中沢家の人々(21)

こうして清吉と紀子の交際が始まった。1963年11月初旬のお見合いから毎水曜日に二人のデートは続いた。店の定休日にも料理の研究を重ねていた清吉の生活も随分と変わった。心に生きる張り合いが出て来た。
デートを重ねる中に二人の心はどんどん接近して行く。その年の終わりにはデートの時間も、少しずつ長くなって行った。
年が明ける頃には手を握り合い唇も交わし合う仲にまで交際は発展していた。
清吉が紀子を呼ぶのも「紀子さん」から「紀ちゃん」へと変わった。
1964年3月18日(水曜)、春の訪れを感じさせる陽気な日差しの下で清吉は紀子にプロポーズした。紀子21才の誕生日だ。
「紀ちゃん、俺と一緒になって欲しい」
と言って、ピンクのリボンで飾られた小さな小箱を差し出した。中には1カラットのダイヤが入っていた。紀子は驚いた顔をして、
「今日が私の誕生日だって知っていたの?」
と、聞いて来た。
「うん、箱根のお母さんに聞いたんだ。そして君に今日プロポーズする許しも貰った」
「お母さんにプロポーズする訳じゃあないのに何故そんな許しなんか貰う必要があるの!」
「紀ちゃん、怒っているの?」
「馬鹿ね…怒る訳がないでしょう。嬉しいから少し意地悪を言っただけよ」
「じゃあ俺と一緒になってくれるんだね?」
紀子は黙って清吉の唇に自分の唇を合わせて来た。
「私が他の誰と一緒になるって言うの」
「紀ちゃん、有難う」
そう言うと清吉は紀子を強く抱きしめた。
こうして5月の吉日に二人の結婚式は行われた。
紀子との日々の暮らしは幸福に満ちていた。清吉は益々仕事に励んだ。
水曜日の定休日には二人で映画を見たり、色々な料亭に出掛けては食べ歩きに興じた。そうやって自分達の舌を肥やして行った。紀子の生活レベルは結婚して一気に向上した。
清吉共々、道子には旅館の女中を辞め近くに引っ越して来る様に何度とも無く説得するが、道子は決して応じなかった。
「孫でも産まれれば手伝いに行っても良いよ」
と言うばかりだ。
清吉の父と母に遠慮している事は明らかだった。父親の貞雄は相変わらず自分の気に入った大工仕事にしか手は出さず、仕事は最早趣味の領域になっていた。
それでも「ことぶき」は拡大路線をひたすら進んでおり、紀子が結婚する前後には隣接する土地を購入し、1953年当時貞雄が借地契約した60坪の土地は今や200坪まで拡がり、貞雄が寝食を忘れて造作した総建坪70坪の家屋も160坪にまで拡大していた。それのみか店から10分程離れた場所に建坪100坪の自宅まで作り上げてしまった。それらの建築の多くは貞雄の仕事だった。
富江も清吉も店の増改築には貞雄の顔を立てた。貞雄も、その期待に背かない立派な造作で自分のプライドを妻と息子に誇示した。
次回に続く
関連記事