診察室からコンニチハ(25)

ある認知症患者さんは、顔を覚えたケアスタッフが行くと素直に口を開き、自分で薬を進んで飲んでくれる様になりました。そして暴れることもなくなり、両手の拘束が不要になります。そして次の段階では、患者さんの好物であるバナナを用意しました。自分で皮をむいて食べる事さえ出来る様になりました。その5日後には車いすに座って箸を使い、食事を取れるまでに改善したのです。
「ユマニチユード」を発案したジネスト氏は、こう述べています。
「ケアしてくれる人を友達と認識し、人間同士の絆を感じたことで意欲が沸いたのです。私も、友達と一緒に食事をすると食べ過ぎるし飲み過ぎてしまいます。人間の食事とはそういうものです」と…
さらにこの認知症患者(女性)は、歩行のトレーニングをすることになりました。最初は大変でしたが、補助しながらゆっくり歩を進めます。
「立位を取ることで、人間の尊厳を取り戻してもらいます」(ジネスト氏)。
そして迎えた退院の日、女性は鏡を見ながら髪の毛をくしでとかし、自分で選んだアイシャドーでお化粧をして病院を後にしました。このような変化が、ユマニチュードを「魔法」と評する人がいるゆえんでしょう。
どうせ認知症患者なんだから何も分からないと云う偏見が、人間性の尊厳を蔑(ないがし)ろにして来たのです。これまでの介護現場では…
我が国でもフランスから伝わって来た「ユマニチユード」の理論を頭で理解する人は増えています。しかし人手が足りないとか、介護にそんな多くの時間をかけられないとかいった幾つもの言い訳で、真にこの理論を学び実践しようとする施設や病院は極めて少ないのが現状です。安易な薬剤投与が未だ多くの現場では横行しています。それは経済的効率を優先しているからでしょうか、いいえ人間性の尊厳を置き忘れているからではないでしょうか。
私も医師として、反省すべき点は多々あります。それでもなるべく多くの時間をカウンセリングや脳トレに費やしています。「ユマニチユード」の理論を知る前から、この姿勢は変わりません。それでも現場の介護をするスタッフの大変さと、苦労の訴えに負けてしまう事があります。
「ともかく精神科医に任せるべきだ」
と云う介護者の偏見が未だ余りに強いのです。つまり薬剤投与に頼るべきだと云う声に繋がる思考形態です。医師一人の力では、多くの介護者の抵抗に負けてしまう事もあるのです。
どれだけ多くの介護者に、この「ユマニチユード」の理論を理解し、実践してもらうかが今後の大きな課題です。
しかし、一方では日本の国民医療費が、国際的に見てかなりバランスが悪いと云う事情もあります。患者さんに対する医師や看護師の配置数が少な過ぎるのです。医薬品や高度の医療機器の使用に支出を多く割かれているからです。良質な医療環境には、それなりのマンパワーがどうしても必要です。こんな事情にも「ユマニチユード」の実践を阻害している現実があります。日本ではCTやMRIが世界的に見ても多すぎると云う指摘や医薬品の使用量が多すぎる現実があるのです。
次回に続く
関連記事

コメント