ウィッシュさんへの回答

88才のお父さまが数日前から急に言動がおかしくなったとの、お話しですがどの様におかしくなって来たのでしょうか?…舌がもつれる様な言語機能が落ちて来たのか、暴言妄想の様なものが出て来たのか…具体的なご説明がないので回答に困ります。
舌がもつれる様な言語機能の低下ですと微小血管(脳)の障害が考えられますし、暴言妄想が出て来たのならアリセプトの副作用かピック現象なども考慮しなければならないでしょう。一口に認知症と言ってもピック病もあれば、アルツハイマー型認知症もあるし、レビー小体型認知症もありますし、それ以外の混合型もあったりして、その診断もかなり難しいのです。その病型によって治療法にも違いが出て来ます。ただ一言申し上げれば従来から言われていた様にアルツハイマー型認知症は以外にも少ないのです。
ウィッシュさんにお願いしたい事は、
ご質問の内容にもう少し具体性が欲しいのです。どの様な認知症の診断なのか、どんなお薬を飲んでいるのか等です。
早速質問させて頂きます。88歳の父ですが、母が他界してから3年以上一人暮らしで無事過ごしていました。それが数日前から急に言動がおかしくなり、習慣になっていた服薬さえ理解出来ない様子です。一ヶ月に3度ほどのペースで父の元に通っていましたが、今まで兆候らしきものを感じた事がありませんでした。これほど急に認知症に移行するものなのでしょうか?急過ぎる変化と出る症状の重さに戸惑っています。よろしくお願いします。
関連記事

コメント