霜月の夕暮れ(42)

翌日は、その貴賓室に移る。貴賓室と言われるだけあって10畳の和室が3室もある。一つが寝室で二つ目が居間、そして食事をする部屋と云う造りであろうか。風呂も内風呂と露天風呂の二つがある。今までの部屋から比べると3倍以上もする値段だったが、納得する豪華さだ。
一生に一度ぐらいは、こんな贅沢も良いかと考えた。母は終始ニコニコとご機嫌である。ブラジルで鉄鉱石の開発に努力している夫には申し訳ないとも感じたが、母の笑顔を見ていると何も言えない。
先ずは二人で露天風呂に入る。他人が一切いない空間とは、こんなにも寛げるのか?
「極楽、ごくらく!」
と、吉子が満足気に頷いた。
母がまるで普通に話しているみたいだ。そんな母の言い草に、伸枝は感動とも喜びともつかない思いを抱いた。この箱根に来て吉子は1日ごとに認知機能が改善して行く様だった。快適な刺激が加わり続けると人の認知能力は高まって行く傾向が強いと云う、幾つかの医学的な実例もあるのだが…伸枝にはただ母の喜ぶ顔が見たい為だけの行動であった。
夕食も昨日とは格段の差があった。
刺身のお造り、天ぷらの盛り合わせ、ステーキなどは部屋に板前が直接に来て焼いて行くと云うサービス振りである。正に山海の珍味そのものだ。
まるで何処かのお大尽様になったかの様な気分である。寝具類から部屋の調度品までが拘(こだわ)り抜いていた。
10時には床に就くが、何か寝付かれない。竜宮城にでもいるかの様な違和感と、明日の支払いが少しばかり気になり出していた。隣に寝ている吉子は安らかな寝息をして眠っている。そんな寝息を聞きながら何時しか伸枝も眠りに入っていた。
翌朝はまた贅沢三昧の食事をして11時に旅館を出る。カード精算なので支払い金額の事は考えない様に努めた。途中のサービスエリアで昼食を食べる。700円のラーメンが妙に懐かしかった。2時半には田端の実家に戻る。
「伸枝、有難う」と、
吉子は嬉しそうに礼を述べた。思わぬ散財であったが、母のその言葉だけで気持ちは落ち着いた。メールボックスを覗く。相も変わらず不用なパンフレットの束が山の様に詰め込まれている。こんなパンフレットを一体誰が読むのか、メールボックスを覗く度に何時も考える。人の家のメールボックスをゴミ箱と間違えているのではないのか、時にはそんな苛立たしさを感じる日さえある。
しかし今日は何時もと違っていた。
紙くずの様なメールボックスの中に妹の置き手紙があった。切手が貼られていないので直接に入れておいたに違いない。4日も家を留守にしていたので、そのままメールボックスに入れておくしかなかったのだろう。中くらいの茶封筒に、「お姉さんへ」と書かれていた。相変わらず下手な字である。
「お母さんの事では、お姉さんにばかり負担をかけて申し訳ありません。先日ブラジルから送金頂きました50万円は殆んどが残っています。お母さんの日用雑貨で8万円だけ使わせて頂きました。残り42万円は返します。使った8万円の領収書は、この封筒の中に入れて置きました。本当は直接にお会いして、お金の返却とお礼を述べるべきだと思うのですが、この様な形で返す非礼をお許し下さい」
と書かれ、茶封筒の中には1万円札42枚が入っていた。
次回に続く

一成さんへの回答(再)

一成さんへの回答(再)
サプリメントが認知症にどの程度の効果があるかとの、ご質問ですがお答えは難しいです。これまでにも外来患者さんからのご相談で、私も幾つか試してみましたし、メーカーの方とお話しをする機会があったりもして多くの情報も頂きました。自分自身でも何種類かは使ってみたりもしました。60歳を過ぎて私自身が記憶力の衰えを感じていましたので、自分の身体で試してみたかったのです。アリセプトも一度は自分で服用してみましたが、これは随分と辛い思いをしました。私の昔からの習慣なのですが、患者さん方に使う薬は一度は自分で服用する様にしています。抗ガン剤などは別ですが…
睡眠薬や認知症薬などが中心ですが…
結論から申し上げれば何種類かのサプリメントで、それぞれ4週間以上は服用して私の記憶力が向上したと云う経験は持っていません。自分自身で毎日、脳トレする事の方が私にとっては効果が上がっています。筋トレも毎日行っています。腕立て伏せ40回、腹筋50回、その他の屈伸運動を毎晩20分以上は心がけています。脳トレ、筋トレのどちらも重要だと考えています。
「ご質問」
成川様、回答くださったのにお礼の返信ができずに申し訳ございました。 改めまして本当にありがとうございました。
約二週間がたちます。成川様に伝え忘れていましたが、アリセプトを止めた時からホタテから抽出したプラズマローゲンを服用させています。医薬品じゃないし高額なので不安もあります。
毎週日曜日に長谷川式のテストをやっておりますが22~23点と目立った変化はありません。 毎週やるものではないのかも知れませんが。
成川様はサプリメントに対しては良いとも悪いとも思われていないようですが、サプリメントを服用するなら脳トレなどに切り替えた方が良いでしょうか? 
もし良ければ回答よろしくお願いします。

霜月の夕暮れ(41)

伸枝が図書館から借りた「認知症」の本にはまた別の事が書かれてあった。
「アメリカではアルツハイマー型認知症と学歴に有意な相関関係が見られる」
との学術論文である。基本的に人間の思考形態は言葉の使用方法が根幹をなしている。学歴の高い者ほど語彙が豊かである傾向が強い。語彙が多いほど思考形態に幅が出来やすい。逆に語彙が少ないと思考回路も狭まると云う理論である。
この理論が100%正しいと、伸枝は考えていないが、多少の意味づけは持っているかもしれないと思ったりもする。しかし、一つの理論で全てが語れる訳ではない。
現に学歴が低くても牧野 富太郎(日本の植物学者)の様に小学校中退で東京帝国大学の教授になった様な傑物もいるし、政治家で言えば田中角栄の様に高等小学校卒業で総理大臣(第64-65代 内閣総理大臣)にまでなった人だっているのだ。
だから一概に学歴だけで価値感を統一化出来るものではない。理論づけの基礎は統計学的な推論による事が多い。しかし、この統計学も時には作為的な操作が可能である。企業の誇大広告などが、これに類似している。小難しい話は、そろそろ止めにしよう。
吉子と伸枝の2日間の温泉旅行は、予想以上に、吉子を喜ばせた。毎日2回は温泉に入り、美味しい日本料理に舌鼓(したつづみ)を打(う)っ て満足極まりない生活である。
「お母さん、たまには温泉旅行も良いわね!…でも明日は帰らなければ」と、
伸枝が言い出すと、吉子は…
「帰りたくない…!」
と、明確に反論して来た。言葉がより鮮明になっている。伸枝は喜びと驚きの狭間(はざま)で当惑した。お金の方はクレジットカードで何とかなるにしても、このベストシーズンに突然の延泊が可能であるのか?
その自信はなかったが、出来るなら母の我が儘を叶えて上げたかった。
ともかく、部屋から帳場に電話をする。
「もし、もし、17号室の山口ですが、今のお部屋でもう1日延泊が可能でしょうか?」
と尋ねた。帳場の返事は…
「しばらく、お待ち下さい。
え~と、17号室ですね。あいにくですが、他のお客さまの予約が入っています。少々お待ち頂けますか、あの~32号室の貴賓室でしたらキャンセルが出ましたので、ご用意は出来ますが…」と言われ、思わず母の顔を見た。そして一度電話を置いた。
「お母さん、ここより高い貴賓室だったら空いているらしいけど、どうします?」
「それで良い」と、
吉子は無造作に答えた。
「それで良い」と言われても、
一体幾らかかるのやら、伸枝は思い悩んだ。伸枝のそんな迷いも分からないのか、吉子はニコニコと笑っている。そんな母の笑顔に誘い込まれ延泊する事にした。それでも伸枝は帳場に一応は確認を入れずにはいられなかった。
「すいません、先ほどの山口ですが、その貴賓室の宿泊費はお幾らになるのでしょうか?」
「はい、一泊二食でお一人様が
10万円になります」
との答えである。すると、母と二人で20万円か?…う~ん、少し唸ってしまう金額だ!
その事を吉子に説明するが一向に動ずる気配は見られない。何か破れかぶれな思いで、帳場には延泊をお願いした。
次回に続く

霜月の夕暮れ(40)

8月初旬、伸枝は吉子を車に乗せ箱根に出かけた。吉子の杖歩行も安定して来て、車椅子は殆んど使用しなくなっている。母子でゆっくり温泉旅館に泊まりたいと考えたのには理由があった。
何も夏休みシーズンに出かける事もなかったのだが、
「お母さん、温泉にでも行ってみる?」
と、何気なく尋ねると、
「うん、温泉が良い…」
吉子が驚くほど自分の意志を明確に示した。この10年近く母は温泉などに出かけた事はなかったに違いない。亡くなった父がそもそも出不精で夫婦で旅行に出かける発想などなかった人である。
それが確か10数年前の年末に年賀状を印刷屋に頼んだ父が、買物福引券で湯河原温泉の一泊旅行を当てたと言って大笑いして帰って来た時があった。二人1組の旅行券である。
「折角だから行ってみるか」
と言って、父と母は2月初めに湯河原温泉に出かけたらしい。後で母から聞かされた話であった。その時の母はまだ60才前ではなかったかと思うが、その福引券の話は何度も聞かされたので母はよほど嬉しかったに違いない。
そんな事も忘れ伸枝が何となく口にした「温泉」と云う言葉に母は、父との思い出が溶け合ってか珍しく鋭敏に反応した。
シーズン中だと、値段も高いしサービスも悪いだろうとは考えたのだが、母の輝いた視線を前にしては直ぐにでも出かけなければ収まりがつかなかった。
初めは宮ノ下温泉にある富士屋ホテルを考えたが、階段が多いので小涌谷にある老舗の旅館を選んだ。杖歩行が上手になったとはいえ、旅館の段差に伸枝はそれなりの神経を使った。2泊の旅行で温泉には4回も入った。久しぶりに母の背中を流しながら、その腰から下の筋肉の衰えが嫌でも伸枝の目に飛びこんで来た。母の老いて行く姿が見せつけられる思いであった。「認知症」の問題と下肢の筋力の衰えは結びつくのか、改めて考えさせられた。
人類の知能の発達は歩く事により、両手が自由になったので飛躍的に伸びたと、高校時代に習った記憶がある。また別の故事も思い出された。
「朝は4本足、昼は2本足、夜は3本足。これは何か」というギリシア神話のスフィンクスの謎なども頭に思い浮んだ。
人間は乳児期には、這い這い歩きの4本足で1才過ぎから2本足のヨチヨチ歩きが出来る様になり、老いては杖歩行の3本足になると云う喩(たと)えを表現したものである。紀元前の故事にも学ぶべき事は多い。
また、こんな格言も思い出された。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」ドイツの名宰相オットー・ビスマルクの言葉である。
しかし、どうも実際は少し違うようだ。正しくは、
「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるために、他人の経験から学ぶのを好む」
と語ったと言われている様だ。
現代医療も、この格言から学ぶべき事が多いのではないか、ただ化学式を組み替えた薬剤だけで「認知症」が安易に治る様な錯覚に陥ってはいないか?
頭脳明晰と言われる薬学博士の「化学式の組み替え」も、彼等の経験則と云う罠に陥っていたのではないだろうか?…もちろん、そこには製薬会社の過激な競争社会も存在するのであろう。そう考えないと、10数年も無効な認知症薬が厚生省に認可され医薬品として大量に使用されていた過去の事実に説明がつかない。
そうでも考えないと、「H酸カルシウム」に代表される薬剤の無制限に近い服薬が何故許されたのか伸枝には、どうしても理解が出来なかった。
次回に続く

霜月の夕暮れ(39)

吉子と伸枝の生活が始まり1ヶ月以上が過ぎ、暑い夏が来た。6月中には伸枝は田端の実家にエアコン3台を買い求めた。1台はリビングに、後は自分と吉子の寝室に1台づつである。
吉子は伸枝との安定した生活の中で、心のバランスも良くなって行くのか言葉も多く出る様になって来た。
「伸枝、オシッコに行きたい。ウンチをしたい」とか、排便、排尿の訴えが言える様になって来た。それは乳幼児の発達過程に似ていた。伸枝は実の母親を通じて、この認知症問題に取り組んで行ける事に限りない喜びを感じていた。
認知症、それは唯の老化現象なのか、それとも一つの大きな疾患なのか、伸枝の探究心は、限りない知的好奇心へと発展して行った。
紀元前、秦の始皇帝から遡(さかのぼ)って不老長寿の薬は探し続けられていた。
しかし紀元前の時代、如何に皇帝の地位を持ってしてもそれは適わない夢のまた夢でしかなかった。だが20世紀後半から人間の寿命は確実に伸びて来た。
その一番の原因は感染症の多くが克服された事、出産時の死亡例が激減した事、そして乳児期の死亡事故が稀有に成ったこと等が最大要因である。20世紀初めで日本人の平均寿命は44才でしかなかった。英国で50才、フランス47才、米国47才と世界中を見回しても50才に手が届くかどうかと云った所である。だから認知症問題は20世紀半ばまでは社会的な興味とはならなかった。
日本では有吉佐和子の長編小説『恍惚の人』(こうこつのひと)が1972年に新潮社から出版され、1973年には森繁久彌主演による映画化で、一躍、認知症が社会的な関心事となって来た。
さらに日本で100才を超える高齢者は1963年で153人、1981年には1千人台となり、1998年に1万人台、2003年に2万人、2012年には5万人と急上昇し、それに伴い認知症と診断される年寄りも急増して来た。
また現在の「日本認知症学会」の名称は2005年に改められた。その前身は1988年の「日本痴呆学会」である。この様に「認知症」と云う学問自体が未だ産声を上げたばかりなのである。
その意味では学問として未だ試行錯誤が続いている。診断にしても治療法にしても不確実な部分が多すぎると云うのが実情である。
認知症年令別出現率を見ると、
65~69才で1.5%、70~74才で3.6%
75~79才で7.1%、80~84才で14.6%、85才以上では27.3%
(厚労省「1994年痴呆性老人対策に関する検討報告会」)とのデータもあるが2013年現在の現状は分からない。
認知症治療薬の歴史から、その診断の不確実性までを一連のレポートにして伸枝は、会社の編集長宛に送り届けた。数日して編集長から彼女のケータイに連絡が入る。
「伸ちゃん、レポートは読ませてもらったよ。なかなか良いね。正に時代のニーズにピッタリだな。是非、認知症特集記事を連載してみたいね。これは絶対に売れるな!」
と、激賞された。さらに編集長は付け加えた。
「この認知症特集は、もしかすると社長賞になるかもしれないよ。この特集は我が社にだけ流して、他社には絶対に持って行かれては困るからね!」との、
念の入れ方である。
次回に続く