中沢家の人々(110)

こうして清吉は面目を一新して、社長業に専念していった。
「ことぶき」での彼の指導力も日々増し職員の信頼度も高まるばかりであった。そんな日々の中で、紀子は益々清吉を会社の前面に押し出す様にしていた。新大久保での親子3人の生活もすっかり馴染んで、翔太の幼稚園も変わり仲良しの友達も幾人かは出来た。
幼稚園の夏休みは、親子3人でハワイに出かける。清吉はゴルフでハワイに来た事はあったが、翔太はもちろん紀子も海外旅行は初めてである。
7月下旬の成田空港は人混みで溢れていた。成田空港は開港6年目を迎え、年間の海外旅行客数も10年前の200万人台から400万人台と倍増していた。
海外旅行は一部の人達の遊興から一般庶民にと少しずつ拡がりをみせていた。
清吉44、紀子40、翔太4才での海外旅行である。夫婦共に意識は高揚していた。4才の翔太には箱根であれハワイであれ大差はないかもしれないが、両親の興奮が伝わって来るのか、子供なりに新たな冒険に挑む様な思いを抱いていたかもしれない。ホノルルの空は青空が広がっていた。空気の匂いまでが違っていた。妙に心を弾ませる。
旅行の本質は何処に行くかではなく、どの様な精神状況で誰と一緒に行くかで決まる。人間とは所詮、感情の動物である。旅先での風景よりは、心の情景で旅行の気分は左右されてしまう事が多い。
その意味では清吉の心は爽やかだった。こんなにも楽しい気分で旅の空に出向くなんて事は何年も味わった経験がない。昨年の夏休み、里美と伊豆に出かけた時とは雲泥の差である。あの時の刺々しい気分は、思い出すだけで気が滅入りそうだ。
今は「ことぶき」の社長に復帰し、仕事にも限りない充実感を抱いている。紀子との関係も極めて良好である。翔太は実の母親以上に紀子に馴染んでいる。
ホテルはワイキキビーチに隣接する高層ビルである。ビーチの近くは割と押し寄せる波が高い事もあって、翔太はホテルのプールで遊ばせる事が多かった。小さなビニールボートに乗って彼はご機嫌だったが、怖くて未だ目が離せない。紀子は日焼けを嫌ってビーチパラソルの下にいてカメラ撮影に熱中していた。なんとも言えない幸福な時間の流れである。
さて、ここで話を少し里美の事に戻してみたいと思う。昨年の秋に品川のマンションから疾走した里美はどうしているのであろうか?
先ずは預金残高の2千万円を引き出し、清吉名義から新しく自分名義の通帳にお金を移動させ、「葵」のママが用意してくれた六本木近くのマンションに入居した。数日間は転居後の雑用に追われ忙しく立ち働いていた。時には翔太の事が思い浮かんだりもしたが、清吉への嫌悪感からその様な母性は泡のごとく消え去った。引越し後2日たってから「葵」のママが訪ねて来た。
「まあ、里美ちゃん本当に来てくれたのね。とても助かるわ、それにしても全く変わらない…22~3才ぐらいにしか見えないじゃない!」
次回に続く
関連記事

コメント