断章(2)

日々の思い(2)
日本だけが、先進諸国の中で経済状況が鈍化している。この20年間、他の国の平均労働者の年収は確実に増えている。40~80%ぐらいで年収が圧倒的に上昇している。ところが日本だけは-20%と驚くべき低下である。日本では確実に貧困化が進んでいる。質は問われず、値段の安さでのみで人は集まる。その根本原因は何かと言うと、「少子高齢化」である。出生率の驚異的な低下で、現在1億2千万人の人口が100年後には5千~6千万人になるとの予測がある。さらに300~500年後には地球上から「日本人」が絶滅するのではないかとも言われている。この様な国では大きな設備投資が行われにくい。基本的な景気が回復するとは、どしても思えない。未来に渡って消費者が加速度的に減って行くのだから!
関連記事

コメント