子どもを残して、さぞ里美さんも心残りでしたでしょう」
と紀子も、さすがに同情的だった。翔太は清吉にすがり付く様に座っている。
「そこで頼みがある。私は最早、社長でも何でもない。そんな資格もない。持っている私名義の株券は全て返す。
その代りもう一度、板前として私を雇ってもらえないか。勝手に持ち出した5千万円は今のマンションを売って返す。それと翔太を、この家の後継ぎにしてくれなどと云う大それた昔の話は忘れて欲しい」
と、清吉は感情を混じえず淡々と話し出した。考えに考えた彼の結論である。さすがに紀子も清吉の申し出には驚いた。
ここまで人が変わるものか、里美さんの死を乗り越えて、この人は必死に立ち直ろうとしている。
清吉は話しを続ける。
「それと後一つだけ頼みがある。紀子の力で翔太を大学まで出して欲しい。私はそれ以外の望みは何もない。それさえも厚かましい願いだと云う事も分かっている積りだ。
その分は私が、ここで板前として働かせてもらえるなら、そこの給料から翔太にかかる費用は差し引いて欲しい。私は未だ45だ、翔太が大学を出るまでは何とか働けると思う」
ここまで聞いて紀子の瞳からも何時しか熱いものが溢れて来た。これまでの清吉の所業を全て許す気にもなり始めていた。しかし何とか冷静さを保った。
「分かりました、あんたの話しはよく分かりました。板前として真面目に働いてくれるなら、ここで仕事をしてもらいましょう。翔太君の世話もさせてもらいましょう。必要なら、この家に住んでも良いし…」
「いや、それは困る。私はただの板前だ。板前風情が女将さんと同じ家に住んじゃならないでしょう」
と言われ、紀子は結婚当初の純な清吉を思い出した。
明日に続く