長嶋さんへの回答

78歳のお父様のレビー小体型認知症は何時頃から病状が明らかになったのでしょうか?
肘や膝が曲がって一歩が出づらいと仰るのは、パーキンソン症候群に基づくものなのでしょうか、あるいは関節の拘縮によるものなのでしょうか?
変形性膝関節によるものであれば、ヒアルロン酸の関節腔内注入で、ある程度は軽減するかもしれません。しかし、パーキンソン症候群(レビー小体型認知症に伴う)によるものであれば、抗パーキンソン薬の適切な服用とリハビリが重要です。また飲水量が少ないと、ご心配ならば嚥下機能の向上に努めるべきでしょう。ポイントはなるべく大きな声を出す事で嚥下機能は向上しますが、病状の経過が長いと困難かもしれません。
「あ~ん」、「あ~ん」を
3~4回から10回程度まで大声で繰り返す事によりレビー小体型認知症の初期から中期までの病状であれば、嚥下機能はそれなりに改善します。
また排便、排尿の問題は認知機能と密接な関係にあります。脳トレを通じて如何に認知機能を落とさないかが重要です。長谷川式認知検査で10点以下(30点満点で20点以下は認知症と判断されます)ですと、脳トレの実施もかなり困難を極めます。私の認知症外来で14点の方を23点まで、1年がかりで向上させたケースはありますが、10点以下では脳トレの効果は上がっていません。いずれにしても介護のポイントは、ご本人に精神的な不安を与えない事です。どの様な失策があっても感情的に叱ると云うのは厳禁です。さらに付け加えればレビー小体型認知症には、自律神経失調症による排便排尿のコントロール障害もありますので、各個人の適切な排便排尿のリハビリも必要です。おむつの交換時間とタイミングなど生活のリズムに合わせた習慣を考えて行かねばならないのです。
それに認知症の方は、叱れば叱るほど認知機能は確実に悪化します。ご質問の内容が、もう少し具体的ですと私も答えやすいのですが…
何かご参考になりましたでしょうか?
【ご質問】
はじめまして
介護5の父78歳はレビー小体型認知症で71歳の母が一人で介護しています
私は週2度程少し手伝うことができるくらいです。
父は寝たきりではないのですが、
食事は離床させトイレや食事はさせるのですが、どうしても肘や膝が曲がって一歩が出づらいようです。
歩いていけずその場所で固まっているときがあります
便秘もあり、尿は夜(おむつの中でして)までなかったりして心配です
母が曰く水分はできてると、言うのですが、飲み方もちょろちょろと飲むので少ないような気がしています
歩行させるコツやレビー小体型認知症の介護でもっともっと知識が必要だと思います
関連記事

コメント