断章(1)

断章【日々の思い(1) 】
「哀しみの果てに」は全く筆が進まなくなって来た。頭の中の創作活動が疲弊(ひへい)
してしまったのかもしれない。私の長年の読者には心からお詫びしたい。これからは断続的に日々の思いを書いていきたいと考えているので、お許し願いたい。
関連記事

コメント