診察室からコンニチハ(43)

日々の外来診察を通じて思う事は、医師と言えども所詮は人間で、患者さんとの間に言葉の軋轢(あつれき)を起こしてしまう事があります。
ある患者さんの例を出します。その患者さんに私としては出来る限り丁寧に相手を気づかいながら精一杯説明したつもりでしたが、理解してもらえませんでした。その方は50歳代後半で身長166cm、体重98kgの男性でした。糖尿病があって高血圧と高脂血症も合併し、かなりの薬を飲んでいます。典型的な成人病でした。。3~4ヶ月に1度の割で採血をさせて頂き、糖尿病やコレステロールの経過を見ていました。3年以上は外来診察をしていました。ある日、私は…
「もう少し体重を落とせると、血圧や血糖も安定すると思うのですが…」
と、軽く注意を促しました。すると、その患者さんは急に顔色を変えて…
「そんな事は分かっている!」
と、声を荒立て席を立ってしまいました。それきり、その患者さんは病院に来る事はありませでした。
肥満している事自体が、彼のコンプレックスになっていたのでしょう。
それを医師の私に指摘されたので、逆上してしまったのでしょうか?
自分でどうにもコントロールの効かない事を指摘される事ほど、傷つきやすいのかもしれません。極端に肥満の方の多くはメンタル・ケアからしなければならないのでしょうね。
その意味では私にも反省すべき点はあったと思います。
次回に続く
関連記事

コメント