ミナガワさんへの回答

81歳のお母様の入院前の症状は、レビー小体型認知症に伴う「ウツ症状」ではないかと思われます。恐らくレビー小体型認知症に伴う多彩な病状で、特養では対応が困難になって来たのでしょう。入院先の病院で、どの様な薬が使用されたのかは分かりませんが、服用上の問題は当然のごとく考えられます。レビー小体型認知症の最大の問題は、薬剤過敏症状です。少量の薬を慎重に使用するのが原則です。安易な薬の投与は副作用ばかりが多く、患者さんの精神症状も悪化させます。「お薬手帳」を見れば、どの様な薬が使用されたかは直ぐに分かります。よろしければ「お薬手帳」の中身を教えて下さい。その情報により、もう少し適切なアドバイスが出来るかもしれません。認知症患者さんへの最大の対応方法は、薬ではなく人間同士の信頼関係の構築から始まります。そして生活習慣の改善と、脳トレです。もちろん脳トレをやってもらうのには相当の根気が必要とはなります。先ずご参考までに…
【ご質問】
こんにちは。81歳の母親の事で質問です。今要介護5で、認知症、特養にいます。不安愁訴が強く、大きな声を出す、一日中死への不安を訴える為、3か月程近くの病院へ入院させました。入院後半頃より、能面様、一点を見詰めた状態が続く、声の元気が無くなる等の様子が見れました。現在は退院していますが、入院以前に比べ、明らかに廃人の様になり、介助がないとご飯も食べられなくなり、また、私の名前も解らないようです。向精神薬も複数飲んでおり、てんかんの薬等も追加されているようです。この代わり映えが、薬の副作用なのか、認知症の進行したものなのかの判断が、つきません。他の病院へ診せた方が良いでしょうか。宜しくご解答願います。
関連記事

コメント