中沢家の人々(122)

沼沢は迷いつつ言葉を選びながら話を続けた。
「問題は里美にしっかりと儲けさせながら株取引の理論をどう教えこむかだ…」
「そんな美味しい方法なんてあるの?」
「まあ、それには当座の資金として100万円は必要になるだろう」
「でも、そんな100万円なんてお金はどうするの?…私には出せないわよ」
「そんな事は分かっている。その始めの資金は俺が出す。俺が出した100万円のお金で里美名義の株を買う。その100万円が200万円になったら、始めの100万円は俺に返し、利食いした100万円は里美のお金とする。もし万が一に始めの100万円の投資資金が無くなったら、それは俺の腹が痛むだけだ。里美には何の損害もかけない。どうだ、俺のこの考えは?」
里美はやゝ興奮気味に
「本当に、そこまでして貰って良いのかしら?」
と尋ねた。沼沢は、これなら文句はあるまいと云った顔つきで、
「里美が株取引の面白さを知って貰う為の教育資金だと思っているのよ」
里美は少し驚いた様子で、
「へぇ~教育資金なんだ、それって親が子供を学習塾に通わせる月謝みたいなものなのかしら!」
「そう考えた方が分かりやすいだろうね…」
「すると、沼ちゃんは私の保護者になるって訳?」
「株取引に関しては、確かに保護者の気持ちでいるかもしれない」
「沼ちゃんて、面白い事を考えるのね。それが本当なら私も沼ちゃんに保護されても良いかなって気分になるわ」
「それじゃあ、実際に何処かの証券会社に里美名義の口座を作るか」
二人の話は何となく纏まり、数日後には沼沢の付き添いの元に里美は彼女名義の口座を開設した。そして約束通りに沼沢は自分の手元から100万円を里美名義の口座に入金した。そして早速に株取引の仕方をあれこれ伝授し、日経新聞も購読させ、経済欄はどの様に読み解くかと手に取る様に指導をした。
そして口座開設後5日目には早くも、実際に株の買い付けを里美にさせた。
沼沢が里美に買わせた銘柄は、仕手グループから手に入れた裏情報からのものであった。その情報を得て1株250円であった銘柄を3千株買わせたのである。沼沢自身は同じ銘柄の株を5万株仕込んだ。もちろん里美には黙っていた。
二人が同時に買い込んだ銘柄は一週間ぐらいは何の動きもなく株価は250~280円ぐらいで推移していた。里美は毎日の様に日経新聞で自分が買い求めた銘柄の株価を見ていた。「葵」の店にやって来た沼沢に、里美は愚痴る様に
「全然、値段が上がって来ないわね?」
と問いかけた。沼沢はにゃっと笑って、
「まあ、一ヶ月は待ってみなよ。あと10日もしない内に500円は付けるから」と、
彼は自信ありげに答えた。里美は少し疑わしげに、
「本当に、そんな早く500円になるかしら」と、
首を傾げた。沼沢は以前の約束を確認するかの様に、
「500円を超えたら、どうする。約束通りキスはしてくれんだろうな?」
と逆に里美を問い詰めた。
「うん、その時は沼ちゃんの言う通りにする」
そう言って彼女は素直に頷いた。
そんな二人の会話がなされた3日目頃から、殆んど動きを止めていた株価は300円を超え、その2日後には400円を4日後には500円を付けた。沼沢が広言した10日目には600円になっていた。
次回に続く
関連記事

コメント