診察室からコンニチハ(48)

認知症の外来診察を通じて常に思う事は、家族が率先的に参加して、医師と二人三脚で少しでも親なり、配偶者の認知機能を改善しょうと努力する人と、性急に結果を要求する家族とでは明らかな違いが出て来る様に思えてなりません。
こう書くと如何にも医師の言い訳に聞こえるかもしれませんが、認知症治療は試行錯誤の連続です。ご家族と医師の手探り状態であると言っても過言ではないのです。何故ならアルツハイマー型認知症にのみ単独で罹患していると云うケースは割と少ないのです。
一口にアルツハイマー型認知症と言っても、以前の様にアミロイドβのみが蓄積している(その様に言われていた時期も長かったのです)だけではなく、タウ蛋白の蓄積もかなりの比率で認められていると昨今の文献では記載されています。その蓄積比率で病状も微妙に変化する様です。レビー小体型認知症に関してもアルツハイマー的な要素が混在しているケースも多いと言われています。ピック病に関しても同様に脳血管性とか、レビーとかが入り混じっていたりするのです。
ですから、稀には「ドネペジル」や「ガランタミン系」の薬剤がそれなりの効果を示す例もあります。しかし、それらの薬が長期的に効くかと言えば疑問が残ります。何故なら認知症の病状は月日の流れと共に、その病態生理を変えて行くからです。
脳内に蓄積して行く変性物資が、癌細胞の転移に似た変化を起こしたりするのです。しかし癌細胞の転移と違うのは、認知症であろうと人間の感情は最後まで残りやすいのです。
その感情を利用する事により、認知症を改善する為の努力は必要なのです。現段階で出来る事は「脳トレ」であろと、「音楽療法」であろうとやってみるべきなのです。
認知症の根本治療は脳内に蓄積した変性物資の除去以外にはないのですが、その変性物資にしても完全に解明できていると云う訳ではないのです。つまり、根本治療に至る道は未だ遠いと言わざるを得ません。
戦前の時代、まだ「抗結核剤」が発見されるまででも結核の治療は、栄養のある物を食べるとか、転地療養などで多少の効果を上げていました。全快例だってあったのです。
認知症治療にしても、同じ様に考えられます。生活習慣病の改善や朝の散歩、規則正しい生活なども補助的な治療になるのです。結局、人は生きている限り、その与えられた状況で精一杯に生き続けるしかないのです。希望を捨てず…。
次回に続く
関連記事

コメント