診察室からコンニチハ(63)

人工知能AI (artificial intelligence)はどこまで進化するのでしょうか?
私たち人間は、他の動物に比べ(もちろんコンピュータに比べ)、「社会性」という能力が非常に発達していると言われています。そして、この「社会性」を支えているのが、人間の脳において特に肥大化が見られる、「理性」を司るとされる「大脳新皮質」だと言われているのです。深層学習を中心とする学習アルゴリズムの開発により、人工知能は、画像から物体を高精度で認識することができるようになったと言われています。しかし、それは、既に記憶した物体に対してのみであり、記憶していない物体に対しては無力なのです。例えば、人間であれば、例え「馬」という動物を見たことがなくても、馬の写真を見れば「何か動物がいる」ということくらいは理解できます。しかしながら、人工知能にとっては、学習していない物体というものは情報とは言えずノイズでしかないのです。
では人間の脳は、どのような構造になっているのでしょうか。
人間の脳の構造を簡単に理解するために、米国の神経科学者ポール・D・マクリーンが提唱する「三位一体の脳仮説」というものを紹介します。この仮説によりますと、人間の脳は、進化的に最も古い反射脳(延髄・脳幹)、次に古い情動脳(大脳辺縁系)、最も新しい理性脳(大脳新皮質)に分類されます。この中で古い部分である、反射脳と情動脳は、合わせて「生存脳」と呼ばれ、生命の生存にとってはなくてはならない器官とされています。生存にとっては、外界からの刺激に対する何らかの反射(反応)と、情動(感性)による外界からの刺激の認識が欠かせないのです。つまり、外界からの刺激を受けて感性を研ぎ澄ませないと、生存本能すらも危うくなると解釈できるのです。
加えて、最も新しい理性脳(大脳新皮質)は「社会脳」とも呼ばれており、外界と自己との関係を表現することで、豊かな社会性を作り出しています。例えば、社会脳において「運動」を司る部位である運動野において「ミラーニューロン」というものが見つかっています。
これは、例えば、自分が手を動かす場合に反応するニューロン(神経細胞)が、他人が手を動かしているのを見ただけで反応する、という現象なのです。すなわち、自分の行動と、他人の行動が同じこと(或いは違うこと)と認識することによって、他人への共感や、自己と他人とを区別していると考えられるています。
そしてこの「社会脳」は「生存脳」とも強くリンクしていることが知られています。すなわち、外界からの刺激を受けて、感性を研ぎ澄ませることなしには、生存本能はおろか、社会性すら維持できなくなるということなのです。
このように、理性を司るとされる大脳新皮質は、生存脳とリンクすることで、豊かな社会性を作り出しています。
このように考えると、人工知能の進展は「社会性」という性質とは無縁のようにも感じられます。しかし、掃除ロボット「ルンバ」に代表されるように、「ぶつかったら避ける」などの単純な「反射」の機能を備えた人工知能は、人間の脳のうちの「生存脳」の原始的なものと言えるかもしれません。
確かに、「ルンバ」を見ていると、どことなく、頼りない動きをするペットを見ているような感覚を覚えます。この仕組みをさらに発展させたものであるとも解釈できる四足歩行ロボット「ビックドック」などは、それ以上に生き物を見ているような感覚を覚え、今にもこちらを見て襲ってくるのではないかという錯覚すら覚えてしまいます(実際は、四足歩行ロボットはものを見ているわけではなく、動く意思を持っているわけではないので、命令した方向以外には進まないのですが)。
以上のように、人工知能は、人間の理性が作り出す「社会性」に関し、まだまだ不十分とは言え、ようやく足を踏み出したと言えるのかもしれません。
さらに感情面までを考慮に入れますと、人工知能がどこまで人間の知能に迫れるかは未だ多くの疑問が残ります。
次回に続く
「お知らせ」緑協和病院の年末年始は12月30日から1月3日までが休診体制です。なお救急患者さんは受け入れます。
関連記事

コメント