伊藤裕子さんへの回答

どの様なお話しをしたら言いのか途方に暮れます。47才の妹さんの辛さは、彼女以外の誰にも分からないでしょう。気管切開をすべきかは、答え様もありません。ただどの様にしたら妹さんが今の苦しみから少しでも逃れられるのか、その事を根本にして考えて行くべきなのでしょう。36才から11年間も、この過酷な病気と闘い抜いて来た妹さんに何をして上げれば…気管切開が、その事に当たるのかは医学の世界と云うよりは心と感情の問題ではないでしょうか?
病気は違いますが、76才で亡くなった癌末期の母(私の)に、気管切開はしませんでした。母の目が気管切開を拒否している様に見えたからです。医師である私が実の母を看取るというのは、精神的には限界に達するほど厳しい日々でした。当時の私は強度の不眠症に陥り、度々眠剤の世話にもなりました。一切の休日はなく、ただ母に付き添いました。もちろん医師としての他の患者さんへの義務は果たしていましたが。私事を意味もなく書き続けて申し訳ございません。後は出来る限り、どの様にしたら妹さんのお気持ちに添えるかを考えるしかないと思います。何の回答にはなり得ず、恥ずべきばかりです。
【ご質問】
成川先生、何度も申し訳ございません。
前回ご回答いただきまして、まだまだ諦めないつもりでした。しかし、肺炎を悪化させない為に胃瘻からの薬、食事の注入は中断しているからか、47歳の妹はかなり衰弱してきました。肺全体も痰などが詰まっており、特に肺の後ろ側はかなり溜まっている状態でレントゲンでは白くなっている部分が目立っています。舌も下り気道はとても狭く、呼吸をするのもやっとで、とても苦しい状況だと思います。痰の吸入も忙しくしている看護師さんに、とても負担をかけており、気管切開について決断しなくてはならない時期もきています。妹がまだ自分の意志を話せる時に「迷惑かけたくない。早く死にたい。」と申しておりました。キーパーソンである義弟がどのように考えているのかわかりませんが、妹は今、この瞬間も息をするのがやっとの状態で、もう快方に向かう医療行為は何もないようです。希望を見出すには妹にとって酷な気がしております。本当に苦しく残念で今でも奇跡を信じたいですが、覚悟もしておかないといけないとわかっているつもりです。食べることが大好きな妹がこの何年間か飲まず食わずまま、痰などによる誤飲性肺炎で生涯を終えるのはいたたまれません。大好きなお刺身を数秒、口の中に入れたり、コーヒーを何滴か垂らしたりするのは危険行為とわかっておりますが、今よりさらに弱った時は後悔しないために、味あわせてあげるのは良いと思いたいです。神経変質疾患の断定は脳を顕微鏡で検査しなくてはできないと、今日、先生からお聞きしました。色々な思いが交錯しており、乱文にて申し訳ございません。お忙しい中、成川先生に、お読みいただくお時間も申し訳なく思いながら、厚かましくまた、コメントさせていただきました。
関連記事

コメント

ありがとうございます

成川先生、ご多忙にも関わらずご回答いただきまして本当にありがとうございます。
また、先生ご自身のお母様のお話も、妹に照らし合わさせていただいております。大変心強く、また心構えも教えていただきました。妹の気持ちに添いながら1秒でも長く、嬉しい、楽しい、幸せという時間を共有できたらと思います。どうしようもなくただただ泣くばかりの私、両親、そして妹に真摯に向き合ってくださり、助けてくださり本当にありがとうございます。成川先生、貴重なお時間ちょうだいしながら、勝手の良すぎるお願いですが、どうぞお身体ご自愛ください。どうぞ激務の合間に心身ともに休まれることができますよう、よろしくお願い致します。いつか両親と一緒にお礼にお伺いさせていただきます。辛くなりました時は先生のくださったご回答を何度も読み返しさせていただきます。ありがとうございます。