霜月の夕暮れ(26)

吉子の心のバランスをここまで乱しているのは、何が原因なのだろうか?
どう考えても、あの小さな一粒の錠剤アリセプトにあるとしか思えない。あの都立病院の医師には、何か信頼が置けそうにない。まるで患者さんの顔を見ようとせず、コンピュータの画面ばかりを見ている。アリセプトも勝手に3mgから5mgに変更してしまった。何を診てあの医師は診断をしているだろうか。
もしかすると、ただコンピュータの指示に従って処方箋を出しているのではないだろうか?…どうにもならない疑問に突き当たる。
やはり別の専門医に診てもらう事にしよう。ネットで色々と認知症専門医のいる病院を探してみる。ネットで調べるだけだから実際は行ってみなければ分からないだろうが…医者も当たり外れがあるのかなぁと思ってみたりもした。田端に近いところでは大塚駅そばに一つ見つけた。都立病院に比べると半分以下の規模みたいだが大病院だけが安心だと思うのは一つの神話ではないか、そんな気がしてならない。要は個人としての良医との巡り会いである。しかし、これが思った以上に難しい。医療に関しては徹底な統制経済が敷かれ医師の自由裁量権が相当に制限されている。薬の使用量から服用日数まで規制が加わっているのだ。もちろん検査に関しても制限はある。
そんな中でも良心的な医師は多数存在する。どんなに厳しい規制があっても、患者本位の医療行為と云うものは必ず存在するのだ。しかし悲しい事に医療保険での効率的な収益性を限りなく追求するのは、どうしても大病院の方が多くなる。
小規模の医療機関に比べれば、設備投資も莫大だし、人件費も突出している。その中での逃げ道が室料差額である。大病院の特室だと1日に3万から20万円と一般庶民感覚では理解出来ない様な金額を設定している所も稀ではない。それで、どうにか病院経営が成り立たっているのだ。それでも医師個人の資質で良心的な医療を心がけている人たちも決して少なくはない。
伸枝が次に訪れた大塚駅そばの医師は、そんな一人だった。パソコン画面よりは正面から伸枝と吉子の話を聞いてくれた。アリセプトに関する伸枝の疑問にも丁寧に答えてくれた。
「アリセプトには厚労省の増量規制と云うルールがあるのです。先ずは2週間3mgそして5mgに増やすと云うルールなのです。前の都立病院の医師は、そのルールに従っただけです」
「そんな!…患者さんの個人的な病状は考慮されないのですか?」
医師も苦笑しながら、
「その通りです、私も変なルールだと思いますよ」
と、答えた。
「誰が、そんな患者無視のルールを作り出したのですか?」
「それは、この薬を作り厚労省に許可申請を受けたメーカーが考案した服用指示書によるものです。アルツハイマー型認知症であれば、この服用指示通りで良かったと思うのですが、レビー小体型認知症ですと、この増量規制が逆に悪い結果を及ぼしてしまうのです」
「えっ、じゃあ母はアルツハイマー型認知症ではないのですか?」
伸枝は驚いて聞き返した。
「都立病院の医師はアルツハイマー型認知症との診断をなさったのですか?」
逆に医師の方から尋ねた。
「いいえ、その様な診断ではなかったと思います。確かMCI(軽度認知障害)とか、長谷川スケールも23点だったとか記憶しています。何でも20点未満だと認知症と診断されてしまうとも聞きました。それでも私の方から近頃、認知症状が強く出て来たから何かお薬をもらえないかとお願いしたのです」
次回に続く
関連記事

コメント