レビー小体型認知症の父の娘さんへの回答

失礼ですが、お書き頂いた処方箋には量的に不明瞭な点があります。
・デパケン細粒 40% 0.075mg
・カルバマゼピン細粒 50% 0.075mg
・パルプロ酸ナトリウムSR錠 100mg
と云うのが分かりません。先ずデパケンとパルプロ酸ナトリウムは同成分の薬ですし、0.075mgと云うのが理解出来ません。こんな微量処方と云うのは有り得ないからです。
もしかしたら0.075gでしょうか?
それなら納得です。さらにビソプロロールフマル酸塩錠 1.25mgの処方はどんな意味でしょうか?
高血圧か頻脈があるのでしょうか?
あるいは疑念を抱いている甲状腺機能亢進症の頻脈なのでしょうか?
そしてトラゼンタ 2.5mgを服用しているのは、糖尿病があると云う意味でしょうか。それならH bA1cはどの様な数値でしょうか?…お父さまの糖尿病にトラゼンタ2.5mgが適切なのか疑問は深まるばかりです。如何に認知症の問題があるにしても、内科的な疾患は十分にチェックして行くのは常識です。ともかく使用薬剤の徹底的な吟味が最重要な課題です。さらに、この精神科医の処方態度が分かりにくいです。認知症に精通しているとは思いません。
お父さまの症状はレビー小体型認知症にピック病合併の疑いがありますが、甲状腺と糖尿病の問題も詳しく調べないと問題解決に至りません。出来ましたら甲状腺機能検査の数値も知りたいですね。また瞬間に怒り出すというのは、ピック病の悪化か、薬剤処方が原因かを探って行かなければなりません。もう少し詳しい情報をお待ちしています。    成川
【ご質問」成川先生、前回の質問時には丁寧にお答えくださり、ありがとうございました。
先生の優しいお言葉に救われました、本当にありがとうございました。
今回も大変失礼を承知で教えて頂ければと思い、問い合わせをさせて頂きました。
突然おとずれる、不穏状態について教えてください。
これはもう、本当に突然で、穏やかにしていると思い安心した瞬間、顔付きが変わり手を振り上げて怒り出します。
服を脱ぎ(下着も脱ぎ)、裸で家中を歩き回る、ということもあります。
このような状態も長くは続かず、1時間程で収まりますが、1日に何度も繰り返される事もあります。
こういう興奮時はトイレの認識もなく、目を離した隙に部屋や玄関でしてしまう事もあります。
●先生、このような場合、どのように対応をしたら良いでしょうか?
突然の興奮と、トイレ以外での排尿に困っています。
クロチアゼパムを頓服として興奮時に飲ませていますが、効いてるのか効いていないのか、、出来れば薬の服用以外で対応出来たら、と思っています。
3度の精神科入退院で、間違いなく悪くなる父を見続けました。
ケアマネージャー含め、周りからは施設を勧められるし、今年2月、先生に相談をさせて頂いた時は何をどうしたら良いのか本当に分からない状態でした。
でも、先生からのアドバイスで、私も母も頑張る決心がつきました。
今、母は、興奮時、父を無理に制止する事はせず、
物を投げても投げさせたまま、
物を倒しても、父が落ち着くまで、元に戻さない、という風にしており、嵐が過ぎ去るのをひたすら待つ、という感じです。
先生からのアドバイス "どのような状況でも相手を否定してはいけない"、という言葉を紙に大きく書き壁に貼ってます。
ソファがあるのですが、父が座った時に、いつも私達が目に入る位置に貼ってあります。
父が座ると頭の上にその言葉が目に入る状態です。
それを見て、絶対否定しないよう心掛けています。
現在処方されている薬は下記です。

・ビソプロロールフマル酸塩錠 1.25mg
・デパケン細粒 40% 0.075mg
・カルバマゼピン細粒 50% 0.075mg
・トラゼンタ 2.5mg
・パルプロ酸ナトリウムSR錠 100mg
・ビォフェルミン錠

・デパケン細粒 40% 0.075mg
・カルバマゼピン細粒 50% 0.075mg
・パルプロ酸ナトリウムSR錠 100mg
・ビォフェルミン錠

・デパケン細粒 40% 0.075mg
・カルバマゼピン細粒 50% 0.075mg
・パルプロ酸ナトリウムSR錠 100mg
・ビォフェルミン錠
眠前
・ルネスタ錠 2mg
・デパケン細粒 40% 0.075mg
・カルバマゼピン細粒 50% 0.075mg
・パルプロ酸ナトリウムSR錠 100mg
興奮時の頓服
・クロチアゼパム 5mg
※朝、昼、夕、眠前、4回処方されていますが、自己判断で、昼と夕、抜いています。
(デイサービスの日は、昼も服用しています。)
※カルバマゼピン細粒は、処方されていますが、服用していません。
(2度目の退院時は処方されておらず、3度目の入院から処方されるようになりました。
3度目の入院時、外泊の際も処方されており、指示されたまま服用させていましたが、服用した途端、たまたまかもしれませんが、気が荒くなり、服用しない方が穏やかな感じがした。そのような事が有ったので服用してません。)
自己判断で薬を服用させないなんて、愚かな判断だと思われるかもしれません。
主治医に対する不信感、言っても否定されるだけ…と思うと何も言えない状態です。
実は退院時、パンテチン、アリナミンF、マグミットも処方されていました。
退院した時、下痢がひどく、入院していた病院の主治医に『下痢で困る』、という話をした所、マグミットの服用を止めるよう言われました。
しかし、それでも下痢が治まらず、昔からお世話になっている、近所の内科の先生に相談をした所、『パンテチンの副作用ではないか?もう一度、薬の相談した方が良いよ、薬が原因で下痢を起こしている』とアドバイスを受け、再度、主治医にその旨を伝えて相談した所、『パンテチンも下痢になるけど、アリナミンFも下痢になるよ、服用を止めて良いよ』と、とても軽く言われてしまいました。
父は便が出る感覚がなく、臭いで気づく、という事の繰り返しでした。
病院ではオムツをあてられっぱなしでしたが、自宅では、なんとかパンツで過ごせるよう、と紙パンツで対応をしていましたが下痢のお世話は本当に大変でした。
なぜ、退院するときに、薬による下痢の説明が無かったのか、一度目の下痢の相談の際、なぜマグミットのみ止めるよう言ったのか…
パンテチンとアリナミンFについての説明は全くありませんでした。
こんな経緯もあり、薬の相談はなかなかしづらい為、素人判断で薬を減らしています。
ちなみに、父にはてんかんのような症状はありません。
テレビやネット、本などからの情報なので、素人考えですが、『甲状腺の異常から認知症になる』というのを見てから、父も、もしかしたら、そうかも…と思うようになりました。
5~6年前ですが、急に汗が吹き出し、止まらなかった事が有るんです。
シャワーを浴びたかと思うほど、短時間で汗びっしょり。
汗をかく=甲状腺異常?
素人の単純な発想ですみません。。
動いた後など、とかという訳でもなく、家族で何気ない会話をしていた時だったと記憶しています。
長文で本当に申し訳ありません。
横着で申し訳ありませんかお時間がある時に教えて頂ければ…と思います。
何卒宜しくお願い致します。
関連記事

コメント