哀しみの果てに(5)

それ以来、祖父はすっかり気力を失い、63才からは細々した年金暮らしの生活となってしまった。
信吾の父は、祖父が没落するまでは生活の苦労も知らず大学も2年まで行ったが、旅行先で知り合った同年齢の母と恋仲になり駆け落ちをしてしまった。当時は元気だった祖母が、祖父に隠れて若い二人の生活の面倒をみていたのが災いして、父は大学にも行かず遊び暮らしていた。
しかし、そんな怠惰(たいだ)な生活が何年も続く訳はなく、何時しか祖父の知れる事になり勘当されてしまった。大学も中退して定職もなかった父は、一念発起して職探しを始めた。しかし大学中退と云う半端な学歴では、大会社は言うまでもなく彼が望む様な会社の何処からも採用されなかった。仕方なく独学で勉強して「地方公務員初級職」に何とか合格した。それから今の市役所勤務となった訳である。市役所勤務となってからは、それまでの遊び人の様な生活からは別人の様に変わり、平凡な一市民としての生活に甘んじていた。
祖母は信吾が幼い頃、61才で胃癌になり他界していた。祖父の没落する前だったので、何も知らずに逝った祖母は幸福な人生を送ったのかもしれない。
信吾の誕生は、彼等の両親が一緒になって9年目の年だった。随分と遅い初孫であったが、その分祖父母の溺愛ぶりは尋常ではなかった。祖父母の家の8畳間は信吾の玩具で埋め尽くされていた。しかし、その玩具の部屋も祖母の死別と共に、哀しみの思いでが溢れる部屋にと変貌して行った。しかし未だ3才にも満たない信吾には何も分からず、
「おばあちゃんは何処、何故僕と遊んでくれないの?」
と家中を探し回っていた。祖母の葬儀には最期まで付き沿った信吾だが、多くの人が来て美味しい物を夜中まで飲み食いして、大人達は祖母の思い出話をしていた。信吾の目から見れば、それは殆どお祭り騒ぎに見えた。会った事もない親戚も多かった。信吾は同年齢の親戚の子供を集めては旧い家の中を走り回っていた。
その信吾の玩具の中身は、子供達には大好評で皆んなは大喜びで遊び回った。子供達が家中を走り回わる姿を見て祖父は
「これも、ばあさんの功徳だろう」
そう言って、目を濡らしながらも子供達の騒ぎを止めようとはしなかった。しかしその祖父も数年後には連帯保証人の借金地獄で、信吾の玩具はおろか、全ての家財を没収されてしまった。祖父も所詮は親から多額の財産を受け継いだので、坊ちゃん暮らしが身に付いていたのだろう。つまり人の良い所だけが取り柄の世間知らずだったのである。そんな育ち方をしていたので他人を疑う性格が本質的に欠如していたのかもしれない。
祖父を連帯保証人に頼み込んで来た友人は高校時代の親友で、その当時から…
「俺は世界を股にかけて歩き回るんだ」
と豪語する程の誇大妄想癖が強い男で、幾つもの事業に手を出しては、成功と失敗を繰り返していた。そんな男の連帯保証人になる祖父もどうかしているが、3万坪もの広大な雑地を購入して日本で一番豪華な霊園墓地を作るんだと云う話に、祖父はすっかり乗せられてしまったのだ。
次回に続く
関連記事