想い出は風の彼方に(126)

    ーーー終章ーーー
浩司は支店長の話にかなり乗り気だった。しかし、綾子は消極的であった。確かに病院の経常利益は格段に向上したが、未だ5億円もの借金があるのだ。国は、とにかく医療費抑制政策に懸命になっている。この数年は老人ホームとの繋がりが増えてベッド稼働率は向上しているが、この先の事は不安定な要素が多すぎる。そんな綾子の考えに、
「今は責める時期だ。病院の運気は上昇傾向にある。老人ホームは増える一方じゃあないか、その連係を活かして病院のベッドは増やして行くべきだ。こんな絶好のタイミングを逃したら、後で後悔するのは目に見えている」
そう言って、浩司は病院の拡張計画を強く望んだ。しかし、綾子は妥協しなかった。
「あなたは何を望んでいるの?…良質の医療をしたいと言って今の病院を手掛けたのでしょう。それと病院の拡張計画とは結び付かないでしょう。ベッド数の多さと病院の質は結び付くとでも仰るの?…いま景気が良いからと言って、明日も好天の日が続くとは限らないのよ」
そう言われて、浩司は返す言葉がなかった。
その数年後、綾子の危惧は当たってしまった。老人ホームからの入院が激減し出したのだ。ホーム入所者の家族が、ホーム内での「看取り」を望むようになっていた。日本経済が一向に好転して来ない現状で、一般庶民の手取り収入が減少しているにもかかわらず、高齢者は増える一方では誰がそれを支えて行けると云うのだ。こうして病院のベッド稼働率は、また徐々に減少し始めた。
もしあの時、銀行の支店長の誘いに乗って新たな融資を受けていたら…そう考えるだけで綾子の心中には何とも言えない悪寒が走るのだった。
その後の「さくら町病院」が、どの様な流転を辿るのか筆者は知らない。
            ー完ー
次回の作品は「哀しみの果て」です。
引き続きお楽しみ頂ければ、幸いです。
関連記事