ぴりかさんへの回答(再)

基本的に脳血流性認知症と云う診断名はありません。脳血管性認知症ではありませんか?
多分、脳血流の低下が局所的に見られたのでしょう。側頭葉、頭頂葉、前頭葉もしくは後頭葉なのかもしれませんが、しかしCTやアイソトープだけで認知症の正しい診断が付く訳ではありません。画像診断だけで認知症の診断が付くなら、何の苦労もいりません。認知症と云う学問は未だ余りに未知なのです。一部の大病院では患者不在で画像診断にのみ頼っている医師も多くいます。昨今では「日本認知症学会」でも、その点が多く議論されています。
画像診断でアルツハイマー型認知症と診断されても、10年以上まったく認知症状を呈さない人も多数いるのです。ですから問題はどんな診断が付けられたかではなく、どの様な症状でご家族が困り果てているかです。患者さん自身の治療と、ご家族の苦労を緩和させる方法を考えて行くのが、適切な医療だと思うのです。さて、本論に入ります。
物忘れ外来で、メマリーや漢方薬(たぶん抑肝散?)を出されたとの事ですが、お母様の病状では効果が上がらないと思います。
第一選択薬はクロルプロマジンの散薬だと思います。朝5mg.夕5mgの計10mgからスタートさせて、1週間ごとに様子を見ながら4~8mgづつ増やし、最大量は40mgまで持って行きます。これでも効果が不十分な場合にはリスパダールの併用療法もあります。私の外来で見る限りは、クロルプロマジンだけで、暴言、妄想等を呈する患者さんは十分なメンタル・ケアが可能になっています。その上で私は脳トレを実施しています。
初めの間は、脳トレを試みようと思った患者さんに、そんなにやりたければ自分ですれば!…と、私に罵声を浴びせかけた患者さんも今では進んで脳トレをしています。こんな私の話が、どの程度に参考になるかは分かりませんが「認知症専門医」に、こう云った治療法があると相談して頂けませんか。
【ご質問】
記載し忘れておりましたが、CTとアイソトープをし、脳血流性認知症と診断されてデイサービスに行くようになりました。
銀行の印鑑を無くしては登録し、部屋の鍵をとられたと言っては、何回も変え しまいには、1千万入金したお金がなくなって引き出されている、その通帳がない、といい銀行にも迷惑かけております。デイサービスにはいかなない、介護施設には入らない、引越しはしない。
金、印鑑、通帳、メガネ、貴金属返せ、と
ありえない作り話を否定すると、大うそつきにになった、と人の話を聞くことをしない、認知症だと言うと、80すぎたらみんな、物忘れはする、など、道理に当てはまる説明を饒舌に話し、どうにもなりません。たちが悪いです。
物忘れ外来では、メマリーや漢方薬を出していただきましたが、いずれも血圧があがった、気分が悪くどうにもならない、といい飲みません。飲まないのではなく、飲めないのだと理屈をこねます。今は、貼り薬になりましたが、無くしてさしまったり、色々です。
何か工夫しても、否定したり悪く考えたりして
一歩先に進めません。
関連記事

コメント

大変ありがとうございます。
脳血管性認知症でした、私の書き間違いです。
教えて頂いたその治療法、医師に聞いてみたいですが、お医者さんの中で患者や家族から
ちょっと知識のあるような用語を使うと嫌がる方がいます。全く別の科の先生に用語を使った時に突っ込まれた料理嫌な言い方をされました。別の認知症外来を探せばよいでしょうが、なんせ、頑固で話しを聞かないし、今回看護師と裏で打ち合わせして、やっと診察を受けることができたのです。認知症のわりに、次々と言葉匠に話しをし、ありもしない話しをし、メールは半月で100件以上きます。とにかくプライド高くて自信あり一人でなんでもでき、他人に迷惑かけていないと信じ、大変厄介です。
その治療法、受けさせたいです。ケアマネに相談してみようかと思います。
担当医にも、やんわり聞いてみようかしら。
担当医は、二回気分悪くなっだから、多分何を出しても飲まないだろう、薬が無駄になる、と考えて貼り薬なのかもしれないです。
一人で患者全て担当してらっしゃるので、診察の番にくると毎回疲れきっているように感じます。
大変ありがとうございます。