中沢家の人々(95)

清吉が飛び出した後は平静を装って、里美は翔太を寝かしつけた。そして夜10時過ぎ「葵」のママの所に電話をかける。
「すいません、お忙しい時間帯に電話などをして」
「あらどうしたの、里美ちゃん。何か急用な事!」
「別に急用って事もないですが、少しママに相談したい事があって…今お時間は大丈夫ですか?」
「えゝ今日は暇を持て余していた所なので丁度良かったわ。里美ちゃんも知っている通り、月曜って大体が暇なのよ。それで相談って何かしら?」
「はい、先日も少しお話しをしたと思うのですが『葵』でもう一度仕事をさせて欲しいのです」
「まあ、それって本当の事なの!…冗談かと思っていたわ」
「いえね、この間もお話しをしたと思うのですが、あの人は4年程前に社長の座を追われてしまったのですよ。それ以後の生活はただ預金通帳のお金だけで毎日を過ごしていたんですけど、そのお金も底を尽き始めているのに、あの人は全然働こうとはしないんです。そんな訳で、今少し前も大喧嘩になって、あの人は家から飛び出してしまったんです」
「まあ中沢さんて、そんな人だったの。とても信じられないわ!」
「そうなんですよ、社長の座にいた時こそお金の羽振りも良かったですけど…」
「それで中沢さんは何か仕事はなさならいの?」
「まあ一様は板前をやるとか、小料理屋をやるから私にも手伝えとかは言うんですけど、私は未だ正式にあの人の籍に入っている訳ではないし、そこまで一緒に苦労する義理もないでしょう!」
「それも、そうね。そう云う事だったら、葵で働いてもらうのが一番良いかもね。で、里美さんは何時からなら働けるの?」
「何時からでも大丈夫です」
「明日からでも?」
「はい、大丈夫です。ただ以前の様にマンションを貸して頂く事は可能ですか?」
「もちろんよ、里美さんが来てくれるならお安い事だわ」
「有難うございます。それなら、一週間以内に行きます。後は我が儘を言って申し訳ないんですが、あの人には内緒にして欲しいんです。ですから銀座では無く、ママが言っていました様に六本木のお店で働かせて頂きたいのです」
「もちろんよ、私としても里美さんに六本木で働いてもらえるなら大助かりだわ。予定が決まったら教えてちょうだい。直ぐにでも迎えに行くから…マンションの方も数日以内には入居出来る様にしておきますね!」
「色々と有難うございます。私の勝手な我が儘を聞いて頂いて、やっぱりママだけが頼りだわ!」
「お礼を言いたいのは私の方よ。少し落ち着いたら、六本木のお店は里美さんに任せても良いと今から心待ちしていたもんだから…」
「そんな!私なんかに務まるかしら、自信ないわ…」
そう言いつつも里美の心は、弾んでいた。
次回に続く
関連記事

コメント