中沢家の人々(130)

しかし不景気の波は徐々に速度を上げ、銀座の灯りも少しづつ影が薄く見え出して来た。都内の一流料亭も値段を下げ集客に努め出した。デパートの売り上げは軒並みに数字を落としていた。不動産業は壊滅状態に追い込まれていた。サラリーマンの給与は凍結状態になっていたが、物価水準が下落を続けているので生活そのものに大きな痛手を負う事はなかった。
1994年4月、翔太は高校へと進学した。部活も勉学も励み、剣道は初段になっていた。清吉55才、紀子51才となっていたが仲道は76才で、本人は盛んに退職を願っていたが清吉と紀子の二人は決して許さなかった。もちろん以前の様に厨房に入って料理の腕を振るうと云う訳には行かなかったが、背筋は一本通っており眼光にも衰えは全く見られなかった。仲道がそこにいるだけで周囲の空気が締まって来る。板前ではなく、副社長としてこそ彼の存在意義は大きかった。
清吉と紀子の二人にして見れば、仲道はただの使用人ではなく、人生の師であり心の支えであった。自分達の親以上の存在であったから、例え彼の足腰が立たなくなったとしても死ぬまで面倒を見させてもらうつもりでいた。
それから3年、1997年3月に翔太は東京大学の文化 I 類に現役で合格を果たした。高校2年の夏までは部活にも精を出し、剣道は2段になっていた。彼等夫婦にとっては正に自慢の息子であった。
一方、「ことぶき」グループは縮小を余儀なくされ店舗数は12店舗から3店舗へと大幅に後退して行った。付け焼き刃的に「ファミレス」も3つぐらい手がけてみたが、その原価主義と素材の価格抑制には長年「ことぶき」グループで馴れ親しんだ料理人の発想では経営思想が違い過ぎて、彼等夫婦には「ファミレス」の運営は困難を極め全てが失敗に終わってしまった。
仲道は78才で帰らぬ人となってしまった。病名は急性心筋梗塞である。病院に担ぎ込まれてから、わずか3日間の命でしかなかった。彼らしい死に際の見事さであったとも言えるだろう。翔太が高校2年の冬であった。寒波の強い2月初旬にトイレで倒れたのだが、早朝の事なので発見が少し遅れたのかもしれない。
2001年4月、翔太は大学を卒業して外務省に入り、高級官僚への道を歩み出した。清吉は62才、紀子は58才になっていた。「ことぶき」グループの店は全てが閉じられ、彼等夫婦は店の跡地にテナントビルを建て賃貸収入で悠々自適の生活を始めていた。
➖ 完 ➖
長い間のご愛読に厚く御礼を申し上げます。次回からの作品は「霜月の夕暮れ」をお送りいたします。作品内容は認知症患者を抱えた家族の多数の悩みが中心の物語です。
関連記事

コメント