想い出は風の彼方に(121)

「病院は多額の借金を抱えたまま倒産してしまうのだろうか?」
綾子にとって眠れぬ日が幾度となくあった。だから病院長など成るべきでは無いと思っていたのに、浩司は少しも耳を貸そうとしなかった。子供が二人もいて、一体この先どうするのであろうか?
赤字決算が2年続いた年の3月に、綾子は思い切って浩司の意向を質した。
「ねえ、あなた。娘の智美もこの4月からは高校3年になるのよ。大学受験はどうするつもり?」
「当然、行かせるべきだ」
何を今更分かり切った事を聞くんだといった顔つきである。
「そんな事を仰っても、我が家に智美を大学に行かせるだけの余裕があるの?」
「別に智美を大学に行かせるぐらいの事は、どうにでもなるだろう…」
「どうにでもなるって仰っても、あなたの給料は半分にカットしてあるのよ。他の常勤のドクターよりはずっと安いんだから…」
「そうか、昨年からそんな取り決めになっていたな…!」
浩司は少し思案気に黙っていたが、
「だったら、俺の給料を元通りにすれば良いだろう」
「そんな事をすれば病院の赤字は拡大するわよ、それでも良いの…」
「まあ、それも仕方がないな。それでも智美は大学に行かせるべきだろう。俺とお前の二人が大学に行っているのに、自分の娘を行かせないって訳にはいかないだろうが…」
「そりゃ、そうでしょうけど…あなたの給料を元に戻せば、智美を大学に行かせるのも訳はないかもしれないけど、でも智美は医学部に行きたいって言っているのよ…」
「医学部?…そうか智美は医学部に行きたいのか」
「そうなのよ、恐らくあなたの影響だと思うわ…」
浩司は少し嬉しそうに、
「それが本人の希望なら、医学部に行かせてやれば良いじゃあないか…!」
「そんな事を仰っても、公立ならともかく、私立の医学部にでも行くとなったら、あなたの給料を元通りにしても月謝は払い切れないわよ…」
「そんな事はどうにでも成るよ」
「どんな風になるの?」
「智美の学費に困るならば、お前の給料を上げれば良いだけだよ」
「どうやって?」
「別に名目はどうにでもなるだろう。俺がこの病院の理事長であり、病院長なんだ。お前の給料を上げるなんて事は簡単な事だ…」
「ふ~ん、そうなんだ。でも、そんな風にあなたと私の給料を好き勝手に上げて、病院の赤字拡大はどうなるの?」
浩司は少し嫌な顔をして、
「赤字の拡大は頭の痛い所だが、俺が他の医者と同程度の給料を貰っても文句は何処からも出ないだろう。大体今までが変だったのだ。病院長の俺が看護部長と同じくらいの給料に抑えられていた方がおかしいのだ。お前にしたって時給1050円なんてパートの事務員並みの給料でいたんだ。それもこれもお前が病院の経理をする様になってからだ」
「だって病院の赤字状態を見ていたら、先ずは自分達の給料を、下げて行くべきでしょう?」
次回に続く
関連記事

コメント