中沢家の人々(126)

「里美は幾らで買ったんだっけ?」
「沼ちゃんと同じ420円だったでしょう」と、少し沼沢を責める様な言い方をした。自分が大損をしているので先生などとは言わずに、慣れ親しんだ「沼ちゃん」と云う言い方に戻っていた。
「そうか、420円だったか、俺は3600円で売り逃げたので大儲けをしたが、里美はタイミングを逃してしまったな…」
「そうなのよ、まさか特許出願のデータが偽造だなんて考えもしないでしょう?」
「そりゃ、そうだな。まあ俺は運がよかったんだ。それで里美はそのバイオの株は未だ持っているのか?」
「だって仕方がないじゃない、連日のストップ安では全く売れないわよ、一体どうしたら良いのかしら!」
「まあ、そうだろうな。分かった、俺にも責任の一端はあるからな一株500円で引き取ってやろうか?」
と、沼沢は申し出た。里美は驚いて、
「本当に!…今は50円でも売れないわよ、それでも良いの?」
「まあ、教え子の不始末は教師の責任でもあるしな」
と、沼沢は大様に構えた。里美は沼沢の近くに擦り寄り、
「沼ちゃん、大好き!」
と、熱いキスをして来た。
その5日後に沼沢は里美の許に現金で500万円を届けた。里美は感激して、
「沼ちゃん先生、今夜の飲み代は私に払わせて。そのぐらいの事をしないと私の気がすまないわ」
と、甘い声で囁いた。沼沢への呼び方も統一が取れず、それ自体が里美の心の乱れを露わしていた。里美が自分だけで買った電気株は何とか500円で売却した。1600円で2千株の買いだったので220万円の損を出してしまった。初勝利の800万円のお金は650万円ぐらいにまで落ち込んでしまった。それさえも沼沢からの500万円の援助があっての上である。改めて里美は売買タイミングの難しさと、腹八分の教訓を身にしみて感じた。
こうして二人の株取引の実戦と演習が2年程続き、里美も彼女なりの相場感覚を身に付けて来た。この2年間で里美は5千万円程の資金を手にした。この中の4千万円は沼沢のアドバイスによるものであった。株取引で確実な利益を上げている内に「葵」での仕事に身が入らなくなって来た。不特定多数の中年男性に愛想を振りまき続ける事に少しばかり疲労を覚え出していた。その分だけ沼沢との関係は深まるばかりだった。もちろん男女の一線は一年以上前に早や越えていた。
一泊や二泊ぐらいの旅行は頻回になって来た。そんな旅行もあったりして「葵」での欠勤が増えて行くばかりだ。そして沼沢の「葵」への通いも減る一方であった。里美が「葵」でもらう給料は株取引で稼ぐ月間利益の1/5以下となっていた。この一年間の平均だけを見るならばであるが…
それやこれやで沼沢と里美は「葵」とは徐々に遠ざかり、二人は何時しか同棲に近い生活へと入り込んだ。里美が自分名義で買い求めた3LDKのマンションに沼沢が週に一二度の割合で泊まり出していた。この7千万円のマンションを買うに当たっては、沼沢が5千万円を預金担保にして、里美自身のお金から2千万円を頭金として出させ後は彼女自身にローンを組ませた。沼沢が考え抜いた税務対策である。沼沢には女房子供もいたが、彼と里美はただの愛人関係ではなく、株取引を通した或る意味での師弟関係とも言えた。里美も30才となってからは、現実の経済活動にのみ深い関心を抱き、沼沢以外の人間関係には大して重きを払わなかった。
次回に続く
関連記事

コメント