中沢家の人々(52)

仲道は素直に頷いた。
「仲道さん、今の私は天涯孤独の一人の寂しい女になりかかっているのよ。社長なんて言葉は、こんな心境では嫌なの。ただの紀子でいたいの」
「そう仰られても使用人の私が、社長を呼び捨てには出来ませんでしょう」
普段は殆んど飲酒をしない紀子だったが、今晩は飲みたかった。飲んで何もかも忘れたかった。会社の事も清吉の事も、さらに死の床に伏しっている母、道子の事さえも忘れたかった。
「仲道さん、お願いだからお銚子をもう一本だけ注文して下さらない!」
「もう一本ですか?…この辺でお止めになったら」
と言いかけたが、仲道はさらに2合のお銚子1本を注文した。
こんな日は下手な止めだてをするよりは、紀子の胸に鬱積している複雑な思いを酒によって少しでも吐き出させやるのが、一つの慰めかもしれないと考えたのである。そして意識的に社長と言う呼称は避けた。今度は仲道の方から話を元に戻した。
「ところで、お母様の手術の件は明日どの様にご返事をするつもりですか?…すいません、話を蒸し返して」
「そうよね、その問題は避けて通れないはね!…仲道さんだったら、どう決断する?」
「先ほども申し上げました様に基本的にはお母様のご意志を充分に考慮して、ご決断なさるのが賢明かと思います。ですがお気持ちが未だ揺れ動いていらっしゃるのでしょうから…単純に結論を出せないので苦しんでいらっしゃると思うのです」
「その通りよ、仲道さん。ともかく心が寂しくてどうにもならないの…」と、
言うや否や紀子は自分の肘掛け座卓を移動させて仲道の隣に擦り寄って来た。個室席なので人目を気にする必要はなかった。
しかし仲道の心は穏やかではない。それでも、しばらくは紀子の好きな様にさせておいた。すると紀子は仲道の手を握りながら、
「私の事をどう思っていの…」と、しなだれかかって来た。仕方なく仲道は、
「尊敬しております」
とだけ答えた。
「そんな言い方は嫌い!…紀子が好きだとか、そう言う意味の話をしているんだから…もう、
分かっている癖に…」と、
言いながら仲道の膝の上に座って来た。さらに紀子は仲道の唇を求めて来た。仲道は心の動揺を押し隠しながら、そっと紀子の唇を避けた。そして紀子を抱き上げる様にして自分の膝から下ろし、彼女の前で土下座をした。紀子は間の悪い状態で仲道の不思議な行動を見ていた。
「社長、これ以上はどうかお許し下さい。仲道はただのつまらない男です。社長の女性としての魅力の前で自分が抑制できなくなります。しかし私は使用人の身です。副社長と云う役職こそ頂いておりますが使用人である事に変わりはありません。その使用人である副社長と本来のオーナーである社長との間で男女の一線を越えたら、一体どうなりますか?…」
次回に続く
関連記事

コメント