かなさんへの再度の回答

かなさんへの再度の回答
攻撃性が強く多弁性の強い認知症の方の第一選択薬はウインタミン散10mg/day(朝、夕5mgづつ)がお勧めです。多くの医師はグラマリールを使いたがりますが、ウインタミンの方が即効性があってコントロールしやすいのです。精神的な乱れ方により10mgから15mgさらに20mg
と増量して行きます。しかし現実にはウインタミンの使用経験の豊かな医師は決して多くありません。何故かと申しますとウインタミン散の薬剤費が余りに安いのです。つまり余りに安い薬剤の調合をどんなに苦労しても、そこから得られる利益は限りなくゼロに近いのです。そんな理由も手伝って大学を中心とする大病院では認知症の治療に役立つかどうかも分からない高度医療機器を使って、殆んど無意味と思える検査を最もらしい顔で繰り返しています。時には10万円近い金額を請求される事もあります。治療には何の関係もない検査にです。
この様な時代ですから真の意味で認知症に卓越した医師は殆んどいなくなるのです。大病院ほど悲惨です。遺伝子検査、脳血流検査、それらにどれ程の信頼性があるのかは未だ不明です。
ですから不勉強で利益追求のみを考えている大病院の医師にかかるよりは、家族の愛が最も重要だと申し上げているのです。
認知症の医療現場で40年近く働いている私から見れば、医療不信は募るばかりです。
確かに最低量の薬剤使用は必要です。しかしそれ以上に副作用の強い薬も多いのです。もちろん良心的な医師は沢山います。ただ病院の大きさには騙されないで下さい。脳トレの具体的な方法、精神的なスキンシップの方法、その他のご質問は何時でも受け賜わります。繰り返しますが認知症の私の沢山のブログ丁寧にお読み頂く事を心よりお勧めいたします。


早々の回答いただきありがとうございました。
認知症と診断されても治療がなにもされなかったのでどうしたら良いのかと途方にくれていました。
たぶん具体的に何も指示されなかったことが更に不安につながっている気がします。
また毎日、私も含め家族全員が父に振り回されている状態で余裕がありませんでした。
相談するところもなくすがるような気持ちで質問をしてしまいましたがこれから認知症について勉強して父に出来る限りの事をしてあげたいと思います。

(再)かなさんへの回答

攻撃性のある認知症の患者さんのメンタルケアは専門医の立場からすれば、それ程に困難ではありません。通常は抗精神薬で精神の興奮を抑えるのですが、薬の力だけに頼ると認知症は悪化するケースが多いのです。ある程度、精神的に落ち着いて来たら脳トレニーングを併用して行かなければなりません。この脳トレニーングにはそれなりの経験が必要です。大きな書店では脳トレに関する本は沢山出でいるのですが、一冊の本で脳トレが成功するケースはほとんどありません。
ご家族の圧倒的な愛情が必要です。又この脳トレを毎日15分づつ実行するかしないかで認知症の悪化は相当に抑えられます。
この脳トレを丁寧に患者家族の方に指導出来る医師が殆んどいないのです。大学や総合病院では絶望的です。時には一人の患者さんに一時間近くかけて丁寧に診て行くのです。画像診断やコンピュータでしか診断を考えられない現在の医師に脳トレのテクニックを覚えさせるのは困難です。如何に効率良く認知症の患者さんを診て行くかと云う発想しかありません。それは現場の医師だけが悪いのではありません。超高齢者の時代の中で如何に経済効率を良くして行くかと云う発想で厚労省が全ての医療機関を拘束しているのです。
ですから認知症の治療に当たっては大学を中心とする医療機関だけではどうにもならないのです。ご家族の認知症に対する深い知識と愛情をもってしか治療効果は上がらないと申し上げているのです。
私の認知症ブログには、多くの認知症に対するQ&Aが書かれてありますので、ご参考になれば幸いです。


お忙しい中ありがとうございました。
「通常使用する薬を投与しますと、攻撃性が増して来ますので病状は悪化」するとのこと。
実は薬のお願いをしようと思っていたのですがやめておきます。
先生にお願い出来たら良いのですが残念な事に名古屋に住んでいますので難しいです。
幸い近くに認知症疾患医療センターがありそこに予約が出来ました。まだ1ヶ月近く先ですがそれまで何とか頑張ってみようと思います。
認知症のメンタルケアは考えてもなかったので勉強になりました。今は病気のせいでこうなっているのである程度は薬で抑える事が出来るのかと思っていましたので。
今の現状では安易に薬に頼れないようなので父にとって良い病院・良い先生を見つけたいと思います。
ありがとうございました。

かなさんへの回答

76才のお父さまがATD(アルツハイマー型認知症)に脳血管性認知症が合併しているとのお話ですが、認知症のテスト(恐らく改訂長谷川式知能評価スケールHDS-R)の事と思われますが、この評価基準で考えますと20点以下ですと、認知症の疑いが濃厚です。
まして14点ですと中等度以上の認知症と言わざるを得ません。
ただATDに脳血管性認知症が加わると、やや攻撃性が出て来ます。この時点でアリセプトの様なATDに通常使用する薬を投与しますと、攻撃性が増して来ますので病状は悪化します。血圧のコントロールが大切である事は言うまでもありませんが、メンタルケアは更に大切です。脳内ホルモンを上手に調整出来る専門医の不足が、メンタルケアがまともに出来ない医師の不足が今日的な課題です。どの様にしたら、お父さまのメンタルケアを出来る専門医を探しだせるかが問題です。大学や精神科でも当てになりません。先ずはネットなどで認知症専門医を探し、ご自身で納得の行くまで話し合って信頼出来る医師を探し出す事です。お父さまぐらいの活動性があって、やや攻撃的な認知症の方のメンタルケアは決して難しくないのですが、何故か充分な知識とケアの出来る専門医が少ない事は事実です。恐らく現在通院している病院では無理でしょう。
血圧のコントロールがどうのこうのと言っている様では…
今日の認知症患者の増大は専門医の徹底的な欠如にも起因しているのです。もし私の病院に通う事が可能ならお父さまのメンタルケアは責任を持ってコントロールします。


はじめまして。

76歳の父が1カ月前にMRIと認知症のテスト(14点)を受けまして脳血管性認知症と診断されました。

海馬等の萎縮もあるのでアルツハイマーもあるとのこです。

日常生活は出来ますし普通に話す分には問題ないです。



ただ①ずっと大きな声でしゃべっていたり電話メールも多くなっている②活動的になり朝早くから夜中まで休みなく何かをやっている③攻撃的になり些細な事でカッとなる。自尊心が高く他人の意見を聞こうとしない。自分の目標アイデアを実行しようとしたり人にやらせようとする。命令口調。④浪費がすごく株や投資信託、今は家を売りたがっています。



こんな感じで毎日家族が振り回されて大変な状況です。

しっかりしているので話も覚えていますし忘れないので適当にごまかしも出来ません。



来週病院に行くのですが前回は薬は出ませんでした。(脳梗塞・脳出血があるので血圧を下げる事が大事と)



何か落ち着かせる事は出来ないでしょうか?

これは認知症の症状なんでしょうか?(躁鬱の状態にも感じます)



お忙しい中申し訳ありませんが宜しくお願い致します。