認知症の分類

SKさんへの回答
認知症の原因疾患の割合は、厚生労働省の報告、各大学病院での発表その他、また年代別によっても色々あって、迷う所ですが最近の報告ではアルツハイマー病の割合は少なくなっています。10年以上前までは60%以上がアルツハイマー病と言われていましたが、認知症の研究が進むにつれ、その割合は減少しているようです。明確なデータは示しにくいのですが最近の各種の報告を見ておりますと、大体つぎの様なデータ割合になると思います。
アルツハイマー病 45%
脳血管性認知症 25%
混合性認知症 15%
レビー小体型 10%
前頭側頭型認知症 5~10%
( ピック病を含む)


認知症の質問
初めまして。
パソコンで調べ物をしているうちに、先生の「認知症と美しい老後」にたどり着きました。
認知症といえば、アルツハイマー型認知症が有名ですが、先生のブログを拝見させていただくと、認知症を細かく分類されていると思います。実際の現場では、どのような認知症があるのでしょうか。
SK

関連記事

コメント