哀しみの果てに(32)

それから認知症の病型分類についての説明がなされた。
「これまでは認知症と云うと、直ぐにアルツハイマー型認知症と診断されていたでしょう。しかし、最近の病型分類ではアルツハイマー型認知症よりレビー小体型認知症の方が、はるかに多いと言われています。さらに言えばですね、単独の認知症は割に少なく混合型が多いと云う報告も数多くなされています。つまりレビー小体型認知症にピック病が合併したり、脳血管性認知症にレビー小体型認知症が合併したりしている例が非常に沢山あるのです」
講演の半分近くが理解出来ず、信吾は昨晩の夜勤の疲れもあって段々と眠くなって来た。すると突然に講師から信吾に声がかけられた。
「そこの青年、だいぶお疲れの様だが何か質問はないかね?」
周りで、クスクスと笑う声が聞こえた。信吾は驚いて立ち上がり、
「あの、あのですね。私たち介護士が…え~と、認知症の高齢者と接する上で、何と言いますか一番重要な事はなんでしょうか?」
と、やっとの思いで尋ねた。信吾に質問を投げかけた講師は、にっこり笑って…
「うん、具体的でとても良い内容だね。それでは、お答えします。認知症の高齢者を介護する上で一番重要な事は、全てを先ず肯定的に捉えて行く事から始まります。常識外の問いかけにも否定してはならないと言われています。例えば今食事をしたばかりなのに、ご飯は未だか?…などと言った事柄が良い例です」
ここまで聞いて信吾は、嬉しくなって来た。自分の介護に対する思いと全く同じ意見を聞いたからである。さらに講師の説明は続いた。
「認知機能の未発達な乳幼児期でも、また退化しつつある認知症の人でも、先ずは肯定から始まるのです。相手を認め、人間の尊厳を素直に受け入れて行けば、お互いの人間関係が良好になって行くのです。愛情に満ち溢れた母親であれば、赤ん坊の泣き声だけでもその要求の何かを理解出来ると言われています。オムツが汚れているのか、お腹が空いているのかを区別できるのです。認知症の高齢者でも全く同じです。徘徊でも、夕方に強くなる帰宅願望でも、こちらに理解する気持ちがあるならば、その不可解と思える行動も少しずつ意味合いが見えて来るのです。例えば朝方に徘徊が強ければ、これから会社に行こうとしているのかもしれませんし、逆に夕方になってから徘徊が強くなるのであれば会社から自宅に帰ろうとしているのかもしれません」
信吾や同僚のスタッフの多くは、感心して聞きいった。徘徊一つを取っても、これだけの意味づけがなされるのかと、日常的に何も考えていなかった問題を深く掘り下げた講演に大きな感銘を受けた。それにしても赤ん坊の泣き声と認知症の徘徊を同じ俎板(まないた)にのせて語る手法は、かなり可笑しかった。少し疑問も残ったが、敢えて質問はしなかった。変な質問をすると逆に恥をかいてしまうのではないかと恐れたのだ。
次回に続く
関連記事

コメント