中沢家の人々(118)

沼沢はやゝ勝ち誇ったかの様に、
「大丈夫、俺の話す秘密に里美は絶対に興味を持つ」
と、断言した。
「先ず、この店で一番お金を落とす人に誰だい?」
「それは、沼ちゃんに決まっているわ」
「それでは次の質問に移るとね、そんなお金が一体何処から出て来ると思っている…と言う事になるのなか?あるいは何か悪い事をして儲けたお金なのかな!」
「うん、そうは思わないけど…沼ちゃんは領収書も要求しないし、何か謎の部分が多いわね」
と、里美は率直に答えた。
沼沢はいささか得意げに、
「正しく、その謎の部分が今回の秘密に繋がっているんだよ」
「ふ~ん、そう言う事なのね。かなり難しそうだわ。ちょっと待って、もしかしたら何か特別なお金儲けの仕方を思いついたとか?」
沼沢はやゝ驚いた顔をして、
「うん、かなり近い線だな…」
と、少し予防線を張り出した。
「やっぱり分からない、何かヒントをくれない!」
里美は沼沢の指に自分の指を絡ませながら色気で押し迫って来た。女の柔らかな指の感触は、それ自体が十分に誘惑的ではある。しかし、彼はその誘惑に押し切られなかった。
「ヒントは上げられないが、まあこれを言うとヒントになってしまう恐れもあるけど!…ともかく俺自身の経済活動が旺盛になって来たのは事実だ」
「そりゃ沼ちゃんのお金の使い方を見てれば分かるわよ。でも、それがどんな秘密に繋がっているのかしら。ちっともヒントになっていないじゃあないの」
「俺の仕事の事を知っているのかい?」
「えゝ、池袋で遊戯関係のお仕事をなさっていると以前にお聞きしましが、そのお仕事が大当たりしたんですか?」
「それぐらいの仕事じゃあ、今みたいに派手な遊びは出来る訳がないだろう…」
里美は少し溜め息まじりに、
「そうね、まともな仕事じゃあ『葵』みたいなお店で毎週の様に豪遊は出来ないわね、それは確かだわ…」
沼沢はニャっと笑って、
「その通りだ、月に一回ぐらいならともかく週に一回以上と云うのは普通の客では財布の中身が持たないだろう」
「じゃあ沼ちゃんは何故そんなに豪遊が出来るの?」
「それが問題のポイントだろうが…!」
「うん、分からないわね。宝くじが当たったとか?…そんな話ではないんでしょうね、きっと。やっぱり分からないわ…
お願い、意地悪しないで教えて」
里美は沼沢に両手を合わせ拝む様に頼み込んだ。彼は得意げに里美に確認をした。
「つまり降参したと云う事だね、だったらキスをしてもらおうかな。それだったら教えても構わないけど、どうする!」
里美は、いささか困り果てた顔をして、
「うん、参りましたね。でも私が納得する様な何かワクワクする様な秘密の話じゃあなければ嫌よ!」
「そりゃ、そうだろ。
でも当然、里美がワクワクする様な話だと思うがね…」
「分かったわ、それならキスしても良いわ!」
「これで里美に一歩近づいた感じだな?
ずいぶんと長い道のりだったがな…」
「まあ、大げさな言い方です事!
それよりは早く、その秘密を教えて」
次回に続く
関連記事

コメント