安田さんへの回答

認知症の程度が分かりかねますが、通常は週3回で、一回3~4時間の透析時間、安静に耐えられるかが問題です。もし抑制でもしなければならないとなると、認知症は確実に悪化します。また認知症の程度によっては入院を引き受けない病院も多いと思います。欧米では、この様な場合に人工透析を行う事はありえません。個人的に言えば、週3回の透析はお母様にとって苦痛以外の何物でもないと思います。私の母親なら、今更その様な苦痛を与える選択はせず、静かに天寿の全うを温かく見守ります。
【ご質問】
成川先生、質問させて下さいませ。
81歳になる義母は55歳の時に脳出血を起こし以来、左半身不随の車いす生活です。現在は認知症が進み、私のことも忘れてしまっております。
最近は腎不全になり、腎臓機能が一割を切り、主治医から人工透析に入らないと死んでしまうと言われています。
義母は施設でお世話になっていて、透析するなら透析の出来る病院に入院することになります。
私としては今の義母には透析がとても負担で幸せな事とはあまり思えません。主人はやはり一日でも長く生きて欲しいとの思いがあるようです。
このような現状ですが、医師の立場から最善の選択、ご意見をお聞かせ願えませんか。
宜しくお願い申し上げます。
関連記事

コメント