一成さんへの回答

親子間では困難かもしれませんが、基本的に認知症を悪化させない重要なポイントは感情のコントロールです。如何に良好な関係を維持させるかです。どの様な間違いがあっても、否定しないと云うのが根本です。否定すればするほど認知症が悪化して行くと言われています。脳トレも重要ですが、それ以上に感情のコントロールが大切です。
普通の人でも褒められれば良い気持ちになり、叱られれば不快な気分で思考が停滞するのが一般的です。
そして一成さんの不安症状が、そのままお母様にも伝染してしまう恐れがあるのです。その意味では精一杯努力した後は、「ど~ん」と、構える覚悟が必要かもしれません。
マイナス思考からはマイナスの結果しか出ません。
人間の脳細胞も良い感情の方が、活性化されやすいと言われています。
もう少し、肩の力を抜いてお母様と接する事をお勧めします。
  【ご質問】
成川様お世話になっております。 先生に初めて相談してから一年半過ぎました。 色々とアドバイスくださり感謝しております。
以前と似たような質問になってしまう事をお許しください。
認知症外来のある総合病院で検査等をして海馬萎縮中等度でアルツハイマー型認知症と診断されアリセプトを処方されましたが服用させず先生に教えて頂いた脳トレや、私自身で良いと思ったサプリ、朝晩欠かさずにタブレットでですが色々な脳トレをやっております。認知症医がタブレットでの脳トレは先々前頭葉に悪い影響をおよぼすからやらない方がよいと動画サイトで見ました。 用紙でやるのが1番良いのは分かりますが時間も限られているのでタブレットで継続しています。 計算や記憶力、ジャンケン、神経衰弱などです。
母78歳になりますが、確かに見当識障害やエピソード記憶障害は目立ちます。何度も喧嘩になってしまった事もあります。
脳トレもほほスムーズにできますし、月1でmmseか長谷川式テストをやりますが、ずっと26点~29点で変化はみられません。 今後急激に悪化していまう事を考えると怖くて夜もゆっり眠れない毎日です。 アルツハイマー初期の状態を1年以上継続していますが、今後気おつける事などありましたら教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。
関連記事

コメント