ふみえさんへの回答

ふみえさんへの回答
先ずはグラマリール25mgの作用時間は約3~4時間、コントミン(ウィンタミン)1錠(12.5mg)の作用時間は20~30時間と大きな違いがあります。さらにウィンタミン細粒ですと6~10mgと量調節が簡単です。認知症専門医ですと1日にウィンタミン細粒10mg(朝5mg、夕5mg)からスタートして患者さんの様子をみながら20~25mgまで増量して行きますので、この手順を正しく踏んで行けば呼吸抑制など起こす危険性は極めて低いと考えられます。私はこれまで慢性呼吸不全のピック患者100名以上にウィンタミンを使用していますが、一度も呼吸抑制をきたした事はありません。アルツハイマー型認知症の陽性症状(幻覚、妄想など)にはグラマリール、ピック病にはウィンタミン、レビー小体型認知症には抑肝散が第一選択薬と言われています。以上の理由から専門医によるウィンタミン使用は、それ程に心配する必要がありません。それ以外にもグラマリールとウィンタミンの使用方法は多彩なのですが、今回は要点だけを説明しました。他に何かご質問がありましたら、何時でもどうぞ。



はじめまして。今年の1月に母76歳の認知症状が見つかり、介護認定要介護1を受けました。私は千葉県に住み、母は父84歳と広島で住み、私は同居しておりません。兄弟もいませんので、毎月広島まで通っています。

買い物や入浴、掃除、炊事、洗濯、、は買い物過剰がありつつも、ほぼ自立。父は視覚障害1級で要支援2です。母が生活の一部を支えています。

3月にかかりつけ内科医の紹介で心療内科に受診しましたが、検査や医師の対応に母が激怒してしまい、以後、母は自覚はあるものの、忘れることを人に言われると激しく怒るので認知症の治療ができていません。

酷くなった記憶障害、お金や鍵への執着、頻繁な財布の移動、忘れ、探すことへのイライラ、一日中テンションが高めで何度も同じ話をする、毎日ではありませんが父との会話などで怒り出し、数十分から数時間怒ることが度々、、、、などの症状から、私も父も疲弊しています。

11月に私だけで専門医に相談したところ、母はアルツハイマーからピックへ移行しているのでは?ということで、鎮静剤を服用してまず興奮を抑えた方がいいとのことで広島の母のかかりつけ医になんとか出してもらうことにしました。

ウィンタミンまたはコントミン、あるいはグラマリールの選択の中で、医師にはコントミンを勧められました。母には肺気腫があり、お薬のことを調べましたら肺気腫にはウィンタミンもコントミンも慎重に使用しないと呼吸抑制が起きることがある、、、とありました。どの鎮静剤もリスクはあるとのことでしたが、肺気腫の悪化を心配し、迷っています。

ピックにはグラマリールは効かないでしょうか。肺気腫へのリスクがあってもコントミンを服用した方がいいでしょうか。

よろしくお願いします。

関連記事

コメント

成川先生、お忙しい中お返事くださり、ありがとうございます。
先生が多くのピック患者を診てこられてウィンタミンを処方され呼吸抑制が起きていないことを知り、やっと治療へ前進できそうです。
一日10mgからスタートしようと思います。
ありがとうございました。