中沢家の人々(50)

「村田道子さんの病状はやや安定して来ています。脳動脈瘤の手術が可能かどうか、脳外科と麻酔科でミーティングしているのですが、最終的にはご家族の意志を聞いてから結論を出そうと私たち医師が、相談していた所です。そこで、ご意志を確認したいのですが!」
何か医師サイドの一方的な話に聞こえ、紀子は釈然としないまま毅然と尋ねた。
「意志を確認すると仰られても、私たち素人では答え様がないと思うのですが?…もっと具体的に手術すれば助かるのか、それとも危険を承知で敢えて手術をするのか?…そこの所をはっきりして頂けなければ、何をどう答えて良いのか分かりませんでしょう!」
医師は素直に応じた。
「ごもっともなお話です。先程まで麻酔科のドクターとかなり激しく遣り合っていたものですから、その勢いで失礼な発言になってしまった事はお詫びいたします。簡単にお話しますと、麻酔科の医師は手術に反対しています。麻酔科のサポートがなければ手術の実施は困難ですから、時には手術を巡って激しい口論になってしまうのです。私たち脳外科は3割の可能性があれば常日頃から手術に持って行きたいと思っています。しかし村田道子さんの場合、麻酔科医は1~2割の可能性しかないと主張するのです。では手術しなければどうなるかと言えば、そのまま植物人間になってしまう危険性が大きいのです。最悪の場合は、このまま死ぬまで目を覚ます事なく人工呼吸器を付けた状態が続くのです」
「そんな!…」と、
紀子は思わず悲鳴を上げそうになった。
「ですから私たち脳外科は一か八かの勝負に出るか思い悩んでいる所です。となると、ご家族の決断を仰ぐしかない訳です。麻酔科だけではなく脳外科としても極めて難しい手術である事は充分に覚悟しております」
紀子は青ざめた顔で
「一晩だけ考える時間はありますか?…こんな究極の選択を今すぐに返事をしろと言われても頭の中が混乱するばかりです」
「もっともな、お話です。しかし手術にはタイミングと云うものもありますから、誠に申し訳ないのですが明日のこの時間までには結論を是非とも出して頂きたいのですが…」
と、医師は折り畳みかけるように言った。
「分かりました、明日までには必ずご返事を申し上げます」
と、紀子は力なく答えた。
母の命の 選択を自分が決めなければならないとは、これ程の重荷が何処にあるだろうか?
午後6時に仲道と共に富士屋ホテルに戻る。紀子の頭の中では医師の話が堂々巡りしていた。
「手術すべきか、植物人間への道を選ぶべきか!…あのプライドの高い母が植物人間への道を選ぶとはとても思えない。
でも手術に失敗すれば母とは永遠の別れとなる。そうなれば私が耐えられない。例え植物人間になったとしても母がそこに居ると云うだけで私の心のバランスは違ってくる。母がこの世に存在しなくなるなんて事実には耐えられそうにもない。」
次回に続く
関連記事

コメント