一成さんへの回答

77才だったお母様は、78才になったのでしょうか?
長谷川スケールが22~23点 だったのが28点ぐらいにまで改善して来たと、前回は伺った様に記憶しています。それが現在ではバラつきはあるものの23~27 点ぐらいで経過しているとの話ですが、少なくても認知機能が悪化していないのは事実でしょう。サプリの影響なのか、一成さんの献身的な努力(脳トレを含めた)なのかは疑問が残りますが、私は一成さんの努力が大きいと考えています。昨今私が目にした論文で興味深いものに、2009年から2011年にかけてフィンランドで行われた「高齢者の生活習慣への介入による、認知機能障害予防の研究」があります。
研究に参加したのは60歳から77歳までの1260人です。被験者として認知機能が年齢相当か、少し低いくらいの人が選ばれました。この中から半分の人をランダムに選び「生活習慣改善グループ」として、食事療法、運動、脳のトレーニング、血圧管理など様々なプログラムを2年にわたって受けてもらいました。残りの半分の人たちは「対照グループ」として、一般的な健康アドバイスだけを定期的に受けてもらいました。 プログラム実施期間に入る前と1年後、さらに2年後のプログラム終了時に「認知機能テスト」を行い、結果を比較しました。
まずはバランスのとれた食生活
「生活習慣改善グループ」が行った食事療法を以下にご紹介しましょう。ぜひ、ご自身の食生活と比べてみてください。
タンパク質は1日に摂取する総エネルギーの10%から20%にする
脂肪分は1日に摂取する総エネルギーの25%から35%におさめ、以下の内容にも気をつける
・飽和脂肪酸およびトランス脂肪酸は10%以下
・一価不飽和脂肪酸は10%から20%
・多価不飽和脂肪酸を5%から10%
(オメガ3脂肪酸を1日に2.5グラムから3グラム含める)
炭水化物は1日に摂取する総エネルギーの45%から55%にする
食物繊維を1日に25グラムから30グラムとる
塩分は1日5グラム以下
アルコールは1日に摂取する総エネルギーの5%まで
砂糖は1日50グラムまで
バターの代わりに植物性マーガリンや菜種油を使用
少なくとも1週間に2回魚を食べる
野菜や果物を豊富に取り、精製していない穀物、低脂肪牛乳、肉製品を積極的にとりいれる
定期的な運動や脳のトレーニング
さらに、「生活習慣改善グループ」の人たちは「運動」と「脳のトレーニング」も行いました。運動プログラムはそれぞれの人の体力や体調に合わせて用意され、ジムで理学療法師の指導のもとで行いました。内容は膝屈伸や腹筋、背筋などを含む週に1回から3回の筋肉トレーニング、そして週に2回から5回の有酸素運動です。
「脳のトレーニング」は、グループセッションと個人セッションに分けて行いました。グループセッションでは、記憶や認知機能の年齢による変化や、日常生活への対応のしかたなどを学びました。さらに、コンピューターを使って学習進度の測定を行いました。個人セッションは、ワーキングメモリーやエピソード記憶、実行機能などの認知機能を鍛えることを目的に作られたプログラムを、各自が家でコンピューターを使って、1回に10分から15分、週に3回行いました。
さらに、メタボ健診と血管リスク管理として、定期的に血圧や体重、BMIなどの身体測定を行いました。
総合的に生活習慣を見直すことで認知機能低下のリスクが抑えられました。
どちらのグループも、プログラム終了時のほうが最初よりも成績が良くなっていることがわかります。特に「記憶」に関しては、両グループ間の差は、それほど大きくありませんでした。
しかし、「実行機能」や「処理速度」といった項目では、「生活改善グループ」のほうが「対照グレープ」よりも成績が著しく向上していました。「実行機能」とは、ある課題や目的を果たすために、必要な情報を判断して計画を立て、その計画を効率的に実行して目的を果たす能力です。プログラム終了時の「改善グループ」の成績は「対照グループ」に比べて、実行機能で83%、また処理速度は150%高くなっていました。さらに解析したところ、「対照グループ」は「生活改善グループ」よりも、約1.3倍、認知機能低下のリスクが高いことがわかりました。以上の結果から、生活習慣を様々な側面から見直すことで、認知機能の低下を効率的に抑えられることが示唆されました。
以上の結果から推測されます事は、現段階では医薬品やサプリより、生活習慣の改善や脳トレの方が認識機能の改善に役立っているかもしれないのです。多くの日本の医師は、この事実に余り注目していません。
「これからどんどん酷くなるや、医師が介護申請勧めるなら従うべき! 進行するだけなんだから」との発言は、医師を含め介護に携わる人達の不勉強さの現れとしか思えません。認識症の基本治療は何かと言えば、現在の医学水準で考えれば、家族の方の大きな愛です。将来的には医学的に解決される部分も多くなるとは思いますが、未だ認識症の治療に関して医師の診断は当てにならない事の方が多いのが現実です。一成さんは自信を持って、今のペースでお母様の介護を続けて行けば良いと思います。
【ご質問】
成川様お世話になっております。
度々の質問お許しください。 母の状態ですが、成川様に教えて頂いた脳トレを実践しています。日数はかかりますが1日1~2回ですが2分音読し2分で書き込む 初級コースから始めました。初級コースで1週間後ぐらいに合格で現在上級コースまで行きました。日によって3つしか書けなかったり6つ書けたりです。 その他簡単な脳トレをタブレットのアプリで毎日しています。 計算や神経衰弱や間違い探しなど…… 
月1でやっている長谷川式スケールはバラつきはありますが、23~27 MMSは26~29です。 記憶障害は現時点でも認められますが、アルツハイマーの診断から薬を服用せず1年近く経ちます。 日常生活も物忘れ以外は特に変化はみられません。 その日の出来事を思い出せない事があるから認知症なのは間違いないと思います。 あるサイトで質問した所、これからどんどん酷くなるや、医師が介護申請勧めるなら従うべき! 進行するだけなんだからと言われました。 確かにそうかも知れません。母も物忘れが酷い事は実感しているので気おつけないといけないって毎日言ってます。
色々考えたりネットで認知症の事を調べていると悪い方にしか考えられなくなってしまい母が1人で出来る事にも口出ししてしまい余計な不安を与えてしまったりと悪循環になっています。 
良くはならなくても現状維持はできると思い頑張ろうと思います。海馬だって鍛えれば新生するとも聞いたので。
読みずらい文面で申し訳ございません。成川様からなんでも構いませんのでアドバイス頂けたらと思い書き込みました。
よろしくお願い致します。
関連記事

コメント

ありがとうございます

成川様おはようございます。
お忙しい所回答くださりありがとうございました。 本当に感謝しております。
前向きに頑張って行きます。 また質問する事があるかも知れませんが、その時はよろしくお願い致します。