中沢家の人々(80)

「里美ちゃん、少しお話があるんだけど」と、
朋子に声をかけられ二人はキッチンのテーブルに向かい合った。
「前から里美ちゃんには色々と話していたけど、私はやっぱり大学を卒業したら田舎に帰る事にしました。本当は大学卒業後は旅行会社に勤め、これから先も里美ちゃんと一緒に生活を続けて行く積りだったんだけど、田舎の両親がどうしても許してくれないの。自分でもこんな結果になるとは予想していなかったわ…あなたとの生活も後3ヶ月ぐらいで終わってしまうけど、ご免なさいね!」
そう言われても里美には返す言葉がなく
「やっぱり朋子さんは田舎に帰るのですか?…とても寂しくなるけど仕方がないですよね。一人娘なんだから」と、
溜め息混じりに答えた。自分の都合をあれこれ言っても仕方がない。
ともかく明日からは自分のこれからの生活を考えなければならない。里美にとって納得の行く仕事が見つかるのか、明日からまた新しい職探しに専念するだけだ。
次の月曜日、喫茶店での仕事の合間に店に置いてある新聞で求人欄を追いかける。寮のある職場はある様でいて、容易には見つからない。住み込みの家政婦とか新聞配達の販売促進兼務の職場、あるいは病院勤務の看護婦などが多く、どれも里美には向いていそうにない。
午後4時、仕事を終えて高校に向かう。2時間目は数学だったが、里美は授業を殆んど聞いていなかった。授業が終わって教師の水沢が教室を出ながら里美に声をかけて来た。水沢とは1ヶ月前の映画以来、外では一度も会っていない。教室から出た廊下で水沢は、
「山崎、どうした今日は元気がないじゃないか…何かあったか?」と、
聞いて来た。里美は藁にもすがる思いで、
「先生、少し相談したい事があるのですが何時かお時間を頂けませんか?」
「何だ急に、困った事でも起きたか?」
「はい!」
「そうか、じゃあ明日でも授業が終わったら飯でも一緒に食べに行くか…」
「すいません、私の為にお忙しい所を」
「いや、良いんだ。俺が力になれるかどうかは分からないが、ともかく相談には乗るよ」
「有難うございます。それでは、この間の『すかいらーく』で明日の放課後に待っています」と、
少し笑みを浮かべ里美は頷いた。
「そうか、じゃあ明日は俺も成るべく早く行く様にするから」
と言って水沢は職員室に戻って行った。
翌日の火曜、夜10時「すかいらーく」で二人は夕食を共にする。里美は水沢に就職の斡旋を頼んだ。就職担当は国語の教師であったが、水沢も補助的には関わっていた。
しかし、基本的に就職の斡旋は高校卒業後が中心なので水沢にしても里美にとって都合の良い職場を探すのは容易でなかった。
次回に続く

中沢家の人々(79)

水沢は里美をアパートまで送っても未だ名残惜しそうに、
「今度は何時会える?」
と聞いて来たので、里美はクールに、
「学校で毎日会っているじゃあないですか」
と、答えた。
「そんな冷たい言い方はないだろう」と、
水沢は恨めし気に里美を詰る。
「まあ、たまには食事に誘って下さいね」と、
若い女の知恵から自分を安易に安売りすべきではないと里美は感じていたので、水沢の誘いを当たり障りのない言い方で躱(かわ)した。
水沢も教師としての立場を考えると、それ以上の強い誘いも出来なかった。
「それじゃあね!…また会える日を楽しみに、お休み」
「先生も気をつけて!…お休みなさい。明日また学校で」
とだけ言って、里美はアパートの階段を上って行った。
そして、何時もの月曜日が来て里美は喫茶店の仕事に向かう。
朝は7時半から午後4時までが勤務時間である。仕事始めは店の掃除からスタートして8時には店のシャッターを開ける。
8時から11時までがモーニングタイムで、殆んどの客がモーニングセットを注文する為この時間帯の店の混雑の仕方は一通りではない。この3時間は従業員にとっては正しく魔の3時間であった。この喫茶店に勤め出した初めの3ヶ月は、脚も手も筋肉痛が酷く夜も眠れない事が多かった。一週間の中でも月曜日が一番忙しかった。ウエイトレス4名でピーク時には50名にもなる客を熟すのは、それなりの熟練度を要するが慣れてしまえば、それ程は苦にもならない。
特にモーニングタイムは多くが同一のセットメニューなので逆に楽だ。何事も慣れしだいである。途中の昼休みは1時間と決められているが、それも客の混み方では変わる。午後4時が過ぎると急ぎ定時制の高校へと向かう。普通の高校と比べ出席率は良くない。親がかりの高校生と違って仕事の都合次第では学校に来れない生徒も多くなる。
それでも生徒たちの顔は明るい。学ぶべき事の楽しさを感じ将来の夢を夫々に描いている。
いわゆる受験戦争の路線とは違った自由さがそこにはあった。
そんな高校生活と喫茶店の仕事にも慣れ毎日が平穏無事に過ぎて行くかの様に見えた矢先に、突然朋子の話しが持ち上がった。
すっかり今の生活が続くと安心していたので、朋子が田舎に帰る事になりそうだと云う事の展開に里美は慌てた。衣食住の殆んどを他人に頼っていたツケが回って来たのだ。
今の喫茶店の仕事だけでは、アパート代を含めた生活費を捻出するのは容易ではない。少なくても喫茶店でのパートタイマーの仕事を常勤扱いにして貰って何とか凌げるかと云った、ぎりぎりの生活が待っている。
そうなると早番とか遅番の規定に縛られ、定時制高校に通うのも厳しくなりそうだ。
12月15日(日曜)の夕方、朋子から正式に打ち明けられる。
外では冷たい雨が降り続いていた。
次回に続く

中沢家の人々(78)

そんな朋子との同居生活が急に慌しくなり始める前の11月中頃の事である。外では木枯らしが強く吹き始め、冬の訪れが間近かに迫っていた。
いつも高校で、里美に優しく教えてくれる数学の教師が彼女を映画に誘った。
教師の年は29才で里美とは10才違いである。やや長身で女生徒には人気もあった。
映画は、松本清張原作「砂の器」で、10月に封切られたばかりだが前評判も高く主演は加藤剛と島田陽子と当時の日本を代表する映画スターであった。
里美は映画そのものに興味があったので誘われるままに数学の教師と日曜の夕方、一緒に映画を見に行ってしまう。職場の喫茶店には病欠の言い訳で休ませてもらった。生まれて始めての仮病である。
映画は、ハンセン氏病の親子の哀しい運命(さだめ)と殺人事件の組み合わせにメインテーマ「ピアノ組曲、宿命」が折り重なって重厚な人間模様が演出され、感動的なシーンが随所に散りばめられていた。
里美は自分のこれまでに置かれた境遇と所々が重なる様な気がして、幾度となく頬を濡らした。
そんな里美に数学の教師、水沢はそっと手を握って来た。彼女は映画の世界に入り込み自分の手が握られている事も気付かなかった。しばらくして我に返ったが握られた手はそのままにして置いた。
男性の大きな温かい手が何故か愛しく感じられたのだ。そこには微塵の嫌悪感もなかった。幼い時の父親の手の感触に似ていたのかもしれない。
季節もまた人の温もりが恋しくなる時期であった。
5才で母と死別し、8才では唯一の肉親である父を失い、遠くに親戚と云う名ばかりの存在はあるものの、殆んど天涯孤独に近い自分の身が映画のヒロインと織り混ざったのであろうか?
ともかく、この時の里美は何かの大きな支えが欲しかった。
それでも映画の途中から、教師の手を何気なくハンカチを取り出す仕草で外した。教師の水沢に好意は抱いていたが、まだ異性としての意識は少なかった。教師もそれ以上には迫って来なかった。
映画が終わって二人は、当時流行り出した「すかいらーく」で夕食を取った。里美は盛んに映画の印象を語っていた。
水沢は里美の話を熱心に聞きながらハンセン氏病の説明を丁寧にした。それは日本では癩病(らいびょう)と呼ばれ、隔離政策が徹底していて多くの差別と悲劇の温床になっていたと教えてくれた。又それに伴って部落民(江戸時代初期に作られた非人とか云う身分制度)の問題なども詳しく教えてくれた。
封建時代の身分制度で百姓を始め、多くの庶民がどれ程に苦しめられたかを水沢は熱っぽく語った。そんな水沢の横顔を里美は頼もし気に見守っていた。
夕食後は品川の朋子のアパートまで水沢は送ってくれた。
「今夜は有難うございました。とても楽しかったです」
と里美は心から礼を言った。
次回に続く

中沢家の人々(77)

こうして二人は、そのまま別れた。
里美は一度アパートに戻り、定時制の高校に出かけた。高校に通い始めて1ヶ月ちょっとになるが、何もかもが珍しい。中学を卒業して3年ぶりに又、国語や数学などを学ぶのは新鮮さを感じる。教師の教え方も丁寧で分かりやすかった。
これまでの学校教育と決定的に違うのは、年齢差がまちまちである事だ。里美のクラスは30名だったが生徒の年齢は16才から40才までと、かなり離れていた。経済的事情とか登校拒否とか病気が原因だったりとか云った、幾つもの複雑な理由が絡んでいる。
親もいたり、いなかったりと色々で社会の歪みの一部が定時制高校に投影されていた。それでも学ぶ者は学び、途中から大検の資格を取って弁護士や上級公務員試験に合格する者も時には見られた。
5月生まれの里美は、18才で定時制高校に通い始め、すぐ19の年を迎えたがそれ程には年令が上とは言えなかった。
ともかく学ぶ事は楽しかった。
何より朋子の影響が大きかった。学校で分からない事があってもアパートに帰ると朋子が優しく教えてくれた。正に実の姉以上の存在だった。
「これは徒然草と言って、兼好法師と呼ばれた人が鎌倉時代末期に書いた随筆集なの、まぁ~その時代の批判を書いた物として受け取られているのかな」
と言った具合に解説してくれた。朋子も里美に学校の勉強を教えるのを面白がっていた。
二人の共通の話題としても、これ以上のものはなかった。
しかし、そんな生活も秋ぐらいまでしか続かなかった。朋子も大学4年の秋を迎えては自分の進路方向を決めかね気持ちの動揺を抑えかねていた。
朋子はすでに大手旅行会社のツアーコンダクターとしての仕事が内定していたものの、高山の親がその様な就職を決して許さなかった。何が何でも高山に帰り旅館の女将になる様にと、きつい催促だ。
当初、朋子はそんな親の意向を無視するつもりでいたが、それなら首に縄を付けても田舎に連れて帰ると言われ、ほとほと参っていた。ともかく父親も母親も、これ以上は東京にいる事は絶対に許さないの一点張りである。
「大学に行かせたのも、娘の最後の我が儘を許したに過ぎない。後は高山に帰って旅館の女将になる約束ではなかったのか!」
と、両親揃って強い口調である。週に一回はそんな電話があって、朋子もここの所は少しノイローゼ気味だ。
それやこれやで、12月始めには朋子も両親の矢のような攻撃に屈服してしまった。来3月の卒業後には岐阜の高山に帰らなければ、どうにもこうにも親が納得しそうにない。
そうなると里美にとっても他人事ではなくなる。朋子との同居生活に終止符が打たれてしまうからだ。後3ヶ月以内にアパートを探すか、寮の付いている職場を見つけかの選択が必要になって来た。
次回に続く

中沢家の人々(76)

そんな吉村の疑問に里美は、あどけない顔で答えた。
「はい、今は女子大生の朋子さんと同居していますので部屋代はかからないんです」
「里美さんは何も払っていないんだ?…それで相手の彼女から文句は出ないの!」
「そうなんです、私も気にはなって朋子さんに聞いたのですが、アパート代は元々田舎の親が支払っているから気にしなくて良いって言うんです」
「へぇ、随分と鷹揚な話だね」
と言って吉村は肩をすくめた。
「ですから今の状況ですと、喫茶店の仕事だけでも生活はやって行けるんです。朋子さんは一人娘なので妹が出来たみたいだと言って私をとても可愛がってくれますし、それに自分のお下がりの洋服まで私に回してくれるので何の不自由も感じていないんです」
そう言われれば里美の今日の服装も、小ざっぱりして垢ぬけしたセンスの良さが読み取れる。
道理で顔立ちは良いものの、始めの内は田舎娘にしか見えなかった里美が少しずつ洗練されて来たのは、そんな所に秘密が隠されていたのか。田舎娘も都会の水で洗われると、こんなにも変わるのだ。
今日、里美と偶然にも出会った時に吉村が始めの内こそ無愛想な顔をしていたのは、この娘をモデルとして口説くだけの価値があるか品定めをしていたからである。
しかし、ここの所これと云った上玉に巡り会わないので里美を次のターゲットにしてみるのも悪くはないと思い直し、手のひらを返した様に愛想良くなったのである。
だが、その里美も思わぬ所で腰が引け高校生活を真面目に過ごしたいなどと考え出し微妙な変化が生じている。ここは無理押しすべきではないだろう。無理に口説き落とそうとすれば逃げてしまう危険性が大きい。
女と云うものは基本的には現実主義であるが、その中でも若い女は雰囲気に弱い。雰囲気作りに失敗すると、たちまち穴ぐらに逃げ込んでしまう。まだ女と云う人格形成以前だと、基本的な現実主義さえ身に付いていない事が多い。
「そうだね、今は里美ちゃんの言う様に高校生活を真面目に過ごす事が一番かもしれないね」
と吉村は言って、今日の所は一歩置く事にした。
「ともかく何かあったら、さっき手渡した名刺の所に電話をしてみて、きっと何かの力になれると思うから」
と、吉村はモデルの話をそれ以上はしない事にした。
「すいません、こんなにご馳走になりながら身勝手な事ばかりを言って」
と、里美はしおらしく頭を下げた。
「な~に、これぐらいの事はご馳走の内には入らないから気にしないで。今日は色々な話が出来て楽しかったよ。また会える日が来ると良いね」
「はい、有難うございます。何かあった時は又お世話になるかもしれませが、その節は宜しくお願い致します」
次回に続く

中沢家の人々(75)

里美は胸の中で自分が如何にモデルと云う仕事を安易に考えていたかを自覚し始めた。少しばかりマスクが良いと言われ、自分はのぼせ上がってしまったのだ。よく考えてみれば恥ずかしい話ではないか!
初めて朋子にマスクが良いと言われ、今日は今日で吉村に誘われ寿司屋でご馳走にまでなって、何か舞い上がってしまったのだろう。
自分の様な田舎娘がモデルなどに成れる訳がないではないか!
そう思う事で里美は、ようやく自分の中で気持ちの整理が出来た。そして食事も美味しさを感じ心にも余裕が生まれた。
「吉村さん、今日は色々と有難うございます。モデルの話は少し考えさせて下さい。どうも私には向いていない気がするのです。それに、この4月から定時制の高校にも通い始めたばかりなんです。今一緒に同居している女子大生の、朋子さんて言うのですが、その人とお話しをしていると自分が如何に何も知らないかを感じてしまう事が多いのです」
予期せぬ返事に吉村は少し驚いた顔をして、
「そうか、里美さんは高校に通っているんだ。偉いな、19才の高校生って立派だよ!
確かに基礎的な学力を磨くのはとても重要だ。だからと云って、モデルにはなれないと言うのとは違うんじゃあない。実際には小学生だって中学生だってモデルになっている子は幾らでもいるでしょう」
吉村は逃した魚を追いかける様な言い方をして来た。
しかし里美は、何故か急にモデルなどと云う仕事よりも現実味のある高校生活を、しっかり過ごす事の方が大切ではないかと考え始めた。
朋子との同居生活が始まって半年、年令はほんの2、3才しか違わないのに里美は彼女に比べ、自分が如何に物を知らないかを感じる事が多かった。
やはり中学卒と現役の女子大生とでは、テレビを見ても日常の会話でも話の内容に深さが違うと思ってしまうのだ。自分など一度も読んだ事もない本だとか、有名人の名前だとか、それ以外の世の中の事、たとえば衆議院と参議院の違いとか、ともかく自分は知らない事が多すぎる。そんなコンプレックスもあって、この4月から定時制の高校に通い始めたばかりである。
もちろんモデルと云う華やか仕事に憧れはあるが、今の自分にはそれ以上に大切な事がある様な気がしてならない。
「吉村さん、私もモデルに対しての憧れを捨てた訳ではないんですが、今は真面目に高校で勉強をしたいのです。勝手な事を言って申し訳ありませんが、もう少し考える時間を下さい」
そうまで言われると吉村は、それ以上に里美を説得しかねた。
「そうだね、高校で勉強するのも必要だよね。でも、喫茶店の仕事だけで生活の方は大丈夫なの…アパートを借りるんだってそれなりのお金はかかるだろうに?」と、
吉村はそんな素朴な疑問を里美に投げかけた。
次回に続く

中沢家の人々(74)

「はい、19才になったばかりです」
「そう19才なんだ、一番良い時だね。それでモデルとか云った仕事に興味はあるの?」
「はい、それはもちろん。でも私なんかに務まるでしょうか?」
「そうね、モデルと言っても色々とあるからね。ファション関係の仕事が一般的だけど、パーツ専門のモデルなんかもあったりして…」
里美は目を丸くして、
「パーツ専門って何ですか?」
と、生まれて始めて聞く言葉に驚いた。
「パーツ専門と言うのは、手とか脚とか身体の部分的なモデルの事を言うだ」
と、吉村は優しく説明した。
「へぇ、そんなモデルもあるのですか?」
里美は少しばかり気持ちが落ち込んで来た。モデルと言えば、ファションモデルだけしか思いつかなかったので…
そんな里美の気持ちを察して、
「まあ、パーツ専門と云うのは特殊な分野だから余り気にしなくても良いよ。ただ、そう云う分野もあるとの知識を持っていればあれば良いだけの話だ。
やはり里美ちゃんはファションモデルの線で行くべきだと思うが、身長と体重を教えてくれない?」
吉村の突然の質問に戸惑いながらも里美は素直に答えた。
「はい、身長は161cm、体重は50kg丁度ですけど、何か?」
「なるほど、身長と体重のバランスは健康そのものだがファションモデルを目指すなら、もう少し体重は落とす必要があるかもしれない。顔の輪郭はとても良いんだが、欲を言えば顔全体は小さめが好まれるんだ。もちろん君の顔が大き過ぎると云う意味ではないのだが、どうしても時代の流行があるんだ。さらに欲を言えばだね…」
「まだ何かあるんですか?」
と、里美はすっかり気落ちして尋ねた。注文した、ちらし寿司には全く手をつけず吉村の口許に全神経を集中していた。
「まあ、そこまでこだわる必要もないか!」
「何ですか、こだわるって?」
「ごめん、ちょっと考え過ぎかもしれない」
と、吉村は話を打ち切ろうとした。だが里美の方が納得出来ず
「話しを途中で止めては気になります!」
と逆に、彼を問い詰めた。
「大した事ではないんだが、身長が後5cmあれば理想的だと思っただけさ」
「私がチビだとでも!」
「そこまでは言っていない、ただの理想だけで絶対条件じゃあないから余り気にしないで…」
吉村は話の流れを変えようとしたが、里美は気落ちして何もかも諦めた表情になってしまった。
「まあ、そんなに思い詰めないでも大丈夫だよ。一口にモデルと言っても色々あるんだから。それよりは折角の食事だから箸をつけたら…」
と、吉村は宥め諭した。里美も何とか気を取り直して、ちらし寿司を食べ始めた。
それでも心には何とも言えない、わだかまりが消えない。
「モデルって云うのは、そんなに簡単なもんではないんだ!」
次回に続く