認知症詩集(47)

如何なる治療法が認知症に有効なのか、生活療法が優先するのか?薬物療法が先行するのか?
実際の所は誰にも未だ分かっていません。認知症専門医の中でも意見は色々に分かれています。
誤診による安易な薬物療法で病状を悪化させてしまうケースも未だ後が絶ちません。
認知症の病型区分さえ満足に出来ていない医者が殆んどですから。
しかし認知症専門医の間では…生活療法を中心に考えて行こうとする学者が増えています。
それでは生活療法だけで治療が可能かと言うと、そんな単純なものでもありません。
こんな例があります。
ある認知症専門医が理想に燃えた専門病院を作りました。薬物療法は殆んど行なわず生活療法中心の徹底的な人道作戦です。
重症のピック病には24時間体制でナースを中心に3人体制で1人の患者さんを見て行きます。つまり1人の患者さんに三交代ですと9人のスタッフが必要となります。ボーナスも換算するとスタッフ1人の給与は最低でも月に30万円以上にはなります。となると、1人の患者さんの治療費にかかる人件費だけで270万円以上になります。
その病院長のお父さまが200億円以上の遺産を残してくれたので、毎年5億円以上の赤字を出しながらも、その病院は未だ存続しています。もちろん室料差額と言う名の自己負担額も月に40万円以上は請求されます。
それを支払う患者家族の方にも大変な負担ですが、病院側の患者さん1人当たりの赤字額は月に100万円以上でしょう。
先にお金の話ばかりをして申し訳ありません。ただ理想的な医療行為には、それ程のお金がかかってしまうと説明したかったのです。認知症専門病院ではありませんが東京には「聖路加病院」という患者さん中心の病院もあります。医療技術もサービス精神も日本の中では最高峰の一つに属します。ただし肺炎などで一カ月間も入院すると100万円近くの自己負担が請求されます。それでも病院は赤字経営が続いていると言われています。「聖路加病院」を愛する多くの資産家の寄付で何とか存続していると聞かされました。
すいません、お金の話ばかりで…
話を最初に戻します。理想に燃える認知症専門病院での生活療法を中心とした治療法の成果はどうであったか?
ここが肝腎の話ですが、それは見事に成功していました。大暴れするピック病の患者さんにも薬を使わず精神的にも驚く程、穏やかになりました。
どうして、そんな事が可能であったのか…それは患者さんに一切のストレスを加えず、もちろん抑制するなんて事は全くありません。患者さんの暴力行為や妄想行為にも全く否定しません。総てを思い通りのままさせます。病院内の器物破損にも何の文句も言わず、にこやかに対応しています。ナースを中心としたスタッフが患者さんから暴力行為を受けるのも日常茶飯事です。ですから、どんな高級な給与を支払ってもナースは次から次へと辞めて行きます。人件費は嵩む一方です。それでも病院長は自分の理想主義を曲げません。
その結果、患者さん方は1~2ヶ月の間にみんなと童謡を歌ったり、脳トレーニングのゲームにも参加したりします。感動すべき成果です。
しかし、ここに大きな問題が出て来ました。数ヶ月間ならともかく、それ以上となると患者家族が月に40万円の自己負担額を支払い続けられなくなって来たのです。当然と言えば当然でしょう。精神的にも見違える程に安定して来たので3ヶ月程で目出度く退院となります。自宅に戻っても1~2ヶ月は安定した状況は維持されます。
しかし自宅や老人ホームでは、今までの病院の様にスタッフが3人も付いて介護などしてくれません。病院ではオムツの使用は全くありませんでした。どんなに尿や便の失禁があっても、ニコニコと世話をしてくれます。それは1人の患者さんに3人ものスタッフが介護をしてくれたから出来た話です。オムツの使用は認知症を悪化させてしまうのです。
しかし自宅や老人ホームでは、そこまで理想的な対応は困難です。当然の如くオムツも使用していました。結局、6ヶ月後には元の荒れた精神状況に戻ってしまいました。何とも哀しい結末です。
皆さんは、この話をどう思われますか?
関連記事

コメント