mikaさんへの回答

68才のA子さんが
12~14年前から認知症状が出現したとの話ですが逆算すると発症年齢は54~56才と考えられます。ご説明の内容からのみ推定しますと問題行動は少なく「物忘れ」が中心の若年性認知症の疑いが濃厚です。このタイプは遺伝的な要因が強く示唆されます。A子さんのご両親が若年性認知症であったかどうかを知る必要があります。さらにA子さんの遺伝子検査を受ける事を、お勧めします。
もし遺伝子検査で陽性に出てしまったら、誠に残念ですが治療法を探し出すのは極めて困難です。それ以外にも甲状腺機能低下症なども考慮に入れなければなりません。こちらですと治療は極めて楽です。先ずはA子さんの認知症状が、どの様な原因によるものか是非専門医にご相談下さい。重ねてのご質問をお待ちしています。


大学時代からの友人A子に12~14年くらい前から認知症の症状が現れました。
その後も旅行に行ったり食事をしたりと友人たちと見守りながらお付き合いしています。
認知症が進行して、一人で出歩けなくなり5年前くらいから、ご主人に待ち合わせの駅まで連れてきてもらいランチが終わったら、またご主人に待ち合わせ駅までお迎えに来てもらう・・・というようなお付き合いを1年に2~3回。
待ち合わせの場所で、彼女に会って名前を呼んで抱き合うとすごくにこにこして嬉しそうに笑います。
その後ご主人とお別れしてランチの場所に行くと、だんだん笑顔が無くなってきます。
いつも友人4~5人と会うので懐かしい大学時代の話題を話が盛り上がりますが、時々声を出して笑いますが、会話はほとんどありません。
こちらの話にうなずくことはあります。
昨日もランチの最中食べ続けて箸が止まらないのです。お皿に食べ物が無くなっても箸でつまもうとします。そのうち時々テーブルをたたいてみたり、
膝をこすったり落ち着き無くなったのでトイレかなと思って、A子に「トイレに行きたい」と聞いたら頷くので連れて行きました。
その後戻ってきてデザートとコーヒーを皆で飲んでいるうちにまた落ち着きがなくなってきました。
こんな時に何にA子の関心を持たせたらいいのでしょうか。こちらの話しかけにはあまり反応せずじっと相手顔を見たりはします。だんだん彼女との付き合い方に困難を感じています。
11時半から午後3時半くらいまで毎回ランチするのですが、笑顔が少なくなって無表情が多くなってきています。ご主人に早く会いたいのだろうな~と・・・帰り待ち合わせの場所に連れて行ってご主人の顔を見つけると思いっきりの笑顔で手を差し出していきます。
現在68歳のA子。これからますます進行していくのでしょうが、今後どんなふうに彼女に接したらいいのか毎回悩んでいます。
認知症に詳しい方も身近にいないのでアドバイスをいただければすごく助かりますし嬉しいのです。
ぜひよろしくお願いいたします。

関連記事